5大シャトーの一つ、Château Haut-Brion

今回はオーブリオンについて書いていこうと思います。

ここはグラーヴ地方にワイナリーを持つにも関わず

メドックの格付け1級に選ばれている

ワイナリーとしても有名ですよね。

 

簡単に歴史を

ものすごく簡単にですが、シャトー・オーブリオンについて。

1983年より、目の前にあるグラーヴ地方(ペサックレオニャン)の

シャトー・ラミッション・オーブリオンと経営者が同じです。

それ以降、二つのワイナリーは同じチームによって

ワイン造りを行っております。

もちろん畑はそれぞれが持っていますし、

醸造施設もそれぞれが持っています。

 

畑について

シャトー・オーブリオンは50ha強の畑を持っています。

そのうち赤ワインの生産が48ha

白ワインの生産が2.5haで行われています。

 

ブドウ品種

赤ワインについては以下の四種類が使われています。

プティ・ヴェルドについては本当に少量だそうで、

使ったとしてもシャトー・オーブリオンのファーストワインのみです。

  • 45%メルロ
  • 45%カベルネ・ソーヴィニョン
  • 10%カベルネフラン
  • 少量のプティ・ヴェルド

 

白ワインは以下の2種類が植えられています。

もちろんペサックレオニャンは白ワインの生産も認められているので、

アペラシオン・ペサックレオニャンとして販売されています。

  • 55~60%セミヨン
  • 40~45%ソーヴィニョン・ブラン

 

畑の特徴

行った方はご存知かと思いますが、

こんなところにあるの?!

と驚く場所にシャトー・オーブリオンは建っています。

ボルドーの市バスが走っていますし、住宅街の真ん中にあります。

それゆえ、他のワイナリーより気温が2、3度高いのが

ここ、シャトー・オーブリオンの特徴。

そのおかげで霜等の被害にも遭いにくいですし、

収穫もかなり早く行われます。

 

収穫

収穫はもちろん手摘みで、150人~200人程の季節労働者がやってきます。

そしてその後、選果が行われます。

選果台で1回、レーザーを使った選果機で1回。

レーザーを使った選果機は除梗した後に行われます。

(つまり、房の状態から実だけの状態で行われます)

 

醸造について

昔々は木のタンクで醸造を行っていましたが、

オーブリオンではかなり早くからステンレスタンクを導入しています。

一番最初は1961年。

そしてその後1989年に現在、特注で造ったステンレスタンクの登場です。

写真を見て貰えるとわかると思いますが、ステンレスタンクは2層になっています。

上部はアルコール発酵専用

ワイン醸造:アルコール発酵について。

下部はマロラクティック発酵専用です。

ワイン醸造:マロラクティック発酵について。

 

アルコール発酵

大体ですが2~3週間、18~20度で行われます。

その間行われるのはルモンタージュ。

ここ、シャトー・オーブリオンではルモンタージュは機械化されています。

パソコンに入力すれば、好きな時間間隔や時間にルモンタージュができます。

基本的には6時間に1回行っているようです。

 

醸し

その後、醸しの期間に入ります。

大体7日程度で、この間のルモンタージュは1日1回。

 

マロラクティック発酵

上部でアルコール発酵を終えたワインのみ、下部に入れられます。

そしてマロラクティック発酵が行われます。

 

プレスワイン

下部にワインが入れられますが、果帽は上部に残ったまま。

その果帽は圧搾機に入れられて、プレスワインが造られます。

このプレスワイン、最終的に5%くらいワインに含まれます

 

ブレンド

ここまでは区画ごと、品種ごとに醸造が行われていますが、

醸造が終わるとブレンドされます。

 

熟成

他のワイナリーと同じ様に、ボルドーの伝統的な熟成を行っています。

ウイヤージュや澱引き、そして卵の白身を使った清澄作業です。

熟成期間

赤のファーストワインは18~22か月熟成、75%新樽使用

赤のセカンドワインは同じ熟成期間で、30%新樽使用

白ワインは7~9か月熟成、50%新樽使用です!

 

樽について

シャトー・オーブリオンはワイナリー内に樽工房を持っているワイナリーの一つ。

使われている樽の80%はワイナリーで造られており、

残りの20%は買ってきた樽です。

ちなみに、自社樽はSeguin Moreau(セガン・モロー)社のもので、

残り20%はTaransaud(タランソー)社のものです。

 

最後に

オーブリオンは一般の方でも見学できるワイナリーです。

ただ、とても人気なので、かなり前に連絡をしないと予約が取れません…。

運が良ければ樽工房の見学もさせてくれるので、

興味のある方は是非どうぞ!

 


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
HomepageBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ

「5大シャトーの一つ、Château Haut-Brion」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.