ラトゥールの隣、シャトー・オー・バージュ・リベラル

左岸

以前特集したChâteau Durfort-Vivens(シャトー・デュフォール・ヴィヴァン)。

そのオーナーであるゴンザック・ルリュトンの奥さんであるClaire Villars(クレール ヴィラール )所有の、Château Haut-Bages Libéral(シャトー・オー・バージュ・リベラル)についての特集です。

歴史

18世紀初頭

Libéral(リベラル)親子の所有していたこのワイナリー。

彼らは土地と、ブドウ畑を買っただけで、当時は建物がありませんでした。

リベラル家はオランダとベルギーにワインを卸すクルティエ一族。

1855年

メドック格付けで5級に選ばれました。

1960年

Cruse(クルーズ)一族のものとなります。

このCruse(クルーズ)一族は、1965年からシャトー・ポンテカネを所有していました。

1982年

Villars-Merlaut(ヴィラール・メルロー)一族がオーナーに。

Jacques Merlaut(ジャック・メルロー)氏とその家族は、Châteaux Chasse-Spleen(シャトー・シャス・スプリーヌ)とChâteaux La Gurgue(シャトー・ラ・グルグ)を所有していました。

2000年

両親が亡くなったことで、後継者である娘、Claire Villars(クレール・ヴィラール)がオーナーとなります。

クレールはChâteaux Ferrière(シャトー・フェリエール)とChâteaux La Gurgue(シャトー・ラ・グルグ)も所有しています。

彼女はもともと物理や化学を専攻する人で、その後ブドウ畑と化学物質について考えるようになります。

 

最初にも触れましたが、シャトー・デュフォール・ヴィヴァンを所有するのが旦那さんのGonzague Lurton(ゴンザク・ルリュトン)氏。

彼と一緒に2012年にアメリカ、ソノマにワイナリーを購入しました。

ブドウ畑

30ヘクタールあるうちの半分、15ヘクタールがChâteau Latour(シャトー・ラトゥール)と接しており、残りの15ヘクタールがChâteau Pichon Baron(シャトー・ピション・バロン)に接しています。

ポイヤックらしい土壌をもつ「Bages(バージュ)」と呼ばれる場所に畑を持つワイナリーの一つ。

ブドウ品種

メルロとカベルネ・ソーヴィニョンを栽培しています。

お城の周り、粘土石灰が多いところにメルロを。

標高が少し高く、石が広がる土壌にカベルネ・ソーヴィニョンを植えています。

  • 70%カベルネ・ソーヴィニョン
  • 30%メルロ

を栽培しています。

栽培方法

歴史部分で触れたように、夫婦でいくつものワイナリーを所有しています。

共通しているのが、ビオ」そして「ビオディナミ」でのブドウ栽培

ここ、Château Haut-Bages Libéral(シャトー・オー・バージュ・リベラル)では2006年に「ビオとしてのブドウ栽培」を始めました。

そして2009年には「ビオディナミとしてのブドウ栽培」を開始。

最終的に2019年にビオの認定を受け、2021年にビオディナミの認定を受ける予定。

収穫

収穫はもちろん手摘み。

3~4週間くらいかけて30人程度で行います。

その後、選果、除梗、フロワール(fouloir)を通ってポンプでタンクの中にブドウが入れられます。

醸造施設

2000年に新しくなった醸造室を持ちます。

タンクはステンレスタンクとコンクリートタンク

ステンレスタンクは16基、様々な大きさのものを持ちます。

コンクリートタンクは20基。

毎年、ブドウの状況を見ながらどのタンクを使うかを決定するそう。

熟成

樽とコンクリートタンクで熟成しています。

ここにもコンクリートタンクがあります。

20ヘクトリットルの小さなもので、醸造ではなく熟成に利用されるもの。

2018年から今現在に至るまで使われています。

2018年は生産の3分の1をこのコンクリートタンクで熟成しました。

外見は角張ってるけど、中はつるんと丸い卵型です。

7社の樽会社と取引していて、焼き加減はミディアムからミディアムプラス。

ファーストワインは40%新樽使用、セカンドワインは新樽使用ゼロです。

テイスティング

確か一昨年から一般見学ができるようになり、試飲もできるようになりました。

この日はちょっと特別にファーストワインを3種、セカンドワインをいただきました。

そしてロゼ!

生産量が少ないからワイナリーでしか買えないのだけれど、ボルドーらしいロゼでこれも飲んでみて欲しい。

果実の凝縮感もあるし、ポイヤックらしいしっかりしたワイン。

でも、なんか素朴なのよ。

なんなんやろね、このちょっとした素朴さ。

とはいえ、これがワイナリーの良さなのだけれど!

畑の仕事量が年々増えているので、今後どんどん良くなっていく景色しか見えないワイナリー。

まとめ

ブドウ品種

70%カベルネ・ソーヴィニョン

30%メルロ

タンク ステンレス、コンクリート
新樽使用率 40%

ワイナリー情報

Château Haut-Bages Libéral(シャトー・オー・バージュ・リベラル)

住所;18 Balogues, 33250 Pauillac

電話;+33 5 57 88 76 65

参考記事

ビオディナミック栽培のワイナリー、Château Durfort-Vivens

【長文】大好きなワイナリー、シャトー・ポンテ・カネについて

1855年メドック格付け1級、シャトー・ラトゥール

ポイヤックの2級シャトー、シャトー・ピション・バロン

1855年メドック格付けまとめ

ワイナリーSNSまとめ、メドック編

メドック格付けワイナリー、セカンドワインリスト

2009年ボルドー左岸格付け by Liv-ex

2018年野田祥子的メドック格付け

AOCメドックについて

メドック地方の土地柄を詳しく!

ワイン醸造:アルコール発酵について。

AOCボルドーで認められている品種(赤/白/ロゼ)

ボルドーワイン=ブレンドワイン

最近のボルドーワインについて

ファーストワインとセカンドワイン…って何?

材質別タンクのメリット・デメリット

最後に

あまり目立たないけれど実力派ワイナリー。

このご夫婦の造るワイン、私はとっても好きなんです。

ちなみにオーガニック栽培だから、ビオディナミック栽培だから好き、という訳ではなく単純においしいと思うので好き。

ワイナリー敷地内に家庭菜園もあって、そこで採れたものは従業員が持って帰ってもいいらしい!

トマトは時々試飲の時に出してくれます。笑

またお邪魔したいワイナリー!


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

  1. […] (参考記事;ラトゥールの隣、シャトー・オー・バージュ・リベラル) […]

error: 申し訳ないですが右クリック禁止にしました。データが欲しい方は直接連絡ください。
タイトルとURLをコピーしました