美しい醸造施設を持つ、Château Soutard

サンテミリオン

以前、インスタ映えするボルドーワイナリー4選を書いた時にも選んだワイナリー、Château Soutard(シャトー・スータール)

ワイナリー内にショップもあって、ワイン以外にも色々売っています。

サンテミリオンの町から歩いて行けるワイナリーの一つ!

 

 

歴史

1513年

Mayne de Soutard(マイネ・ド・スータール)によるBourdieu(ブルデュー)記載(農場と製粉所の周りにあるガスコーニュのワイナリー)によって、この年までさかのぼることが出来ます。

1699年

サンテミリオンの市役人だったJean Couture(ジャン・クチュール)がワイナリーを購入しました。

1741年

Jean Couture(ジャン・クチュール)の娘Marie(マリー)が城を建てました。

 

彼らの子孫が城を飾り、畑仕事に没頭し、Soutard(スータール)はブドウの木を列に植えた最初のワイナリーの一つです。

19世紀

サンテミリオン最大の経営者の一人であるJean Lavau(ジャン・ラヴァウ)がこのワイナリーに利潤をもたらしました。

1919年

ワイナリーがMichel des Ligneris(ミシェル・デ・リグネリス)に引き継がれました。

そして、彼の子孫が1世紀弱の間このワイナリーを経営していました。

2006年

Château Soutard(シャトー・スータール)は既に Château Larmande(シャトー・ラルマンド)とChâteau Grand Faurie La Rose(シャトー・グランド・フォリー・ラ・ローズ)を所有しているフランスの主要な社会保護グループであるLa MONDIALE(AG2R LA MONDIALE組合)に買収されました。

 

AG2R LA MONDIALEグループは買収からすぐ、城の復元したいと考えていました。

若い建築家Fabien Pédelaborde(ファビアン・ペデラボルデ)はSoutard(スータール)の精神を守りながら、地元の職人と協力して改修工事を行いました。

改修工事は新しい醸造施設や受付も含みました。

2009年

すぐ近くのChâteau Cadet-Piola(シャトー・カデ・ピオラ)がワイナリーに吸収され、畑が60ヘクタールになりました。

その内、サンテミリオン台地にある30ヘクタールがChâteau Soutard(シャトー・スータール)用のブドウを生産していました。

2012年

この年の格付け以来、Château Cadet-Piola(シャトー・カデ・ピオラ)はChâteau Soutard(シャトー・スータール)の一部となりました。

2014年

改修工事はお城に及び、18世紀の美しさを取り戻しました。

2015年9月

改修工事が終わりました。

これにより、寝室3部屋、セミナールーム、図書室、リビング、素晴らしい庭が完成し、友達や顧客、観光客がこの素晴らしいワイナリーを訪問することが可能になりました。

 

生産ワイン

CHATEAU SOUTARD

Château Soutard(シャトー・スータール)はファーストワインです。

比較的樹齢の高い樹から採れたブドウを使用して造られます。

PETIT SOUTARD

Petit Soutard(プティ・スータール)はセカンドワイン。

比較的樹齢の若い樹から採れたブドウを使用して造られます。

 

ブドウ畑

30ヘクタールの畑を所有しています。

サンテミリオンの平均は7ヘクタール程度と言われているので、大きなワイナリーの一つです。

ブドウ品種は

  • 63%メルロ
  • 28%カベルネ・フラン
  • 7%カベルネ・ソーヴィニョン
  • 2%マルベック

平均樹齢が35年で、一番古いものが80年です。

収穫と選果

収穫した後は糖度によって選果を行います。

沈んだものは糖が高いので木製タンクに入れられ、浮いたものはステンレスタンクに入れて醸造をします。

醸造施設

ステンレスタンクと木製タンクを所有しています。

このステンレスタンクを置いてある部屋が一番映える!

アルコール発酵は10~20日くらい行われます。

熟成

全てフランスのオーク樽を使用しています。

8社から樽を購入しています。

マロラクティック発酵は樽内で行います。

熟成中は定期的に澱引きとウイヤージュも行います。

そして、熟成期間は18か月、60%新樽使用で、熟成後にブレンドを行います。

まとめ

ブドウ品種

63%メルロ

28%カベルネ・フラン

7%カベルネ・ソーヴィニョン

2%マルベック

タンク

ステンレスタンク

木製タンク

マロラクティック発酵

樽内

熟成期間

18か月

新樽使用率

60%

 

ワイナリー情報

Château Soutard(シャトー・スータール)

住所;Soutard, 33330 Saint-Émilion

電話;+33 5 57 24 71 41

メール;contact@soutard.com

参考記事

サンテミリオン、最新格付け

ワイナリーSNSまとめ、サンテミリオン編

本には載っていないサンテミリオンの格付けについて

サンテミリオンのAOCをひも解く。

ワイン醸造:アルコール発酵について。

AOCボルドーで認められている品種(赤/白/ロゼ)

ボルドーワイン=ブレンドワイン

最近のボルドーワインについて

ファーストワインとセカンドワイン…って何?

材質別タンクのメリット・デメリット

ボルドーでのステンレスタンク

 

最後に

サンテミリオンの町からも歩いて行けるワイナリーで、ショップも充実してるからお土産を買いたいときにもおすすめ!

スータールの古いビンテージワインも買うことが出来ます。

見学はグループ見学だけなのがちょっと残念やけど、美しく進化したワイナリーの見学はいかがでしょうか。


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました