野田祥子的ベストワイン2020

商品レビュー

勝手に紹介、ベストワイン2020年!

2020年に頂いた中で、記憶に残ったワインをご紹介します。

ランキング形式の方がわかりやすいかなぁと思ったのですが、順位付けるの難しかったのでご勘弁を。

「ワイン」というくくりなので、赤白ロゼ泡ごちゃまぜです。

 

 

ボルドーワイン

地域ごとにご紹介したいと思います。

ボルドーワインに限っては「今年初めて訪問した」ワイナリーに絞り、その中からお気に入りを選んだので2件だけです。

試飲や購入して飲んではいたものの、訪問するとやっぱり違うっていつも思う。

なので格付けワイナリーは載せておりません。

記事の最後にずっと好きなワインたちも載せてるので、もしよかったらそちらもご覧ください。

Château Lilian Ladouys

まずはメドック・サンテステフからChateau Lilian Ladouys(シャトー・リリアン・ラドゥイス)です。

ワイナリー名はシャトー・リリアン・ラドゥイ”ス”とのこと。

フランス語発音やったら、最後の「s」は発音せぇへんけど、ここは例外。

マスタークラスに参加したり、ワイナリーにお邪魔したりと、今年はなんだかクリュ・ボルジョワな1年でした。

シャトー・ペデスクローには何度もお邪魔していましたが、ここは初めて訪問してすごく良かった!

皆さんにご紹介したいワイナリーの一つになりました。

サンテステフらしさもありながら、華やかなワイン。

個人的には今年のNo1ボルドーワインでした。

Château d’Aiguilhe

カスティヨンからChâteau d’Aiguilhe(シャトー・デギュイユ )

ネイペルグ伯爵の所有ワイナリーです。

ここはChâteau Canon la Gaffelière(シャトー・カノン・ラ・ガフリエール)見学時に試飲できるのですが、見学受け入れるようになったよ!とお知らせ頂いたので行ってきました。

カスティヨンも最近狙ってる地域の一つ。

サンテミリオンと土壌は似ているものの、土地代が違うから質の高いものが比較的安く手に入るなぁと。

ただ、情報があんまりないのよね。

カスティヨン1日訪問しまくる日とか作りたい。

ワインについては、そもそも私はネイペルグ伯爵ワイン好きなの。

どの地域のワインも外れがない。

畑にかなりこだわってるし、真摯にワイン造りに向き合ってる。

フレッシュさとフルーティーを兼ね備えたワイン。

 

シャンパーニュ

シャンパーニュからは2本。

今年の11月訪問予定やったのに、コロナのせいで訪問できず…。

訪問してたらここに書きたいシャンパーニュも変わってたのかなぁと思う。

Champagne Laherte Frères

Champagne Laherte Frères(シャンパーニュ・ラエルト・フレール)のロゼ!

1回目のロックダウンの時、もう無理!吐きそう!助けて!シャンパーニュ!ってなった時に(笑)ネットで買った。

ここのメゾンのシャンパーニュをいくつか買った中でこのRosé de Meunier EXTRA‑BRUT(ロゼ・ド・ムニエ・エクストラ・ブリュット)が一番お気に入りやった。

その名の通り、ピノ・ムニエ100%で造られたシャンパーニュです。

しっかり華やかで、でもしっかり辛い。

ちなみに、私は辛くてフルーティーなものが好きです。

この後また同じものを買って、家で眠ってる。笑

そして来年こそは訪問したい!

Champagne Deutz

有名なChampagne Deutz(シャンパーニュ・ドゥーツ)の、Amour de Deutz(アムール・ド・ドゥーツ)です。

これだけお値段どどどーんと上がるけど許して。

数年前、夫とパックスした時に友人がプレゼントしてくれたもの。

化粧箱に入って、グラス付きで、大切に大切にしてたの。

今年はレストランも行かれへんし、これを飲むタイミングが来たんじゃないかと2人で納得。

食事もしっかり時間をかけて作って、ゆっくりゆっくり頂いた。

友人はもうボルドーにおらんねんけど、飲んでる写真を送り付けた。笑

皆でボルドーで飲んでた時のことを思い出しながら、良い食事が出来たのはこのシャンパーニュのおかげ!

