サンテステフの黄色い建物、シャトー・ラフォン・ロシェ

左岸

次はサンテステフのワイナリー、Château Lafon Rochet(シャトー・ラフォン・ロシェ)について!

このワイナリーは、Tesseron(テスロン/テセロン)一族の持ち物ですが、Château Pontet-Canet(シャトー・ポンテ・カネ)やCognac Tesseron(コニャック・テスロン)と経営は全く別です。

今回も、私が見学して知ったことを記事にしていきますので、どうぞお付き合いください。

歴史

17世紀

Antoinette de Guillemotes(アントワネット・ド・グィエモット)がDomaine Rochet(ドメーヌ・ロシェ)の当主でした。

彼女はEtienne de Lafon(エティエンヌ・ド・ラフォン)と結婚し、ワイナリー名をChâteau Lafon-Rochet(シャトー・ラフォン・ロシェ)と変更しました。

1855年

格付けで4級に選ばれます。

1960年

Guy Tesseron(ギュイ・テスロン)氏が当主に。

1999年

Guy Tesseron(ギュイ・テスロン)氏の子供たちMichel Tesseron(ミシェル・テスロン)とCaroline Paniatowski(カロリーヌ・パニアトウスキ)がワイナリーを継ぎます。

2000年

後にも書いていますが、シャトーの色を変更します。

2007年

Michel Tesseron(ミシェル・テスロン)氏の息子Basile Tesseron(バジーユ・テスロン)がワイナリーを相続します。

2014~2016年

こちらも後に詳しく書いていますが、醸造室を新しくします。

1つはステンレスタンクのみ、1つはコンクリートタンクのみの醸造室です。

2016年

工事が終わったこともあり、ワイナリーの一般公開を開始します。

建物について

黄色い建物が特徴的なシャトー・ラフォン・ロシェ。

元々はこんな色ではありませんでした。

何色だったんでしょうか。

実は、コンクリート打ちっぱなしのグレーの建物でした。

色の実験

1999年に建物を緑色黄色赤色の3色に塗りました。

自然とのコントラストなどを実際に見て、何色が一番合うのかという実験です。

(色を本当に塗るってすごい…!)

そして決まった色が黄色

色を変更

2000年にシャトーの色、ラベルの色共に黄色に変更されました。

それ以前のラベルはボルドーのクラシックなラベルで、印象がガラッと変わりました。

畑について

持っている畑は40ヘクタール

この40ヘクタールはひと塊になっているので、収穫のときはとても楽だそう。

こちらのYouTube動画がわかりやすいので、もしよければどうぞ。

Pierre Le Hongという方で、ワイナリーから依頼を受け色々な3D動画をつくっている方です。

 

ブドウ品種

ボルドーで認められている品種のうち、4品種を植えています。

  • 60%カベルネ・ソーヴィニョン
  • 30%メルロ
  • 5%カベルネ・フラン
  • 5%プティ・ヴェルド

カベルネ・ソーヴィニョンは丘の上、地表に石が広がっているところ、

メルロは丘の下、粘土土壌のところに基本植えられています。

平均樹齢が35年。

一番古いものが75年程度だそうです。

収穫から醸造まで

収穫は40名くらいの収穫者と共に2~3週間かけて手摘みで行われます。

選果はまず人力、その後除梗をし、2013年から光学の選果機を導入しました。

醸造室について

こちらも最近リフォームされました。

工事前と後で何が変わったのでしょうか。

工事の前と後

工事以前は100%ステンレスタンクでしたが、2015年以降は新しくコンクリートタンクが導入されました。

それ以降は50%ステンレスタンク、50%コンクリートタンクでワインを製造しています。

このコンクリートタンクは北イタリア製で、最後の仕上げはワイナリーで行われました。

(壁に接続されている、移動不可能なタンク)

コンクリートタンク

41基タンクがあるので、41区画分コンクリートタンクで醸造します。

厚さが15センチもあるので、外気の温度変化の影響を受けにくいというメリットがあります。

こちらで造ったワインはフルーティーさや若々しさを持つものになるそう。

ステンレスタンク

ステンレスタンクはコンクリートタンクより小さいです。

シャトー・ラフォン・ロシェで使っているものは、最大で100ヘクトリットル。

1区画1タンクでの醸造そしているので、コンクリートタンクで醸造できない小さい区画を主に醸造しています。

ステンレスタンクもコンクリートタンク同様、温度管理をしっかりしていますが、

ステンレスタンクの方が希望の温度へ持っていきやすいです。

簡単に醸造

醸造はクラシックなもの。

アルコール発酵とマロラクティック発酵はタンクの中で行われ、計1か月半ほどタンクの中にワイン(ブドウ)が入っています。

アルコール発酵中は1日に2~3回ルモンタージュを行います。

先ほどと同じPierre Le Hongさんの動画。

こちらで土壌から醸造までを映像で見ることができます(英語)

熟成セラー

ボルドーの多くのワイナリーと同様に、1年目の熟成室と2年目の熟成室を持ちます。

1年目の熟成室はミッシェル・テスロンの時代、1990年に建てられたもので

2年目の熟成室は300年前に造られたもので、ワイナリー内で一番古い建物です。

樽について

焼きは軽め。

100%フランス産のオーク樽を使用していて、11社の樽会社と契約しています。

2016年からはアンフォラを使い始めているのも特徴。

 

 

まとめ

ブドウ品種

60%カベルネ・ソーヴィニョン

30%メルロ

5%カベルネ・フラン

5%プティ・ヴェルド

タンク ステンレス、コンクリート
マロラクティック発酵 タンク内

ワイナリー情報

Château Lafon Rochet(シャトー・ラフォン・ロシェ)

住所;Blanquet Ouest, 33180 Saint-Estèphe

参考記事

大好きなワイナリー、シャトー・ポンテ・カネについて

大好きなテスロン一族のコニャック、Tesseron

1855年メドック格付けまとめ

ワイナリーSNSまとめ、メドック編

メドック格付けワイナリー、セカンドワインリスト

2009年ボルドー左岸格付け by Liv-ex

2018年野田祥子的メドック格付け

AOCメドックについて

メドック地方の土地柄を詳しく!

ワイン醸造:アルコール発酵について。

AOCボルドーで認められている品種(赤/白/ロゼ)

ボルドーワイン=ブレンドワイン

最近のボルドーワインについて

ファーストワインとセカンドワイン…って何?

材質別タンクのメリット・デメリット

最後に

シャトー・ラフォン・ロシェは最近徐々に進化しているワイナリーです。

2015年ビンテージ以降はコンクリートタンクも導入され、エレガントなワインが造られています。

今後が楽しみなワイナリーの一つ。


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

  1. […] Château Lafon-Rochet […]

タイトルとURLをコピーしました