1級ワイナリーに引けを取らない、Château Palmer

マルゴー

1855年、メドック格付け3級に選ばれているワイナリー、シャトー・パルメをご紹介します。

ビオディナミ栽培をしているワイナリーとしても有名ですよね。

 

 

歴史

1720年~1740年まで、Château de Gascq(シャトー・ド・ガスク)をボルドー人のGascq(ガスク)家が所有していました。

未亡人となったガスク夫人(Marie Brunet de Ferrière/マリー・ブルネ・ド・フェリエール)をCharles Palmer(シャール・パルメ)大佐に売却します。

1814年、大佐が自らの名前を付けてChâteau Palmer(シャトー・パルメ)が生まれました。

パルメ大佐は自らワイナリーを訪問することなく、ワイナリーの所有者になりましたが、18世紀初頭からワインの品質もあり、シャトー・パルメは名声を得ます。

大佐は、30年程ワイナリーのオーナーでありつづけ、その間に畑の拡大、永遠不変のスタイルを構築、さらにモダン化を推し進めます。

1853年Émile Pereire(エミリー・ペレール)とIsaac Pereire(イザック・ペレール)兄弟が買収します。

彼らは、パリで鉄道や不動産、銀行などの仕事をする一族です。

この兄弟はボルドーで大きくなり、グラン・クリュのワイナリーを持つという夢がありました。

その夢もあってか、お互いにシャトー・パルメの所有者に。

ネオ・ルネッサンス様式のお城が建てられたのも、この兄弟によってです。

(余談ですが、シャトー・ピション・バロンのお城と同じ建築家の作品です。

シャトー・ピション・バロンについてはポイヤックの2級シャトー、シャトー・ピション・バロンをご覧ください。)

彼らはたった1年でお城を立てました。(1854年完成)

19世紀のうどん粉病、フィロキセラ、ベト病、さらに第一次世界大戦などを経てもPereire(ペレール)家がワイナリーを所有し続けます。

1938年、4つの家系がワイナリーの所有者となります。

繊維商、ワインのネゴシアンでもあるオランダ/フランスのMähler-Besse(メラル・ベス)家

イギリス、ドイツ、フランスにグランクリュのワインを販売するイギリスのSichel(シッシェル)家が主にワイナリーの経営を行います。

(また余談。学生時代Sichel氏が卒論の審査員でした。めっちゃ緊張した…)

オーナーが、フランス、イギリス、オランダの方なので、今現在もお城には3つの旗が掲げてあります。

現在はThomas Duroux(トーマ・ドゥルー)がシャトー・パルメの指揮を執り、素晴らしいワインを生産し続けています。

ブドウ畑

ジロンド川から900メートルのところに66ヘクタール畑を持ちます。

メドックでは、畑から水(川や海)が見えるところはいいワインができると言われています。

パルメはかなり近い!

川から近いことによるメリットはメドック地方の土地柄を詳しく!をご覧ください。

土壌

グラーヴと呼ばれるがたくさんあります。

さらに砂や粘土を多く含みます。

ブドウ品種

3品種を植えています。

  • 47%メルロ
  • 47%カベルネ・ソーヴィニョン
  • 6%プティ・ヴェルド

メドックにしては、メルロの割合が高いワイナリーです。

それによって、パルメらしい繊細で、フルーティなワインを生産しています。

栽培方法

現在はビオディナミックで栽培しています。

2004年から化学肥料を大幅に減らし、2008年からビオディナミとしての栽培を始めました。

そして2014年から100%ビオディナミとして栽培し、2018年に認定を得ます。

収穫から醸造まで

収穫されたブドウは、2度選果を行います。

その後除梗をし、さらに光学選果機で選果を行います。

この時に密度や色、大きさなどで必要のないブドウが除かれます。

選ばれたブドウは、Cuvon(キュボン)と呼ばれる大きなじょうごみたいなもので2階に運ばれ、タンクの中に入れられます。

醸造施設

醸造はステンレスタンクで。

タンクは80~180ヘクトリットルのものを所有しています。

一番大きい180ヘクトリットルのものは、ブレンドする際に使用するものです。

比較的大きいものは1995年に、小さいものは2012年に導入しました。

発酵

アルコール発酵中はルモンタージュを1日に2~3回行います。

そして、必要であればデレスタージュを。

(参考;ワイン醸造:アルコール発酵について。

熟成施設

ボルドーの多くのワイナリーは1年目の熟成室と2年目の熟成室を持ちますが、ここは奇数年の熟成室と偶数年の熟成室を持ちます。

つまり、一度熟成が始まったら熟成室を変えることなく熟成を終えます。

樽について

7社の樽を利用しています。

6社フランス、1社オーストリアののものです。

熟成期間

シャトー・パルメは22~22か月熟成、60~70%新樽使用です。

アルテ・エゴは16~18か月熟成、15~35%新樽使用です。

 

セカンドワイン

前にリスト化した時に書きましたが、シャトー・パルメではセカンドワインとは言っていません。

(参考;メドック格付けワイナリー、セカンドワインリスト

セカンドワインといよりは、シャトー・パルメの造るもう一つのワインを製造しています。

参考記事

1855年メドック格付けまとめ

ワイナリーSNSまとめ、メドック編

メドック格付けワイナリー、セカンドワインリスト

2018年野田祥子的メドック格付け

メドック地方の土地柄を詳しく!

ポイヤックの2級シャトー、シャトー・ピション・バロン

ワイン醸造:アルコール発酵について。

 


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

  1. […] Château Palmer […]

タイトルとURLをコピーしました