 

日本

日本ワイン飲むんですか?って聞かれるけど、時々飲んでます。

そして日本に帰ったら生産者さん訪問したり、日本ワインを買ってきて飲んだり、色々してます。

賛否両論あるやろうし、私も思うところがあるワイナリーもあるけど、それはどの国も一緒よね。きっと。

ってことで、今回は日本で飲んだワインたちと、フランスで飲んだ1本を。

Vino della Gatta SAKAKI|坂城葡萄酒醸造株式会社

春の一時帰国で、思い出に残った夜は間違いなくVino della Gatta SAKAKI|坂城葡萄酒醸造株式会社

夫婦で坂城にお邪魔させてもらって、成澤さんご夫婦と食事させてもらった。

私もフランス人夫も大絶賛の日本ワイン!

坂城にお邪魔させてもらうのは初めてで、畑やワイナリーも見せてもらい、写真のラインナップ+シードルを頂いた。

はぁぁぁぁ、最高すぎる夜やった。

雪降ってたんやけど、その雪も長野の夜を演出してくれた感じで、凄く印象に残ってる。

次はネコノワインにもお邪魔させてもらいたい…!

丸藤葡萄酒工業株式会社

ルバイヤートのメルロー2007は1度目のロックダウン中に頂いた。

数年前にワイナリーにお邪魔した時に購入させてもらったものを、フランスに持ってきて家で飲んだ。

ルバイヤート、プティ・ヴェルドが飲みたかったんやけど、それだけのために日本に帰る訳にもいかず(笑)家にあったメルローを頂いた。

しなやかなワイン。

訪問した日が懐かしい…!

また山梨行きたいなぁ。

 

ずっと好きなワインたち

今年初めて飲んだ、とかではなくここ数年毎年頂いているワインをご紹介します。

箱で買ってたり、愛着があったり、色々です。

Château Pontet-Canet

書かなかったら心配されるかと思って…笑

Château Pontet-Canet(シャトー・ポンテ・カネ)です。

ポンテカネ好きを公言してますが、実はメドックの中ではポイヤックそれほど好みではありません。

(メドックワイン全般好きなことを前提に)

ポイヤック好きはポンテカネを飲まなくても人生損しないと思います。笑

今のスタイルのポンテカネを飲みたい方は2012年以降を。

Château La Louvière

Château La Louvière(シャトー・ラ・ルヴィエール)はLurton(ルリュトン)一族所有ワイナリーの一つ。

その中でも、格付けに選ばれていないこのワイナリーが一番好みです。

セカンドワインは毎年白赤箱買いするし、それで足りないからスーパーでも買う。笑

ファーストワインは毎年数本購入して、寝かしております。

いつか飲む日を楽しみにしてるワインの一つ!

Domaine de la Mondorée

Domaine de la Mondorée(ドメーヌ・ド・ラ・モンドレ)の中でもタヴェルが推し!

ロゼワインってそんなに飲まんのやけど、飲むなら食事にあうロゼが好き。

このワインをあまり薦めていない理由の一つに、好きだからというのがある。笑

好きやからみんなに知ってほしいけど、自分も買いたいからあんまり有名になってほしくないワイン。

Tavel(タヴェル)以外もあるけど、推しはタヴェル!誰が何を言ってもタヴェル!

これ、私飲んだ時写真撮ってなかったらしい…。

昔の写真見つけたら載せます。

 

参考記事

コスパのいいおすすめワイナリー、Château Lilian Ladouys

最新の技術?メドック格付け、Château Pédesclaux

ネイペルグ伯爵所有ワイナリー、Château d’Aiguilhe

ネイペルグ伯爵ワイナリー、Château Canon la Gaffelière

私の好きなワイナリーの一つ、Château La Louvière

アンドレ・ルリュトン氏の死去

 

最後に

2020年は試飲会もほとんどなかったし、新しく飲んだワインが少ない年でもあったなぁと。

ワイナリー訪問もほとんど行けず、やっぱり例外的な1年。

来年はどんな年になるんだろう、どんなワインに出会えるんだろう、とワクワクしております。

既にオンラインマスタークラスとか予定にあるし、今年よりはいい年になるのでは?と思ってる!

家にワイン送ってくれて、オンラインでワイナリー訪問しながら飲めるらしい。

ボルドーのワイナリー、来年は超小規模生産者さんたちのところに行きたい。

これだけ日本に帰ってないのも久しぶりやから、次帰ったら色々訪問したいと思います!楽しみ!


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
InstagramTwitter
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました