美しい城と庭を持つ、Château de Pressac

サンテミリオン

タイトルにもしましたが、サンテミリオンで最も美しい城を持つワイナリーの一つ、Château de Pressac(シャトー・ド・プレサック)です。

歴史も長く、フランスの昔ながらの建築様式も見れます。

 

 

歴史

中世

Château de Pressac(シャトー・ド・プレサック)のお城がこの頃にもあったといわれています。

その後、城は何度か要塞化されました。

1453年

カスティヨンの戦いの勝利に続いて、Château de Pressac(シャトー・ド・プレサック)で降伏し、100年戦争が終結しました。

ルネサンス初期

お城は27の塔があり、その内のいくつかは今現在も当時の痕跡として残っています。

1737~1747年

Vassal de Montviel(ヴァッサル・ド・モンヴィエル)がブドウ畑にオークセロワ、Quercy(ケルシー)原産の高貴な品種を植えました。

周辺のワイナリーでも同様のことが行われたことで、このブドウ品種は「Noir de Pressac(ノワール・ド・プレサック)」と呼ばれるようになります。

その後、Malbek(マルベック)氏がボルドーで発展させ、このブドウ品種は「Malbec(マルベック)」と呼ばれるようになりました。

1775年

Anglade(アングラッド)氏がJean-Marc Constantin(ジャン・マルク・コンスタンティン)にワイナリーを売却。

その際、公証人は城を「古い城で、一部が廃墟。堀、農民の宿泊施設、醸造、熟成、樽、庭が全て壁に囲まれている。」と説明しました。

1860年

Constantin(コンスタンティン)家からMaximin Joselin(マキシマン・ジョゼリン)がワイナリーを買収し、城とそれに関わる全ての再建と改装工事を行いました。

1997年

Jean-François Quenin(ジャン・フランソワ・ケナン)とDominique Quenin(ドミニク・ケナン)がワイナリーのオーナーになります。

彼らはブドウ畑を改善と拡張を行いました。

特に、以前は牛を使って働いていた急な丘の中腹にテラス(平地)を造りました。

1999年

醸造室も完全に再設計/改装されました。

2012年秋

サンテミリオンの格付けでグラン・クリュ・クラッセに選ばれました。

参考;サンテミリオン、最新格付け

 

生産ワイン

全部で20万本生産しています。

CHATEAU DE PRESSAC

Château de Pressac(シャトー・ド・プレサック)はファーストワインです。

平均樹齢は20~25年。

CHATEAU TOUR DE PRESSAC

Château Tour de Pressac(シャトー・トゥール・ド・プレサック)はセカンドワイン。

セカンドワインなのに「シャトー」とついている珍しいワインです。

平均樹齢は7年。

参考;ファーストワインとセカンドワイン…って何?

LA ROSEE DU CHATEAU DE PRESSAC

La Rosée du Château de Pressac(ラ・ロゼ・デュ・シャトー・ド・プレサック)はその名の通りロゼ。

ボルドーの色の濃いロゼワイン、クレレです!

毎年2万本生産。

 

ブドウ畑

36ヘクタールと、サンテミリオンのワイナリーとしてはかなり大きな畑を所有しています。

土壌は石灰、粘土石灰、粘土砂礫など。

そして、ここの特徴といえば何と言ってもブドウ品種の量!

メルロ、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニョン、カルメネール、マルベックと5品種植えています。

マルベックの歴史については、最初の「歴史」をご覧ください。

収穫と選果

100人くらいの収穫者と共に手摘み収穫を行います。

収穫後、除梗、人の手で選果、機械でブドウの密度による選果を行います。

そしてタンクの中へ。

醸造施設

使用しているタンクはコンクリート

タンクの中に入ったブドウ。まずは低温の醸し(8~10度)を3日間行います。

その後アルコール発酵が25~28度程度で10日くらいかな、行われます。

この間には1日に4~5回程度のルモンタージュピジャージュ行います。

その後タンク内でマロラクティック発酵を行います。

熟成

熟成室は10~11度に保たれています。

6社から樽を購入していて、全てフランスオークです。

熟成期間中は澱引きと、熟成後は卵の白身を使った清澄作業を行います。

新樽使用率は60%。

残りの40%は1度ワインを熟成した樽を使用しています。

ファーストワインは18か月熟成、セカンドワインは6か月熟成を行っています。

まとめ

ブドウ品種

メルロ、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニョン、カルメネール、マルベック

タンク

コンクリートタンク

マロラクティック発酵

タンク内

熟成期間

60%

新樽使用率

18か月

 

ワイナリー情報

Château de Pressac(シャトー・ド・プレサック)

住所;Château de Pressac, 33330 Saint-Étienne-de-Lisse

電話;+33 5 57 40 18 02

見学メール;visite@chateaudepressac.com

その他メール;contact@chateaudepressac.com

 

参考記事

サンテミリオン、最新格付け

ワイナリーSNSまとめ、サンテミリオン編

本には載っていないサンテミリオンの格付けについて

サンテミリオンのAOCをひも解く。

ワイン醸造:アルコール発酵について。

AOCボルドーで認められている品種(赤/白/ロゼ)

ボルドーワイン=ブレンドワイン

最近のボルドーワインについて

ファーストワインとセカンドワイン…って何?

材質別タンクのメリット・デメリット

ボルドーでのステンレスタンク

ボルドーでのコンクリートタンク。

 

最後に

中世の城が残る、美しいワイナリーです。

外観は歴史を感じますが、内部は結構モダン。

ボルドーらしい伝統的なラベルも好感が持てます。

見学も受け入れてくれるので、サンテミリオン観光と共にいかがでしょうか。


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブロ
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました