2021年工事が完了した、シャトー・フィジャック

サンテミリオン

書いてないことに気づいてなかったワイナリー、Château Figeac(シャトー・フィジャック)

今年工事を終えて再オープンしましたが、まだ訪問できていないので…写真は工事前のものです。

今年中に訪問するつもりでいるので、また訪問したら更新します!

歴史

2世紀

Château Figeac(シャトー・フィジャック)は2世紀までさかのぼります。

Figeacus(フィジェアクス)家が現在のワイナリーが位置しているばしょにガロ・ローマ様式の建物を建てたことに発します。

1892年 Moanoncourt(マノンクール)家がシャトーとブドウ畑を購入したことにより、わいアンリーの転換を迎えます。
1943年

Thierry Manoncourt(ティエリー・マノンクール)がワイナリーに着任し、ワイナリーの偉大なポテンシャルに気づきました。

ワイナリーは砂利質の上に位置していて、詳しく土壌調査をすると、メルロー30%、カベルネ・ソーヴィニョン35%、カベルネ・フラン35%というサンテミリオンでは特異なブドウの栽培割合になりました。

現在 マダムManoncourt(マノンクール)とその娘たちが現在Château Figeac(シャトー・フィジャック)を経営しています。

生産ワイン

2種のワインを生産しています。

  • Château Figeac(シャトー・フィジャック)
  • Petit-Figeac(プティ=フィジャック)

Château Figeac(シャトー・フィジャック)はファーストワイン

基本的にこの記事で書いているのはこのワインのことです。

Petit-Figeac(プティ=フィジャック)はセカンドワイン

1945年からThierry Manoncourt(ティエリー・マノンクール)氏によってつくられています。

Château Figeac(シャトー・フィジャック)と比べると軽やかで、それでいてファーストワインを髣髴させる後味の長さを持ちます。

Petit-Figeac(プティ=フィジャック)になる特定の区画がある訳ではなく、ブレンド時にファーストワイン、セカンドワインが決定されます。

ブドウ畑

大きな一つのかたまりで54ヘクタール所有しています。

41ヘクタールがブドウ畑で残りは森などの自然です。

表面には石英や火打石を含む砂利が広がり、地中には青い粘土土壌が広がります。

ブドウ品種は

  • 30%メルロー
  • 35%カベルネ・ソーヴィニョン
  • 35%カベルネ・フラン

という右岸では珍しい割合でブドウを栽培しています。

平均樹齢は35年程度。

収穫と選果

手摘みで収穫されたブドウはタンクに入れられ、その後熟成が始まります。

グラヴィティを使って、可能な限りポンプを使わずに醸造を行います。

そのため、醸造タンクの下に熟成セラーがつくられました。

醸造施設

今までは大きな木製タンクステンレスタンクでつくっていました。

が、2021年に新しく完成した醸造施設では8つのフランスオークの木製タンクと、40のステンレスタンクが導入されました。

これらは以前のものより小さく、より小さな区画ごとの醸造を可能にしているとのこと。

今年か来年の頭にはワイナリー訪問したいと思っているので、また訪問したら写真を載せますね。

熟成

熟成セラーも新しくなりました。

タンクの下に醸造セラーが造られ、これによってグラヴィティで醸造の終わったワインを樽に入れることが出来るようになりました。

100%新樽15~18か月熟成です。

まとめ

ブドウ品種

30%メルロー

35%カベルネ・ソーヴィニョン

35%カベルネ・フラン

タンク 木製タンク
熟成期間 15~18か月
新樽使用率 100%

ワイナリー情報

Château Figeac(シャトー・フィジャック)

住所;33330 Saint-Émilion, France

電話;+33 5 57 24 72 26

参考記事

サンテミリオン、最新格付け

サンテミリオン格付けワイナリー、セカンドワインリスト

ワイナリーSNSまとめ、サンテミリオン編

本には載っていないサンテミリオンの格付けについて

サンテミリオンのAOCをひも解く。

ボルドー赤ワイン醸造

ワイン醸造:アルコール発酵について。

AOCボルドーで認められている品種(赤/白/ロゼ)

ボルドーワイン=ブレンドワイン

最近のボルドーワインについて

ファーストワインとセカンドワイン…って何?

環境配慮から見るボルドーワイン

材質別タンクのメリット・デメリット

ボルドーでのステンレスタンク

最後に

最後に訪問したのが2017年。

それから3年強の工事を終えて今年再オープンされました!

行きたいのだけれど、収穫前は公開されておらず…。

ということで今年中に訪問したいと思ってます!

訪問出来たらまた写真公開しますね。

モダンで美しく進化を遂げたワイナリーを見るのは楽しみ!


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください
Instagram
Twitter
レストランブログ
Facebook|Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage|SachiWines 
旧ブログ|レストランブログ
広告

コメント

error: 申し訳ないですが右クリック禁止にしました。データが欲しい方は直接連絡ください。
タイトルとURLをコピーしました