Alain Moueixの関わるワイナリー、Château Mazeyres

ポムロール

ポムロールのワイナリー、Château Mazeyres(シャトー・マゼール)です。

ここ、ずっと気になってたので行けた時嬉しかった!

まだまだ気になってるワイナリーあるので、訪問を続けていきたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャトー マゼール 2006 赤
価格:4197円(税込、送料別) (2020/12/9時点)

 

 

歴史

 

ワイナリーの敷地内に、3世紀に作られた陶器が発見されています。

これにより、ガロ・ローマ時代に建物があったことを証明しています。

4世紀

詩人Ausone(オーゾンヌ)がLucaniac(ルカニアック)の別荘に行くために使っていたのが、2つの道路が通っていたこの台地です。

14世紀

文献によると、ブドウ畑はこの頃にあったことがわかっています。

20世紀

Querre(クエール)家によって買収されました。

フランス人のレストランに向けて、繊細でフルーティーなワインを生産していました。

1988年

一族はSociété Généraleの年金基金に売却することを決定しました。

1992年

ワインエンジニアで醸造家であるAlain Moueix(アラン・モエックス)がChâteau Mazeyres(シャトー・マゼール)の経営を任されました。

彼はリボルヌの有名なワイン生産者であり、ネゴシアンの4代目として、彼の知識やノウハウを会社にもたらします。

彼は100%ビオディナミック栽培のChâteau Fonroque(シャトー・フォンロック)での経験もここで生かします。

 

面積も増やし、栽培、醸造、熟成施設の近代化を行いました。

シャトーも修復され、ワインの品質も大幅に改善されました。

2010年

同銀行の生命保険支部であるSogecapに売却しました。

さらにAOCポムロール内に4haの畑を買いました。

それによって、25.5haまで畑が増えました。

これは、ポムロールのワイナリーではかなり大きいです!

2011年

プティ・ヴェルドの栽培を始めます。

これは実はポムロールで初めて植えたワイナリーとのこと!

2012年

100%ビオディナミック栽培を開始します。

2015年

オーガニック栽培の認証を得ます。

2018年

ビオディナミック栽培の認定を取得。

 

生産ワイン

Château Mazeyres(シャトー・マゼール)Le Seuil de Mazeyres(ル・スイユ・ド・マゼール)の2つを生産しています。

Château Mazeyres(シャトー・マゼール)がファーストワイン、Le Seuil de Mazeyres(ル・スイユ・ド・マゼール)がセカンドワインです。

ブドウ畑

25.5haと、ポムロールではかなり大きなワイナリーの一つです。

粘土砂利土壌の上に、砂利が多い土壌を持ちます。

区画の一部は酸化鉄の上に砂が広がる土壌を持つ、Catusseau(カテュソー)台地に広がっています。

  • 73.1%メルロ
  • 24.3%カベルネ・フラン
  • 2.6%プティ・ヴェルド

を栽培しています。

このプティ・ヴェルドはポムロールで2009年に栽培が認められた品種です。

醸造施設

2013年に新しい醸造施設が完成しました。

以前よりタンクが小さくなったので、より小さな区画で醸造することが可能になりました。

現在、ステンレスタンクコンクリートタンクを所有しています。

醸造中、コンクリートタンクはピジャージュを、ステンレスタンクはポンプを使ってルモンタージュを行います。

醸造が終われば、11月から12月くらいにブレンドを行って、熟成の開始です。

熟成

大樽アンフォラで熟成を行います。

アンフォラは2015年に1つ購入し、2016年にはさらに4つ、2017年にはさらに9つ追加されて今現在は14のアンフォラを所有しています。

そして20%を新樽で熟成を行っています。

まとめ

ブドウ品種

73.1%メルロ

24.3%カベルネ・フラン

2.6%プティ・ヴェルド

タンク

ステンレス、コンクリート

新樽使用率

20%

 

ワイナリー情報

Château Mazeyres(シャトー・マゼール)

住所;56 Avenue Georges Pompidou, 33500 Libourne

電話;+33 5 57 51 00 48

メール;stephany@mazeyres.com

 

参考記事

ポムロール全ワイナリーSNSまとめ

AOCポムロールについて

ワイン醸造:アルコール発酵について。

AOCボルドーで認められている品種(赤/白/ロゼ)

ボルドーワイン=ブレンドワイン

最近のボルドーワインについて

ファーストワインとセカンドワイン…って何?

材質別タンクのメリット・デメリット

ボルドーでのステンレスタンク

ボルドーでのコンクリートタンク。

最後に

ビオディナミックでのブドウ栽培を実現しているワイナリーです。

訪問すると、ビオディナミックのあれやこれやを見せてくれました!

こんなに色々見せてもらったの初めて!って言ったら、他で出来ないことを体験してほしいなと思ってるの、とのこと。

訪問して、一気に好きになりました!

何度も言ってるけど、やっぱり訪問するのっていいよねぇ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャトー マゼール 2006 赤
価格:4197円(税込、送料別) (2020/12/9時点)


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
InstagramTwitter
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました