ワイン

左岸

ラトゥールの隣、シャトー・オー・バージュ・リベラル

以前特集したChâteau Durfort-Vivens(シャトー・デュフォール・ヴィヴァン)。 参考;ビオディナミック栽培のワイナリー、Château Durfort-Vivens そのオーナーであるゴンザック・ルリュトンの...
ポムロール

家族経営のワイナリー、クロ・デュ・クロッシェ

ボルドーのワイナリーは大企業が買っていますが、家族経営のワイナリーも多いです。 その中でもメドックは企業がおおいですが、ポムロールは家族経営のワイナリーもまだまだ残っています。 Clos du Clocher(クロ・デュ・クロシェ)は通...
左岸

シャトー・ボイド・カントナック | シャトー・プージェ

Château Boyd-Cantenac(シャトー・ボイド・カントナック)とChâteau Pouget(シャトー・プージェ)についてお届けします。 ワイナリーは別々で、それぞれの畑を持っていますが、オーナーは同じ、醸造している場所も同...
ワイン

仏ソムリエ取得者オススメ価格別ボルドーワイン

たまにはタイトルにソムリエ取得と入れてみる。 「たまに」っていうか初めてやな。笑 ソムリエって「ワインをサービスする人」っていう意味があるから、レストラン等々で働いてない私は資格持っててもソムリエちゃうなぁと思っているのです。 逆に、...
左岸

サンジュリアンの入り口、シャトー・ブラネール・デュクリュ

お久しぶりのサンジュリアンのワイナリー、今回はChâteau Branaire Ducru(シャトー・ブラネール・デュクリュ)です。 ボルドーからメドックに向けて北に進んでいくと、サンジュリアンに入ったらすぐに迎えてくれるワイナリーの一つ...
ポムロール

ポムロールの偉大なワイナリー、ヴュー・シャトー・セルタン

ポムロール好きな私として、ずっと行きたかったワイナリーVieux Château Certan(ヴュー・シャトー・セルタン)。 友人のおかげもあり、見学できました!嬉しい! 歴史   Vieux Château Ce...
AOC(原産地呼称)

フランスワイン生産地域と生産量

気になって調べてみました。 最初は、それぞれの地域ごとのまとめを作ろうかなぁと思ったのに、脱線してしまった。笑 それぞれの地域のまとめも作りますので、少々お待ちくださいませ。 今回の記事は、2017年のものを参考にしています。 もっ...
左岸

メドックで最も小さいワイナリーの一つ、シャトー・フェリエール

またきました!ルリュトン一族のワイナリー。 記事の多さで、ボルドーにおけるルリュトン一族の持つワイナリーの多さがわかってもらえるのではないでしょうか。 今回はChateau Ferriere(シャトーフェリエール)のご紹介です。 ...
AOC(原産地呼称)

AOCフロンサック/カノンフロンサックについて

以前、フロンサックとカノンフロンサックのワイナリーをまとめました。 順番が逆になっている気がしなくもないですが、今回はこの地域の特徴等々です。 この地域は、あまり目立ってないですが実力はワイナリーも多いです。 参考;フロンサック...
左岸

ビオディナミック栽培のワイナリー、シャトー・デュフォール・ヴィヴァン

オーガニック栽培ができないと長年言われていたメドック地方。 その中、かなり前からビオディナミック栽培を行っているワイナリー、Château Durfort-Vivens(シャトー・デュフォール・ヴィヴァン)です。 ...
タイトルとURLをコピーしました