2020年から新醸造施設で醸造、シャトー・ランシュ=バージュ

左岸

2020年に新しい醸造施設で新しく醸造を始めたChâteau Lynch-Bages(シャトー・ランシュ・バージュ)

2021年から見学も可能になっているので、近いうちに訪問してきます。

今回載せている写真は工事直前の2016年のもの。

4年間も工事してたんですね。

今の醸造室、めっちゃモダンでかっこいいので、行ったら写真更新しますね!

歴史

16世紀 Bages(バージュ)のテロワールは記録に残されています。
18世紀 偉大なワイナリーの歴史が始まります。
1749~1824年

ボルドーのネゴシアンで、アイルランド出身のJohn Lynch(ジョン・ランシュ)の息子であるThomas Lynch(トーマ・ランシュ)が所有していました。

彼は懸命に管理し、Cru de Lynch(クリュ・ド・ランシュ)と呼ばれるまでにワインの品質を上げました。

1850年代 Skawinski(スカウィンスキー)によって設計された醸造施設は、当時としてはかなり新しいグラヴィティを使った醸造を可能にするものでした。
1855年

格付けで5級に選ばれました。

1930年代

ネゴシアンCayrou(カイロー)の子孫であるFélix de Vial(フェリックス・ド・ヴィアル)将軍が、サンテステフのChâteau Ormes de Pez(シャトー・オルム・ド・ペ)で農作業をしていたJean-Charles Cazes(ジャン=シャルル・カーズ)にブドウ畑を貸しました。

それ以来、Cazes(カーズ)家がChâteau Lynch-Bages(シャトー・ランシュ=バージュ)を管理しています。

生産ワイン

  • CHÂTEAU LYNCH‑BAGES
  • ECHO DE LYNCH-BAGES

の2種類をここでは生産しています。

Château Lynch-Bages(シャトー・ランシュ=バージュ)はファーストワイン、Echo de Lynch-Bages(エコー・ド・ランシュ=バージュ)はセカンドワインです。

ブドウ畑

メドックの中心、ジロンド川にほど近い場所にワイナリーが位置しています。

100ヘクタールものブドウ畑を持ちます!

ランシュ・バージュの畑は南向きか南西向きの丘に位置しており、太陽の恩恵を存分に受けることが出来ます。

川に向かって自然に水が流れて行くために水はけが良いのも特徴。

  • 73%カベルネ・ソーヴィニョン
  • 15%メルロー
  • 10%カベルネ・フラン
  • 2%プティ・ヴェルド

が栽培されています。

最も古い葡萄は樹齢が60年程度ですが、平均樹齢は30年とボルドーの平均的な樹齢。

Nicolas Labenne(ニコラ・ラベンヌ)筆頭に35人が定期的にブドウ畑を調査しています。

2006年から衛生技術を使って、土壌の品質調査も行っています。

収穫と選果

Franck Debrais(フランク・デブレ)氏率いる35人のチームがワインを造っています。

収穫は手摘みで行われ、その後選果も行います。

醸造施設

私が訪問したのがリフォーム前の2016年なので、古い写真ですが今も昔もステンレスタンクで醸造しています。

タンク内にブドウ/ワインが入っているのは12日程度。

マロラクティック発酵は3分の1がタンク内で、3分の2が樽内で行われます。

熟成

大体11月に熟成が始まり、12月にブレンド行われます。

その後ブレンドの終わったワインはさらに熟成されます。

熟成期間は全部で18か月

新樽使用は75%です。

まとめ

ブドウ品種

73%カベルネ・ソーヴィニョン

15%メルロー

10%カベルネ・フラン

2%プティ・ヴェルド

タンク ステンレスタンク
熟成期間 18か月
新樽使用率 75%

ワイナリー情報

Château Lynch-Bages(シャトー・ランシュ・バージュ)

住所;33250 Pauillac, France

電話;+33 5 56 73 24 00

参考記事

1855年メドック格付けまとめ

ワイナリーSNSまとめ、メドック編

メドック格付けワイナリー、セカンドワインリスト

2009年ボルドー左岸格付け by Liv-ex

2018年野田祥子的メドック格付け

AOCメドックについて

メドック地方の土地柄を詳しく!

メドック格付けワイナリー栽培品種比較 – 格付け毎

メドック格付けワイナリー栽培品種比較 – AOC毎

ボルドー赤ワイン醸造

ワイン醸造:アルコール発酵について。

AOCボルドーで認められている品種(赤/白/ロゼ)

ボルドーワイン=ブレンドワイン

最近のボルドーワインについて

ファーストワインとセカンドワイン…って何?

環境配慮から見るボルドーワイン

材質別タンクのメリット・デメリット

ボルドーでのステンレスタンク

最後に

5級ワイナリーですが、その品質の高さが凄いと評判のワイナリーですよね。

新しくなった醸造施設で、よりその品質が上がるのは間違いないです!

近いうちに訪問して、追記させてもらいますねっ


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください
Instagram
Twitter
レストランブログ
Facebook|Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage|SachiWines 
旧ブログ|レストランブロ
広告

コメント

error: 申し訳ないですが右クリック禁止にしました。データが欲しい方は直接連絡ください。
タイトルとURLをコピーしました