【その2】グランクリュのチョコレート×グランクリュのワインのマリアージュ

左岸

前回に引き続き、ワイナリー主催のワイナリー見学です。

前回の記事;【その1】グランクリュのチョコレート×グランクリュのワインのマリアージュ

ポイヤックから少し南へ行き、サンジュリアンのシャトー・レオヴィル・ポワフェレへ。

レオヴィル・ポワフェレについては、前に記事にしたので、よろしければご覧ください。

前回の記事;サンジュリアン2級シャトー、Château Léoville Poyferré

 

 

ワイナリー到着

ワイナリーに到着して、普段は写真奥の三角屋根のところまで行くのですが…

この日は普段入れない場所へ…!

これだけで気分が高まる。

 

入ったら、こんな感じでセッティングされていました。

ちなみに、立食でランチだというのは事前にお知らせがあったので、椅子は最低限しかありません。

 

まずは色々説明

この写真で喋ってるのは、オーナーのアン・キュヴリエ。

そして、真ん中の背の高い女性がHasnna。

今回のテーマでもあるチョコレートを作っている女性です。

 

Hasnaâのチョコレートについて

テーブルには、ワインとチョコレートが既に準備されていて、食べたい気持ちを抑えながら話を聞く。笑

Hasnnaの話は本当に興味深いものばかり!

彼女はフランスでも珍しいカカオから製品化、販売までを行っています。

(彼女の様に最初から最後まで行っているのはフランス国内で20人程度らしい)

彼女が事業を始めた当時は、他に女性でカカオ豆からチョコレートをつくる人はいなかったそう。

 

彼女はココアバターも使わない、ピュアなチョコレートを作っています。

このグリーンの箱シリーズは、ワイナリーと相談して作ったシリーズ。

赤ワイン×チョコレートって思った以上に面白い!

 

ワインとチョコレートの共通点

ワインって語るときに産地や品種、ビンテージを話しますよね。

チョコレートにも同じように産地や品種、ビンテージがあって、それを見える化したのがこのシリーズ。

どの産地がポワフェレのワインに合うのか、さらに何パーセントのカカオが合うのかを何度も試作してできたチョコレートです。

 

立食ランチ

こんな感じで、一口でパクっと食べれるようになっていました。

料理にもチョコレート/カカオが使われていて、それもすごい面白かった!

何度も何度も回ってきてくれるので、思った以上におなか一杯になりました。

 

ワインガナッシュ×ワイン

今回の一番の目的はこれ!ワインガナッシュ!

チョコレートの中にワインが入っているんです。

マルゴーにはシャトー・マルキドテルムが。

サンジュリアンにはシャトー・レオヴィル・ポワフェレが。

ポイヤックにはシャトー・ペデスクローが。

この日はなかったですが、サンテステフにはシャト・ル・クロックが入ってます。

 

ガナッシュ生産秘話

数年前、Hasnaaが東京のSalon de Chocolatに出店した時のことです。

ボルドーのチョコレート屋さんということで、ワインについて聞かれたり、ワイン入りのチョコレートがないのかを聞かれたそう。

でも、当時は商品がなく…

それでつくってみたんです。ワインガナッシュ。

でもおいしくなかった。

その後、試作を繰り返してできたのが今現在のワインガナッシュ。

結果、使ったワインが重要だということで、グランクリュのワイン×グランクリュのチョコレートが完成したんです!

Hasnaaは日本大好き。数年後には店舗があるかも…?

 

続きはこちら;【その3】グランクリュのチョコレート×グランクリュのワインのマリアージュ


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] 【その2】グランクリュのチョコレート×グランクリュのワインのマリアージュ […]

タイトルとURLをコピーしました