樽工房を持つワイナリー

ワイナリー

前回、シャトーマルゴーの特集記事でお伝えしましたが、ボルドーにはいくつか自社で樽工房を持っているワイナリーがあります。

(参考;五大シャトーの一つ、シャトー・マルゴー

昔は自社で持っている所も多く、当時使っていた道具を展示しているワイナリーもあります。

 

 

樽工房を持つ全ワイナリー

ボルドーで今現在工房を持つワイナリーは4つしかありません。

  • シャトー・マルゴー
  • シャトー・ラフィット・ロートシルト
  • シャトー・オー・ブリオン
  • シャトー・スミス・オー・ラフィット

です。

なんと、ほとんどが1級ワイナリー!

樽工房を持つメリット

自分のところで樽を造れるので、好きな個数つくることができるというメリットはあります。

(大抵1人でつくっているので、もちろん限界はありますが)

そして、好きな焼き加減で樽が作れるのもメリットの一つ。

それぞれのワイナリーは好みの焼き加減があるので、微妙な調整ができるのも嬉しい。

でも、最大のメリットは樽の修理がすぐできること!

本来であれば、漏れなどの修理が必要な樽は樽会社に引き取ってもらって、修理という形です。

それが、自社に職人がいると…必要な時に修理ができる!

最大のメリットはこれだと、全てのワイナリーの方がおっしゃってました。

 

最後に

今回はちょっと短い記事になりました。

樽づくりの行程も書きたいけど、写真がない行程もあって…。

絵を描くのが苦手なので、どうしようか悩んでいます。

何かいい解決策をお持ちの方、教えてもらえると嬉しいです。


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

  1. […] (参考;樽工房を持つワイナリー) […]

タイトルとURLをコピーしました