左岸

AOC(原産地呼称)

AOCグラーヴについて

ボルドーの街から南側に位置しているグラーヴについてお届けします! 前回のペサック・レオニャンと比べると早く飲んでもおいしい赤/白ワインが生産されています。 色んな種類のワインが造られているのもグラーヴの特徴です。 歴史 ...
AOC(原産地呼称)

赤白どちらも生産する、AOCペサック・レオニャン

書いてると思ってたのに書いてなかった、AOCペサック・レオニャンについてお届けします。 私たちが思ってるより実は新しいアペラシオンで、まだ誕生から30年と少しです。 簡単な歴史を含めお届けします! ちなみに公式サイトはこちら。 ...
左岸

進化し続けるワイナリー、シャトー・ド・カマンサック

有名オーナーになり、どんどん品質を上げているChâteau de Camensac(シャトー・ド・カマンサック)。 ワイナリー観光にも力を入れていて、有料ですが誰でも見学可能です。 しかも見学の種類も色々あるから、訪問が楽しいワイナリー...
左岸

【独断と偏見】ポンテカネ、今飲むならどのビンテージ?

質問頂いたので、完全なる私の独断と偏見で今飲むべきポンテカネのビンテージをお伝えしたいと思います。 完全に私の好みなので、意見が違う人もいるかと思いますが、一意見だと思って聞いてもらえればと思います。 今回は写真いっぱい載せてます! ...
左岸

ビオディナミで貴腐ワイン、シャトー・クリマン

5世紀の歴史で5回だけオーナーが変わっています。 今現在はビオディナミでの栽培が注目されているソーテルヌの生産者、Château Climens(シャトー・クリマン)のご紹介。 私何回か訪問したけど、乾燥させたハーブが並んでたり中々面白...
左岸

2020年から新醸造施設で醸造、シャトー・ランシュ=バージュ

2020年に新しい醸造施設で新しく醸造を始めたChâteau Lynch-Bages(シャトー・ランシュ・バージュ)。 2021年から見学も可能になっているので、近いうちに訪問してきます。 今回載せている写真は工事直前の2016年のもの...
マルゴー

博物館を持ってるワイナリー、シャトー・シラン

ボルドーからメドックに向かうとき、最初に現れるワイナリー、Château Siran(シャトー・シラン)。 ピンク色の建物が印象的で、隣を通ったら忘れないワイナリーの一つです! シャトー シラン...
左岸

実はランチも食べられる、シャトー・フェラン・セギュール

あまり有名ではありませんが、実力派のワイナリーChâteau Phelan Ségur(シャトー・フェラン・セギュール)。 ここ、レストランは併設されてないけど事前に予約するとランチも食べることが出来ます! めっちゃ広い庭で食べるご飯は...
左岸

醸造学校を持つワイナリー、シャトー・ラ・トゥール・ブランシュ

書いてなかったワイナリーシリーズ、ソーテルヌはChâteau la Tour Blanche(シャトー・ラ・トゥール・ブランシュ)です。 高校を持っていて、高校生はワインの造りの研修ができたりとかなりいい学生生活がおくれそう! ワイナリ...
左岸

実業家ベルナール・マグレ氏の所有ワイナリー、シャトー・パプ・クレマン

ボルドーから車で10分強、公共交通機関でも行けるワイナリーChâteau Pape Clément(シャトー・パプ・クレマン)のご紹介です。 レストランはないですが、ホテルはあるので宿泊可能! 歴...
error: 申し訳ないですが右クリック禁止にしました。データが欲しい方は直接連絡ください。
タイトルとURLをコピーしました