タルボット将軍の名を冠したワイナリー、Château Talbot

左岸

前回もお伝えしましたが、一旦コニャックメゾンのレポートはお休み。

ワイナリー記事に戻りたいと思います。

月に何回かはコニャックメゾンについて書く予定にしていますし、今後も見学を続けていく予定です!

ということで、今回ご紹介するのはChâteau Talbot(シャトー・タルボ)

将軍の名前は「タルボット」ですが、ワイナリーはフランス語読みで「タルボ」です。

 

 

歴史

 

200年にわたり、Aux伯爵一族の所有

1855年

メドック格付け4級に

1918年

Désiré Cordier(デジレ・コルディエール)によって買収される。

その後現在に至るまで、5世代にわたりCordier(コルディエール)家の所有。

 

息子のGeorges Cordier(ジョージュ・コルディエール)が後を継ぐ。

 

息子のJean Cordier(ジャン・コルディエール)が後を継ぐ。

 

娘のLorraine(ローレイヌ)とNancy(ナンシー)が後を継ぐ。

現在

Nancy Bignon Cordier(ナンシー・ビノン・コルディエール)と夫のJean-Paul(ジャン・ポール)、彼らの子供たちPhilippine Bignon(フィリピーヌ・ビノン)、Marguerite(マルゲリット)、Gustave(グスタヴ)がタルボの歴史を引き継いでいる。

ブドウ畑

シャトー・タルボでは赤ワインはもちろん、白ワインも少量生産しています。

ブドウ畑は全部で110ヘクタール。

全ての畑がひと区画なのもこのワイナリーの特徴の一つです。

土壌

標高は結構高くて、23メートル

え、23メートルって全然高くないやん、とお思いですよね。

メドックの中では結構高いんです!

メドックがどれだけ平坦かがわかってもらえるのではないでしょうか。

地表から6メートルくらいまでが広がり、その下に粘土や砂地が広がっています。

もちろん例外はありますが、石が多い区画からはファーストワイン用の、粘土が多い区画からはセカンドワイン用のブドウを生産しています。

赤ワイン用品種

赤ワイン用ブドウ畑は105ヘクタール所有しています。

  • 68%カベルネ・ソーヴィニョン
  • 28%メルロ
  • 4%プティ・ヴェルド

という3品種を植えていて、平均樹齢は50年~55年とメドックの他ワイナリーと比べると高めです。

赤ワイン生産の内、3分の2がシャトー・タルボを、3分の1がセカンドワインであるコネターブル・タルボを生産しています。

白ワイン用品種

白ワイン用は5ヘクタール所有

少量の生産といいましたが、毎年2万3千本生産しています。

  • 80%ソーヴィニョン・ブラン
  • 20%セミヨン

という2種類を栽培しています。

収穫から醸造まで

収穫はもちろん手摘みで。

毎年100人程の収穫者と共に行っています。

収穫されたブドウはワイナリーまで運びこまれて、選果を行います。

ここではレーザー選果機で色や大きさの良いものを選び、さらに密度の高いブドウだけを選ぶ選果機を通します。

醸造施設

タンクは2種類所有しています。

木のタンクはファーストワインに使用。

大体20年に1回くらいタンクを新しくしています。

セカンドワインにはステンレスタンクを使用。

コストダウンもありますが、ブドウ本来の香りを保つためでもあります。

アルコール発酵の後、マロラクティック発酵もタンク内で行います。

熟成

大体ですが、11月頃から熟成が始まります。

そして2月頃にブレンド、さらに熟成が続けられます。

樽は8社から購入。

全てフランスオーク樽です。

澱引きは4か月に1回行うので、ほかのワイナリーよりはゆっくりです。

(基本的に3カ月に一回行います)

ファーストワイン

熟成は16か月程度。

新樽使用率が50%で、残りの50%は1度ワインを熟成した樽を使用します。

セカンドワイン

こちらは新樽使用量がぐっと下がって15パーセント程度。

残りは1度ワインを熟成したものか、2度熟成したものを使用しています。

まとめ

ブドウ品種

68%カベルネ・ソーヴィニョン

28%メルロ

4%プティ・ヴェルド

タンク

木製タンク

ステンレスタンク

マロラクティック発酵

タンク内

熟成期間

16か月

新樽使用率

50%

 

ワイナリー情報

Château Talbot(シャトー・タルボ)

住所;33250 Saint-Julien-Beychevelle

電話;+33 5 56 73 21 50

メール;talbot@chateau-talbot.com

 

参考記事

1855年メドック格付けまとめ

ワイナリーSNSまとめ、メドック編

メドック格付けワイナリー、セカンドワインリスト

2018年野田祥子的メドック格付け

メドック地方の土地柄を詳しく!

ワイン醸造:アルコール発酵について。

ボルドーワイン=ブレンドワイン

最近のボルドーワインについて

ボルドーでのステンレスタンク

 

最後に

シャトータルボは一般の方も見学可能です(有料)。

メドックの中でもかなりきれいな熟成セラーを所有しているワイナリーの一つ。

今回も写真を載せましたが、現実に見るとすごくきれいです!

見学担当者も長年勤めている方で、ワイナリーのことをよく知っているのでお勧めです。


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました