ボルドーで樽工房を持つワイナリー

マルゴー

前回、シャトーマルゴーの特集記事でお伝えしましたが、ボルドーにはいくつか自社で樽工房を持っているワイナリーがあります。

昔は自社で持っている所も多く、当時使っていた道具を展示しているワイナリーもあります。

でもやっぱり自社で樽工房を所有するのはコストがかかるので、工房を所有しているワイナリーが減っていったのです。

最近は樽の配送も昔と比べると早くできるようになりましたしね。

 

 

樽工房を持つ全ワイナリー

ボルドーで今現在工房を持つワイナリーは4つしかありません。

  • Château Margaux(シャトー・マルゴー)
  • Château Lafite Rothschild(シャトー・ラフィット・ロートシルト)
  • Château Haut-Brion(シャトー・オー・ブリオン)
  • Château Smith Haut Lafitte(シャトー・スミス・オー・ラフィット)

です。

なんと、ほとんどが1級ワイナリー!

やっぱりコストかかるんかなぁって思うよね。笑

樽工房を持つメリット

自分のところで樽を造れるので、必要な個数つくることができるというメリットはあります。

(大抵1人でつくっているので、もちろん限界はありますが)

そして、好きな焼き加減で樽が作れるのもメリットの一つ。

それぞれのワイナリーは好みの焼き加減があるので、微妙な調整ができるのも嬉しい。

そしてChâteau Smith Haut Lafitte(シャトー・スミス・オー・ラフィット)に限っては、木の乾燥も自社で管理しているというこだわり。

(Château Smith Haut Lafitte(シャトー・スミス・オー・ラフィット)の記事、書いてなかったことに気づいたので、後に更新します)

でも、最大のメリットは樽の修理がすぐできること!

本来であれば、漏れなどの修理が必要な樽は樽会社に引き取ってもらって、修理という形です。

なので、もちろん時間がかかります。

自社に職人がいると…必要な時に必要な数修理ができる

最大のメリットはこれだと、全てのワイナリーの方がおっしゃってました。

参考記事

五大シャトーの一つ、Château Margaux

メドック1級シャトー、Château Lafite Rothschild

5大シャトーの一つ、Château Haut-Brion

1855年メドック格付けまとめ

ワイナリーSNSまとめ、メドック編

メドック格付けワイナリー、セカンドワインリスト

2009年ボルドー左岸格付け by Liv-ex

2018年野田祥子的メドック格付け

メドック地方の土地柄を詳しく!

ワイナリーSNSまとめ、グラーヴ編

グラーヴ、ソーテルヌ・バルサックの格付けまとめ

 

最後に

今回はちょっと短い記事になりました。

樽づくりの行程も書きたいと思いつつ、絵を描くのが下手なので、どんどん後回しになっています…。よくない。

私の住んでるコニャックでは、樽会社も沢山あって写真もいっぱい撮らせてもらったので、後回しにせず更新します!


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

  1. […] (参考;樽工房を持つワイナリー) […]

  2. […] 以前、ボルドーで樽工房をもつワイナリーをご紹介したので、もしよろしければ樽工房を持つワイナリーをご覧ください。 […]

タイトルとURLをコピーしました