サンジュリアン、シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ

サンジュリアン

1855年のメドック格付けには、「レオヴィル」と名の付くワイナリーが3つあります。

その内のひとつ、シャトー・レオヴィル・ラス・カーズの特集です!

(参考;サンジュリアン2級シャトー、Château Léoville Poyferré

(参考;レオヴィル3兄弟最後、シャトー・レオヴィル・バルトン特集

 

 

簡単に歴史

最初に畑を持ったのは1604年のこと。

1640年にMoytie一族がワイナリーを購入します。

当時は120ヘクタールもの畑を持つ、メドックで一番大きなワイナリーでした。

その当時の名前はDomaine de Léoville(ドメーヌ・ド・レオヴィル)だったといわれています。

その後、1826年に3つのワイナリーに分かれました。

これについては、ポワフェレの記事で書いているので、そちらをご覧ください。

(参考;サンジュリアン2級シャトー、Château Léoville Poyferré

100haのうち55haをPierre de Las Cases(ピエール・ド・ラス・カーズ)が相続し、今までのワイナリー名+自分の名前を付けてChâteau Léoville Las Cases(シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ)が誕生しました。

ちなみに、レオヴィル・バルトンは25ha、レオヴィル・ポワフェレは20haを買収、相続しました。

ドメーヌ・デュロンについて

今現在のオーナーはDomaines Delon(ドメーヌ・デュロン)

ここサンジュリアン以外にもポムロールのChâteau Nénin(シャトー・ネナン)、アペラシオン・メドックのChâtaeu Pedensac(シャトー・ポドンサック)を所有しています。

シャトー・ポドンサックはレオヴィル・ラス・カーズから10キロメートルほど北に離れたところに畑を持ちます。

畑面積は全部合わせて220ヘクタール

収穫時には、3つのワイナリー合わせて100名もの季節労働者がやってきます。

ラスカーズが求めるワイン

ボルドーらしいしっかりとした赤ワインよりも、綺麗な酸が特徴です。

木の香りや、凝縮感は控えめに、ミネラルとフレッシュさを求めてワインを造っています。

 

畑について

今現在、シャトー・レオヴィル・ラス・カーズは98ヘクタールもの畑を持っています。

オリジナルの畑はシャトー・レオヴィル・ラス・カーズを生産していて、後に購入した内陸にある畑でクロ・デュ・マルキを生産しています。

これについては、「セカンドワインとクロ・デュ・マルキ」で書いているので、読み進めてもらえると嬉しいです。

ブドウ品種

98haある畑のうち、

  • 65%カベルネ・ソーヴィニョン
  • 24%メルロ
  • 11%カベルネ・フラン

です。

シャトー・レオヴィル・ラス・カーズの畑は川の近くにあり、石が多い貧しい土壌です。

それが故にカベルネ・ソーヴィニョンの割合が高いワインを生産しています。

 

収穫

収穫は手摘みで、ポルトガルやスペインから収穫者がやってきます。

この収穫者たちは、何世代にもわたってシャトー・レオヴィル・ラス・カーズのブドウを収穫してきた信用のおける人たちです。

選果

レーザーを使った選果機を利用しています。

選果をしっかり行い、選ばれたブドウだけがタンクの中に入れられ、醸造が始まります。

 

タンク

シャトー・レオヴィル・ラス・カーズでは、3種類のタンクを使用しています。

  • 1960年代に購入した木のタンク
  • 1970年代に購入したコンクリートタンク
  • 1980年代に購入したステンレスタンク

です。

  • 木のタンクは「シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ」のワイン
  • コンクリートタンクは「プティ・リオン」と「クロ・デュ・マルキ」のワイン
  • ステンレスタンクも同じく「プティ・リオン」と「クロ・デュ・マルキ」のワインの生産とブレンド用

に使っています。

発酵

アルコール発酵は8日から12日程度。

その間、ルモンタージュを行うのですが、1日に3度しか行いません。

力強いワインで有名なポイヤックでは、1日に7~8回行うところもあるので、ラス・カーズの回数の少なさがわかってもらえるかと思います。

その後、醸し期間が12~18日程度。

さらに、2~4週間程度のマロラクティック発酵です。

このマロラクティック発酵はタンクの中と、樽の中とどちらでも行います。

 

プレスワイン

シャトー・レオヴィル・ラス・カーズはプレスワインにもこだわりがあります。

タンクに残った果帽のうち、一番上と一番下は水分が少なすぎるか、多すぎるかのどちらか。

なので、水平の圧搾機でプレスワインを抽出します。

逆に、果帽の中央部分は品質がいいものなので、垂直の圧搾機を使って、慎重に抽出していき、ワイナリーのワインに最後ブレンドされます。

 

熟成

年によってばらつきがあるそうですが、例えば2018年のシャトー・レオヴィル・ラス・カーズは90%新樽使用で、20か月熟成です。

ブレンド

9月中旬に行われます。

地下に55ヘクトリットルのタンクがあり、その中で行われるとのこと。

 

瓶詰め

最近、ボルドーでは瓶詰め業者に頼んで瓶詰めをするワイナリーが多くなってきました。

でも、ここシャトー・レオヴィル・ラス・カーズでは自社で瓶詰めの機械を持っているので、好きなタイミングで瓶詰めを行えます。

 

セカンドワインとクロ・デュ・マルキ

メドックのセカンドワインをまとめた時にも軽く触れましたが、

クロ・デュ・マルキはセカンドワインではありません!!

(参考;メドック格付けワイナリー、セカンドワインリスト

  • 「Château Léoville Las Cases(シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ)」のセカンドワインは「Petit Lion(プティ・リオン)」で
  • 「Clos du Marquis(クロ・デュ・マルキ)」のセカンドは「La Petit Marquis(ラ・プティット・マルキ)」です。

ん?何が違うの?って感じですよね。

実は畑が違うんです。

川沿いにあるオリジナルの畑で採れたブドウで造っているのが「Château Léoville Las Cases(シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ)」と「Petit Lion(プティ・リオン)」。

少し内陸にある、もともと森だったところを切り開いた畑で採れたブドウで造っているのが「Clos du Marquis(クロ・デュ・マルキ)」と「La Petit Marquis(ラ・プティット・マルキ)」です。

なので、それぞれ全く別のワインなんです。

最後に

ちょっと長くなってしまいました。

折角なので、もう一つのレオヴィル、シャトー・レオヴィル・バルトンについても記事を書こうと思っておりますので、ご覧いただけると嬉しいです。

 


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

  1. […] サンジュリアン、シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ […]

  2. […] Château Léoville-Las Cases […]

タイトルとURLをコピーしました