騎士のワイン、ドメーヌ・ド・シュヴァリエ

左岸

ボルドーにしては珍しく、昔ながらの「Domaine(ドメーヌ)」付きの名称を維持しているワイナリーDomaine de Chevalier(ドメーヌ・ド・シュヴァリエ)です。

ここ最近、醸造施設も近代化を行っていて、いつ行っても工事してるイメージ。

グラーヴも近代化の波が押し寄せてきています。

 

 

歴史

17世紀

当時の文献にdomaine de Chivaley(ドメーヌ・ド・シヴァレイ)は家と、外構、庭園、庭、土地、ブドウ畑森と牧草地があったと記されています。

Chivaley(シヴァレイ)はガスコーニュ語で騎士(Chevalier)を意味しますが、なぜその名前が付いたのかその正確な理由はわかりません。

ワイナリーの境界になっている、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路に由来していると言われています。

19世紀後半

グラーヴ地方の西側は、少し前までその大部分が森でした。

そのため、ワイナリーの本当の歴史はこの頃までしか遡れません。

ただ、Domaine de Chevalier(ドメーヌ・ド・シュヴァリエ)が、他のワイナリーが数世紀かけて得た名声を、かなり短い期間で得たことがよくわかります。

1865年

Arnaud Ricard(アルノー・リカール)とJean Ricard(ジャン・リカール)によってワイナリーを買収されました。

 

1983年に別の家族に経営権が移るまで、3人の男性がDomaine de Chevalier(ドメーヌ・ド・シュヴァリエ)を支えました。

まずはJean Ricard(ジャン・リカール)

彼が本当の意味でワイナリーを造ったと言えるでしょう。

義理の息子Gabriel Beaumartin(ガブリエル・ボームマルタン)は40年間ワイナリーの経営をし、真の意味での名声を得ました。

そして最後に35年ワイナリーの経営を行ったClaude Ricard(クロード・リカール)です。

彼はワイン生産者としても評判も素晴らしいものでした。

1953年

グラーヴの格付けに赤ワイン、白ワイン共に選ばれます。

1983年

オー・ド・ヴィとボルドーワイン専門のネゴシアン、Bernard(ベルナール)家がワイナリーを買収します。

120年間に取り組んだ仕事を継続し、品質と遺産の継続的なアプローチを行うことがこの家族の想いです。

彼らはブドウ畑と醸造施設に多大な投資も行いました。

 

生産ワイン

地域的に赤白どちらも生産しています。

  • Domaine de Chevalier(ドメーヌ・ド・シュヴァリエ)
  • L’Esprit de Chevalier(レスプリ・ド・シュヴァリエ)

どちらも赤白造っているので、4つの異なるワインを生産しています。

ブドウ畑

ペサック・レオニャンのワイナリーなので、赤ワインと白ワイン両方造っています。

土壌は砂礫土壌と、石灰土壌を持ちます。

平均樹齢は45年、最も古いものは樹齢65年です。

ボルドーでは平均樹齢30~35年程度が多いので、比較的樹齢の長い樹を所有しているワイナリーです。

ブドウ品種

白ワイン用のブドウ畑を58ha、赤ワイン用を7ha所有しています。

白ワイン用ブドウは

  • 70%ソーヴィニョン・ブラン、
  • 30%セミヨン

を所有していて、赤ワイン用ブドウは

  • 63%カベルネ・ソーヴィニョン
  • 30%メルロー
  • 5%プティ・ヴェルド
  • 2%カベルネ・フラン

が栽培されています。

収穫と選果

収穫は手摘みで、そして選果を人、そして光学選果機を使って行います。

その後フロワーを通してタンク内へ。

醸造施設

コンクリートタンク木製タンクステンレスタンクを所有しています。

コンクリートタンクは孤立している、卵型のものを所有。

これによって攪拌作業を減らすことが出来ます。

そして木製タンクは大体20年物。

100%フランスオークでできていて、なんと樹齢300年以上の樹から造られています。

ステンレスタンクはブレンド用に使用します。

熟成

10社からフレンチオークを購入しています。

アルコール発酵の終わったワインは樽に入れられ、マロラクティック発酵を行います。

熟成時は新樽から2回ワインを熟成した樽までを使用していて、20~30%の使用だそう。

熟成期間は赤ワイン16か月、白ワイン16~20か月

白ワインの熟成期間の長さもペサック・レオニャン地区の特徴です。

まとめ

ブドウ品種

白ワイン

70%ソーヴィニョン・ブラン、

30%セミヨン

赤ワイン

63%カベルネ・ソーヴィニョン

30%メルロー

5%プティ・ヴェルド

2%カベルネ・フラン

タンク

コンクリートタンク、木製タンク

マロラクティック発酵

樽内

熟成期間

白ワイン

16~20か月

赤ワイン

16か月

新樽使用率

20~30%

 

ワイナリー情報

Domaine de Chevalier(ドメーヌ・ド・シュヴァリエ)

住所;102 Chemin de Mignoy, 33850 Léognan

電話;+33 5 56 64 16 16

参考記事

ワイナリーSNSまとめ、グラーヴ編

グラーヴ、ソーテルヌ・バルサックの格付けまとめ

ワイン醸造:アルコール発酵について。

AOCボルドーで認められている品種(赤/白/ロゼ)

ボルドーワイン=ブレンドワイン

最近のボルドーワインについて

ファーストワインとセカンドワイン…って何?

材質別タンクのメリット・デメリット

ボルドーでのステンレスタンク

ボルドーでのコンクリートタンク。

最後に

ドメーヌ・ド・シュバリエいかがだったでしょうか。

ソーテルヌ地方にも辛口白ワイン用の畑を持っていて、そこでつくっている白ワインはタイプが違っておいしい!

グラーヴ地方って、ボルドー訪問の際に後回しにしがち。

やけど、赤白共に知れるし、もう少し南に行けばソーテルヌもあるし、おすすめ地域です!

と言っても私もメドックほどは訪問してないので他にも色々訪問したいと思っています。


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
InstagramTwitter
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました