コニャック

【ニュース】アメリカでコニャック増税

久しぶりのコニャックの記事、久しぶりのニュース記事です。 ご存知の方もいるかと思いますが、私はコニャック在住です。 2020年頭まではコニャック半分、ボルドー半分という感じで住んでいましたが、コロナの影響を存分に受けて、今はほとんどコニ...
ポムロール

5世代続く家族経営のワイナリー、Château Gazin

ポムロールのワイナリーChâteau Gazin(シャトー・ガザン)のご紹介です。 ここは訪問すると当主自ら案内してくれるので、詳しいことまで色々質問できます! そして、日本語のフライヤーももらえるので是非アピールしてみてください。笑 ...
ポムロール

Alain Moueixの関わるワイナリー、Château Mazeyres

ポムロールのワイナリー、Château Mazeyres(シャトー・マゼール)です。 ここ、ずっと気になってたので行けた時嬉しかった! まだまだ気になってるワイナリーあるので、訪問を続けていきたいと思います。 ...
サンテミリオン

サンテミリオンで家族経営のワイナリー、Château La Tour Figeac

サンテミリオンのワイナリー、Château la Tour Figeac(シャトー・ラ・トゥール・フィジャック)。 家族経営のワイナリーで、事前にお願いすると食事も食べれるとのことです。(もちろん有料ですが) 都会に行けないし、あんまり...
右岸

中国人オーナーのワイナリー、Château de la Rivière

タイトルにもある通り、今現在は中国資本のChâteau de la Rivière(シャトー・ド・ラ・リヴィエール)です。 しかし、フランス人オーナーだったころから品質が上がっており、素晴らしいワインを生産しています! そして、地下セラ...
左岸

クロデュマルキはセカンドワインではありません

Château Léoville Las Cases(シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ)の造るClos du Marquis(クロ・デュ・マルキ)。 これがセカンドワインだと言っている方をよく目にします。 でも、これセカンドワインじゃ...
左岸

サンジュリアン、Château Léoville Las Cases

1855年のメドック格付けには、「レオヴィル」と名の付くワイナリーが3つあります。 その内のひとつ、Château Léoville Las Cases(シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ)の特集です! 参考;サンジュリアン2級シ...
AOC(原産地呼称)

環境配慮から見るボルドーワイン

最近のボルドーを見ていると、これなしでは語れない!というのがあります。 タイトルでバレていますが…それは「環境配慮」。 オーガニック栽培、ビオディナミック栽培だけでなく、色々な機関が存在します。 話がちょっと硬いので、ボルドーのいろん...
日記

ワインを飲むのにグラスって重要?

最近、グラス違いで同じものを飲み比べるのが好きな私。 それで思った。 「ワインを飲むのにグラスって重要?」 きっとワインの世界で働くものとしての私はこう言う。 「グラスによってワインも違う表情を見せてくれますよ」って。 で...
商品レビュー

野田祥子的ベストワイン2020

勝手に紹介、ベストワイン2020年! 2020年に頂いた中で、記憶に残ったワインをご紹介します。 ランキング形式の方がわかりやすいかなぁと思ったのですが、順位付けるの難しかったのでご勘弁を。 「ワイン」というくくりなので、赤白ロゼ泡ご...
タイトルとURLをコピーしました