ボルドーでビオディナミックと言えばここ、le Puy

その他右岸

今までは格付けワイナリーだったり、有名どころに沢山お邪魔していましたが、最近は気になっていたところに色々お邪魔しています。

今回ご紹介するのがLe Puy(ル・ピュイ)

ワイナリー側がChâteau le Puy(シャトー・ル・ピュイ)ではなくLe Puy(ル・ピュイ)を推奨しているので、この書き方でお届けしたいと思います。

 

 

歴史

1610年

この頃から現在のオーナーであるAmoreau(アモロー)家によって経営されているワイナリーです。

現在まで15世代続いています。

 

Jean Pierre Amoreau(ジャン・ピエール・アモロー)はワイン生産者のPierre-Robert Amoreau(ピエール・ロベール・アモロー)と妻Paule(ポール)の息子です。

彼は1962年から89年まで鉄鋼技師として働きながら、ワイン生産にも定期的に参加していました。

1990年

父Pierre-Robert Amoreau(ピエール・ロベール・アモロー)の後を継ぎ、家族経営のワイナリーChâteau le Puy(シャトー・ル・ピュイ)の当主になります。

1990年代

長く、オーガニック栽培を行っていたワイナリーが、ビオディナミック栽培へと移行します。

現在に至るまで、持続可能な農業システムを続けています。

 

Jean Pierre Amoreau(ジャン・ピエール・アモロー)は息子のPascal Amoreau(パスカル・アモロー)と共にワイナリーを経営しています。

2012年

INAOにAOC le Puyを申請

3~4ヘクタールの畑内で生産されたものだけの申請をしているそうですが、まだ認定は得ていません。

2013年

彼らはHarold Langlais(アロルド・ラングレ)をパートナーとし、ワイナリーCloserie Saint-Roc(クロゼリー・サン・ロック)の経営を始めます。

Closerie Saint-Roc(クロゼリー・サン・ロック)もLe Puy(ル・ピュイ)同様、ブドウ畑から醸造、熟成まで化学物質を一切使っていません。

2017年

Vin de France(ヴァン・ド・フランス)としてワインを生産することにしました。

独自の思いでワインを造っていることと、昔のブドウ品種であるCastet(カステ)を使用しているのでボルドーワインとしてのワイン造りをやめました。

 

ブドウ畑

ジロンド県で一番標高が高いところに畑を持つワイナリーの一つです。

標高110メートル

いやいや、めっちゃ低いやんって思うかもしれないですが、ボルドーではかなり高いです!

葡萄の成熟も遅く、酸も高いので赤ワインにもってこいだそう。

土壌は赤い粘土が多く、その下に石灰が広がっています。

ブドウ品種

100ヘクタールの敷地を持っていて、ブドウ畑は55ヘクタールです。

いくつかのワインを生産していて、それぞれ専用のブドウ畑を所有しています。

Emilien(エミリヤン)

  • 85%メルロ
  • 7%カベルネ・ソーヴィニョン
  • 6%カベルネ・フラン
  • 1%マルベック
  • 1%カルメネール

Barthélemy(バルテルミー)

  • 85%メルロ
  • 15%カベルネ・ソーヴィニョン

ロゼワイン

  • 100%メルロ

栽培方法

ビオディナミの認証をとれる時には、既にビオディナミとしてのブドウ栽培をしていた珍しいワイナリーです。

1990年代から5頭の馬もいて、ブドウ畑で働いています。

醸造方法

全てコンクリートタンクです。

除梗をせず、しかも蓋をあけっぱなしにしてアルコール発酵を行います。

ん?って思いますよね。私も思ってる。笑

わざと酸化をさせながらワインを造るそうで、果梗の層がワインを守ってくれるとのこと。

昔から造り方は変えていないとのことです。

熟成

ワインそれぞれで熟成の方法等が異なります。

Emilien(エミリエン)

樽と50ヘクトリットルの大樽で12か月熟成です。

大樽は15あって、樽はボルドーの225リットル。

Barthélemy(バルテルミー)

赤ワインなのにバトナージュを行います。

1週間で10回バトナージュしたり、15日間何もせず寝かせたり、色々しています。

試飲をしながら作業を決定しているそう。

聞けば聞くほどこのワイナリーは面白い。

亜硫酸は一切添加しておりません

まとめ

ブドウ品種

Emilien(エミリヤン)

85%メルロ

7%カベルネ・ソーヴィニョン

6%カベルネ・フラン

1%マルベック

1%カルメネール

Barthélemy(バルテルミー)

85%メルロ

15%カベルネ・ソーヴィニョン

ロゼワイン

100%メルロ

タンク

コンクリートタンク

 

ワイナリー情報

Château le Puy

住所;Puy 1, 33570 Saint-Cibard

電話;+33 5 57 40 61 82

メール;contact@chateau-le-puy.com

最後に

今回はかなり珍しいボルドーのワイナリーでした。

有名ワイナリーなのでご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ボルドーのワイナリーなのにフランスワインとしてリリースしてたり、ワイナリー名のAOCを取得しようとしていたり、ワインの製造過程でも斬新なワイナリーです。

見学しててもすごい楽しかった!また行きたいと思っています!

 


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました