ボルドーでのコンクリートタンク。

ワインの造り方

少し前にツイッターで質問があったので、記事にしてみることにしました!

今回は「コンクリートタンク」に焦点を当てたいと思います!

 

 

ざっくりタンクの説明

コンクリートタンクの説明の前に、ワインにおけるタンクの役割を。

ぶどうジュースがワインになるためには「発酵」という作業が必要です。

(酵母の力で糖がアルコールに変わる化学反応)

この「発酵」を行うときに使われるのがタンク。

ステンレスやコンクリート、木など材質は様々で、ワイナリーの伝統や哲学、造りたいワインなどどの材質を使うかが決められます。

今回はそのうちの一つ「コンクリートタンク」のお話です。

 

ボルドーにおけるコンクリートタンク

国や地域によってもちろん違うので、ボルドー地方では、という形で読んでいただければと思います。

ちなみに、ボルドーの地域については以前かいた記事;ボルドーのワイン生産地を知るをどうぞ

 

コンクリートタンクのメリット/デメリット

色々なタンクがある中でコンクリートタンクを選ぶ理由は何でしょうか。

他の材質同様、メリット/デメリットが存在します。

それらを簡単にご紹介します。

 

コンクリートタンクのメリット

なんと言っても、内部の温度変化の少なさ

コンクリートタンクは壁が厚いので、外気の影響を受けにくいです。

これがコンクリートタンクの圧倒的なメリットですね!

また醸造用タンクとしても、貯蔵用タンクとしても使えるのもメリットです。

 

コンクリートタンクのデメリット

分解できないので、運びづらい事が一番です。

ちなみにですが、木のタンクは設置場所で組み立てが可能です。

 

旧式タンクと新式タンク

旧式コンクリートタンク

昔はコンクリートタンク自身が壁になっているスタイルのものが多かったです。

というか、壁にタンクが接着しているイメージ。

そして内部は樹脂加工されていることが多いです。

タンク同士が接しているので、隣のタンクから温度の影響を受けるのがデメリット。

そして樹脂加工されている=タンク外の影響を受けません

つまり、タンクに入っている限り酸素との接触は殆どありません。

 

ちなみにこの写真は、シャトー・オー・バージュ・リベラル。

外壁は塗り替えてますが、内部は昔のまま使っているそうです。

 

新式コンクリートタンク

最近のコンクリートタンクはこんな感じです。

見てわかる通り、個別のタンク。

つまり、以前までのように隣のタンクの影響を受けません

(メドック/マルゴー、シャトー・キルヴァン)

また、内部も大きく変化しています。

樹脂加工されておらず、そのままのコンクリート。

中には酒石酸でコーティングしているものもあります。

コンクリートには小さな空洞があるので、それを通して間接的に、少しだけ酸素と触れ合うことができるようになりました。

 

新式コンクリートタンクのメリット

それは何よりも、空気との接触

先程も言いましたが、今まで木のタンクでしか実現できなかった、「空気との間接的な接触」が行えること。

フランス語では「Micro-oxygénation」といいます。

直訳すると微小な酸化。

ワインにとって酸素に触れすぎることは良くないですが、ある程度の酸化はワインを安定させるためにも必要です。

 

新式コンクリートタンク色々

ボルドーのいくつかのワイナリーで使われているタンクをご紹介します。

(今ふと思い出したワイナリーのものを載せるので、ほかにもコンクリートタンクを使っているところはもちろんあります。)

御覧の通り、いろいろな形が存在するのがコンクリートタンクの特徴です。

外見は角張っているものもありますが、内部は丸くなっています。

 

  • サンテミリオン、シャトー・シュバル・ブラン

  • メドック/マルゴー、シャトー・プリュレ・リシーヌ

  • メドック/ポイヤック、シャトー・ポンテ・カネ

 

ボルドーでコンクリートタンクが増えてきた訳

ボルドーでは最近、コンクリートタンクを導入するワイナリーがどんどん増えてきました。

その一番の理由が、鋳型さえ造ってしまえばどんな形でも造れるというもの。

昔と比べて土壌の調査を詳しくできるようになり、厳しい基準で区画を分けるワイナリーが増えたのもその要因の一つ。

つまり、今までとは違う(より小さな)区画分けとなっています。

それによって、もちろん区画毎で採れるブドウの量が違うので、いろんなサイズのタンクを使いたいワイナリーが増えているという訳です。

さらに、ワイナリーの好みの形を造れるというのもコンクリートタンクが好まれている理由の一つです。

内部の形が違えば、中に入ったワインの動きも違う

必然的にできるワインも違う。

つまり、自分らしいワインを追求できる。

何が言いたいかというと…比較的簡単に好みのサイズ、形のタンクが造れるというのが大きな魅力で、それが増えてきた大きな理由の一つです!

 

最後に

今回は最近ボルドーで増えているコンクリートタンクについてお話しました。

いろんな分野で技術が上がってきたことによって、ワイン造りも変わって来ています。

コンクリートタンクも進化しているものの一つ。

近年のボルドーワインについては、最近のボルドーワインについてで書いているので、よろしければどうぞ。

何か気になることがあれば、お気軽にご連絡ください(^^)

 

感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
HomepageBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

  1. […] コンクリートタンクについてはボルドーでのコンクリートタンク。に書いていますので、よろしければご覧ください。 […]

  2. […] 以前、ボルドーでのコンクリートタンク。という記事を書きましたが、今回はステンレスタンクについてお届けしたいと思います。 […]

  3. […] 以前、ボルドーでのコンクリートタンク。でもお伝えしましたが、新式コンクリートタンクの良さを最大限に利用しています。 […]

  4. […] ボルドーでのコンクリートタンク。 […]

  5. […] ボルドーでのコンクリートタンク。 […]

タイトルとURLをコピーしました