サンテミリオンで家族経営のワイナリー、Château La Tour Figeac

サンテミリオン

サンテミリオンのワイナリー、Château la Tour Figeac(シャトー・ラ・トゥール・フィジャック)

家族経営のワイナリーで、事前にお願いすると食事も食べれるとのことです。(もちろん有料ですが)

都会に行けないし、あんまり旅行もできないので、近場のワイナリーで食事とかしたいなぁ…。

 

 

歴史

1879年

Château Figeac(シャトー・フィジャック)から分裂することで、Château la Tour Figeac(シャトー・ラ・トゥール・フィジャック)の誕生

1973年

Rettenmaie(ロッテンマイエ)家がワイナリーを買収。

1994年

Otto Maximilian Rettenmaie(オット・マキシミリアン・ロッテンマイエ)氏がワイナリーの当主に。

 

生産ワイン

CHATEAU LA TOUR FIGEAC

Château la Tour Figeac(シャトー・ラ・トゥール・フィジャック)はファーストワインです!

この記事でお伝えしているのは、このワインについてです。

L’ESQUISSE DE LA TOUR FIGEAC

L’Esquisse de La Tour Figeac(レスキス・ド・ラ・トゥール・フィジャック)はセカンドワイン。

これも手摘みで、ステンレスタンク醸造。

熟成は12か月、50%が樽、50%がステンレスタンクです。

生産量は2万本程度。

 

ブドウ畑

14.63ヘクタールを所有しています。

シャトー・シュヴァル・ブランまで畑がつながっています。

ブドウ品種は

  • 65%メルロ
  • 35%カベルネ・フラン

カベルネ・フランの割合は他のサンテミリオンのワイナリーよりは多いです。

土壌

土壌はポムロール寄りで、地中に青い粘土を所有しています。

オーガニックで認められている肥料のみを使用しています。

かれこれ20年、化学肥料は使っていません

収穫と選果

収穫は手摘み。

小さな籠に入れて収穫されます。

そして除梗をして選果

醸造施設

タンクはステンレスと木製

醸造中はルモンタージュ機械でピジャージュが行われています。

アルコール発酵後、マロラクティック発酵はタンクと樽で行われます。

若木から採れたブドウはステンレスタンクで。

熟成

樽は3社から購入。

225リットルの樽がほとんどですが、2樽だけ400リットルのものを所有しています。

新樽使用量は50~60%で、熟成期間が15か月です。

まとめ

ブドウ品種

65%メルロ

35%カベルネ・フラン

タンク

ステンレス、木製

マロラクティック発酵

タンク内、樽内

熟成期間

15か月

新樽使用率

50~60%

 

ワイナリー情報

Château la Tour Figeac(シャトー・ラ・トゥール・フィジャック)

住所;3 La Tour Figeac, 33330 Saint-Émilion

電話;+33 5 57 51 77 62

メール;contact@latourfigeac.fr

 

参考記事

サンテミリオン、最新格付け

ワイナリーSNSまとめ、サンテミリオン編

本には載っていないサンテミリオンの格付けについて

サンテミリオンのAOCをひも解く。

ワイン醸造:アルコール発酵について。

AOCボルドーで認められている品種(赤/白/ロゼ)

ボルドーワイン=ブレンドワイン

最近のボルドーワインについて

ファーストワインとセカンドワイン…って何?

材質別タンクのメリット・デメリット

ボルドーでのステンレスタンク

 

最後に

最初にも書きましたが、このワイナリーは家族経営です。

私が行ったときはいつもオーナーさんが案内してくれます!

色んな質問に答えてくれるし、ためになる見学ができます。

あんまり、大々的に見学を受け入れているワイナリーではないですが、連絡すると快く受け入れてくれますよー!


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました