サンテステフの家族経営のワイナリー、Château Cos-Labory

サンテステフ

シャトー・コス・デストゥーネルのすぐ隣にあるワイナリー、シャトー・コス・ラボリについてお届けします。

家族経営の小さなワイナリーです。

 

 

ワイナリーの立地

メドックは平たんな土地として有名な場所ですが、このシャトー・コス・ラボリは標高22~23メートルの高さにあります。

Cos(コス)というコミューンの中にあるワイナリーです。

このコス、というのはガスコーニュ語で「Caux(コー)」つまり、「石の多い丘」を意味します。

また、このCosには以下5つのワイナリーが畑を持ちます。

  • Château Cos d’Estournel
  • Château Cos-Labory
  • Château Lafon-Rochet
  • Château Lafite Rothchild (5ヘクタールのみ)
  • Château Andron-Blanquet 

簡単に歴史

ワイナリーの名前は、コスの丘と1845年までオーナーだったFrançois Labory(フランソワ・ラボリ)の名前を合わせて、シャトー・コス・ラボリとなっています。

その後、1852年にイギリスの銀行家であるCharles Martyns(チャールズ・マーティン)に売却されるまで、d’Estournel(デストゥーネル)家がオーナーとなります。

その後、George Weber(ジョージ・ウェバー)がオーナーとなり、1959年に娘と、娘婿François AUDOY(フランソワ・オードワ)に引き継がれました。

2000年から長男である、Bernard AUDOY(ベルナール・オードワ)が後を引き継いでいます。

ブドウ畑

畑は16ヘクタール

メドックにしては小さなワイナリーです。

1ヘクタールに8700株植えているので、結構密植されてます。

土壌

サンテステフは粘土と石が多いので、力強く、タンニンの多いワインができます。

ブドウ品種

  • カベルネ・ソーヴィニョン
  • メルロ
  • カベルネ・フラン
  • プティ・ヴェルド

プティ・ヴェルドは2015年からワインに反映されています。

 

醸造施設

タンクはすべてステンレスタンク

横幅が広いものを使っています。

発酵

アルコール発酵は23度~26度。

攪拌作業はデレスタージュを行います。

そして、少しだけルモンタージュ

デレスタージュ、久しぶりに出てきました。

詳しく知りたい方は;ワイン醸造:アルコール発酵について。をご覧ください。

その後、醸しを3~4週間行います。

 

マロラクティック発酵

さらに、マロラクティック発酵を。

ワインの50%はタンク内で、50%は樽内で行います。

マロラクティック発酵に使う樽は新樽を使います。

そして、発酵中のウイヤージュは週に2回。

熟成

10社から樽を購入しています。

澱引きは3か月に1回。

熟成期間

  • 50%新樽使用
  • 50%1度熟成した樽使用

を使用しています。

そして14か月熟成。

最後に

シャトー・コス・デストゥーネルのすぐ横にあるワイナリー。

あまり目立ちませんが、今も家族経営を続けるところで、小さいながらに素晴らしいワインを造っています。

一般向けに見学をしていて、オーナーさん自ら見学をしてくれます。

ワイナリーから見る畑も美しいので是非!

 

参考記事

1855年メドック格付けまとめ

メドック格付けワイナリー、セカンドワインリスト

ワイナリーSNSまとめ、メドック編

カベルネとメルロー、左岸と右岸の違い。

メドック地方の土地柄を詳しく!

2018年野田祥子的メドック格付け


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

  1. […] Château Cos-Labory […]

タイトルとURLをコピーしました