ポイヤック

スポンサーリンク
左岸

2020年から新醸造施設で醸造、シャトー・ランシュ=バージュ

2020年に新しい醸造施設で新しく醸造を始めたChâteau Lynch-Bagesシャトー・ランシュ・バージュ。 2021年から見学も可能になっているので、近いうちに訪問してきます。 今回載せている写真は工事直前の2016年のもの。 ...
左岸

【独断と偏見】ポンテカネ、今飲むならどのビンテージ?

質問頂いたので、完全なる私の独断と偏見で今飲むべきポンテカネのビンテージをお伝えしたいと思います。 完全に私の好みなので、意見が違う人もいるかと思いますが、一意見だと思って聞いてもらえればと思います。 今回は写真いっぱい載せてます! ...
左岸

ラフィットでピアノコンサートを

最近ワイナリー記事とか書いてないねぇ…。 この間初めてワイナリー内でのコンサートに行ってきました! 折角のイベントだったので日記的に残しておこうかと。 イベント概要 地球の歩き方で書いたのでそちらの記事を共有します。 いつどこ...
左岸

5大シャトー1日でまわってみた

5大シャトーってやっぱりボルドーワインのシンボル的なワイナリーたちよね。 この間初めて1日で全部のワイナリーを巡りました! とはいえ訪問は1件だけ。 今回は地図を交えながら、そして写真を交えながら、共有したいと思います。 似たような...
左岸

ボルドー、メドック5大シャトーの凄いところまとめてみた。

ボルドーのワイナリーで有名なのが「五大シャトー」と呼ばれるワイナリー。 この五大シャトーは1855年に決められた格付け1級のワイナリーのことです。 ?という方もいると思うので、五大シャトーの説明をざっくりしてから、今回はあまり調べずに、...
左岸

ラトゥールの隣、シャトー・オー・バージュ・リベラル

以前特集したChâteau Durfort-Vivens(シャトー・デュフォール・ヴィヴァン)。 参考;ビオディナミック栽培のワイナリー、Château Durfort-Vivens そのオーナーであるゴンザック・ルリュトンの...
左岸

ポンプを全く使わずワインを造る、シャトー・ペデスクロー

このブログで何度か名前が出てきているChâteau Pédesclaux(シャトー・ペデスクロー)。 そういえば、タンクやイベントについては書いてたけど、ワイナリーのことを書いていなかったなぁと。 ということで、今回はChâteau P...
左岸

ボルドーで樽工房を持つワイナリー

前回、シャトーマルゴーの特集記事でお伝えしましたが、ボルドーにはいくつか自社で樽工房を持っているワイナリーがあります。 昔は自社で持っている所も多く、当時使っていた道具を展示しているワイナリーもあります。 でもやっぱり自社で樽工房を所有...
左岸

唯一後に格付け1級にあがった、シャトー・ムートン・ロスチャイルド

今回お届けするのはChâteau Mouton Rothschild(シャトー・ムートン・ロスチャイルド)。 これで、メドックの格付けワイナリー1級全部お届けしたことになりました! 1855年メドック格付けまとめのワイナリー名からそれぞ...
左岸

ポイヤックの2級シャトー、シャトー・ピション・バロン

スーパーセカンドとしても有名なChâteau Pichon Baron(シャトー・ピション・バロン)についてお届けします。 このワイナリー、Château Pichon Longueville du Baron de Pichon-Lon...
スポンサーリンク
error: 申し訳ないですが右クリック禁止にしました。データが欲しい方は直接連絡ください。
タイトルとURLをコピーしました