グラーヴ

左岸

実業家ベルナール・マグレ氏の所有ワイナリー、シャトー・パプ・クレマン

ボルドーから車で10分強、公共交通機関でも行けるワイナリーChâteau Pape Clément(シャトー・パプ・クレマン)のご紹介です。 レストランはないですが、ホテルはあるので宿泊可能! 歴...
左岸

ペサック・レオニャンの実力派、シャトー・ラリヴェ・オー=ブリオン

私がボルドーに来たとき、最初に好きになったワイナリーで、今でも思い出深いワイナリーの一つ。 ペサック・レオニャンのChâteau Larrivet Haut-Brion(シャトー・ラリヴェ・オー=ブリオン)です。 ボルドーからも近いし、...
左岸

ボルドーから公共交通機関を使って行けるワイナリー

ボルドーのワイナリーは車でしか訪問できないところばかりです。 ですが、グラーヴ地方のワイナリーでは市バスを使って行けるところもいくつかあります。 今回はトラムが3線通っているQuinconces(カンコンス)発で公共機関と共にお届けした...
左岸

【ワインニュース】グラーヴ大使10ワイナリーが決定

今月頭に、「グラーヴ大使」なるものが発表されました。 大使と言っていますが、ワイナリーが10件選ばれました。 タイトルだけ見ても良くわからなかったので調べてみました。 グラーヴ大使 グラーヴワイン生産者組合は、消費者の期待に応え...
マルゴー

5大シャトー1日でまわってみた

5大シャトーってやっぱりボルドーワインのシンボル的なワイナリーたちよね。 この間初めて1日で全部のワイナリーを巡りました! とはいえ訪問は1件だけ。 今回は地図を交えながら、そして写真を交えながら、共有したいと思います。 似たような...
マルゴー

ボルドー、メドック5大シャトーの凄いところまとめてみた。

ボルドーのワイナリーで有名なのが「五大シャトー」と呼ばれるワイナリー。 この五大シャトーは1855年に決められた格付け1級のワイナリーのことです。 ?という方もいると思うので、五大シャトーの説明をざっくりしてから、今回はあまり調べずに、...
左岸

騎士のワイン、ドメーヌ・ド・シュヴァリエ

ボルドーにしては珍しく、昔ながらの「Domaine(ドメーヌ)」付きの名称を維持しているワイナリーDomaine de Chevalier(ドメーヌ・ド・シュヴァリエ)です。 ここ最近、醸造施設も近代化を行っていて、いつ行っても工事してる...
左岸

結婚式もできるワイナリー、シャトー・スミス・オー・ラフィット

ずーっと書いてると思いこんでたけど、書いてなかったらしい。笑 皆さんご存知Château Smith Haut-Lafitte(シャトー・スミス・オー・ラフィット)のご紹介です。 この系列で結婚式を挙げて、収穫直前の畑と城と写真を撮った...
左岸

赤白共に格付けに選ばれた、シャトー・マラルティック・ラグラヴィエール

Château Malartic Lagravière(シャトー・マラルティック・ラグラヴィエール)へ行ってきました! ボルドーから近いのに、グラーヴ方面あんまり行けてないからロックダウン解除された後は積極的に行きたい地域。 この地域な...
マルゴー

ボルドーで樽工房を持つワイナリー

前回、シャトーマルゴーの特集記事でお伝えしましたが、ボルドーにはいくつか自社で樽工房を持っているワイナリーがあります。 昔は自社で持っている所も多く、当時使っていた道具を展示しているワイナリーもあります。 でもやっぱり自社で樽工房を所有...
error: 申し訳ないですが右クリック禁止にしました。データが欲しい方は直接連絡ください。
タイトルとURLをコピーしました