左岸

左岸

石垣に囲まれたワイナリー、Château d’Issan

久しぶりにメドック地方のワイナリーです。 今回はマルゴー地区にあるChâteau d'Issan(シャトー・ディッサン)について。 ここはまだ車を持っていなかったときに、駅から歩いて行ったこともあるの。 その時、ブドウ畑全体が紅葉して...
左岸

ポンプを全く使わずワインを造る、Château Pédesclaux

このブログで何度か名前が出てきているChâteau Pédesclaux(シャトー・ペデスクロー)。 そういえば、タンクやイベントについては書いてたけど、ワイナリーのことを書いていなかったなぁと。 ということで、今回はChâteau P...
左岸

クロデュマルキはセカンドワインではありません

Château Léoville Las Cases(シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ)の造るClos du Marquis(クロ・デュ・マルキ)。 これがセカンドワインだと言っている方をよく目にします。 でも、これセカンドワインじゃ...
左岸

サンジュリアン、Château Léoville Las Cases

1855年のメドック格付けには、「レオヴィル」と名の付くワイナリーが3つあります。 その内のひとつ、Château Léoville Las Cases(シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ)の特集です! 参考;サンジュリアン2級シ...
左岸

ビオディナミック栽培のワイナリー、Château Durfort-Vivens

オーガニック栽培ができないと長年言われていたメドック地方。 その中、かなり前からビオディナミック栽培を行っているワイナリー、Château Durfort-Vivens(シャトー・デュフォール・ヴィヴァン)です。 ...
左岸

結婚式もできるワイナリー、Château Smith Haut-Lafitte

ずーっと書いてると思いこんでたけど、書いてなかったらしい。笑 皆さんご存知Château Smith Haut-Lafitte(シャトー・スミス・オー・ラフィット)のご紹介です。 この系列で結婚式を挙げて、収穫直前の畑と城と写真を撮った...
AOC(原産地呼称)

AOCメドックについて

ポムロールに引き続き、メドック地方についての記事です。 ブログ開設当時に書いたものはありましたが、今回は新たに地図も含めてお届けしたいと思っています。 歴史 1世紀 この地域にブドウ畑が登場しました。 ...
左岸

サンジュリアン、Chateau Gruaud Larose

サンジュリアンの家族経営のワイナリーChâteau Gruaud Larose(シャトー・グリュオ・ラローズ)をご紹介します。 メドックでは少なくなってきた経営ですが、従業員も数世代に渡って働いている人が多いとのこと。 そう聞くと、なん...
左岸

赤白共に格付けに選ばれた、Château Malartic Lagravière

Château Malartic Lagravière(シャトー・マラルティック・ラグラヴィエール)へ行ってきました! ボルドーから近いのに、グラーヴ方面あんまり行けてないからロックダウン解除された後は積極的に行きたい地域。 この地域な...
左岸

ボルドーで樽工房を持つワイナリー

前回、シャトーマルゴーの特集記事でお伝えしましたが、ボルドーにはいくつか自社で樽工房を持っているワイナリーがあります。 昔は自社で持っている所も多く、当時使っていた道具を展示しているワイナリーもあります。 でもやっぱり自社で樽工房を所有...
タイトルとURLをコピーしました