ポムロールの偉大なワイナリー、ヴュー・シャトー・セルタン

ポムロール

ポムロール好きな私として、ずっと行きたかったワイナリーVieux Château Certan(ヴュー・シャトー・セルタン)

友人のおかげもあり、見学できました!嬉しい!

歴史

  Vieux Château Certan(ヴュー・シャトー・セルタン)はポムロールで最も古いワイナリーの一つです。
16世紀初頭

スコットランドからDemay(デマイ)家が移住してきたのが始まりです。

1785年

Belleyme(ベレイム)の地図にアペラシオンSertan(セルタン)と記載されています。

この場所の名前Sertan(セルタン)がワイナリーの名前の元になっています。

1858年

Charles de Bousquet(シャルル・ド・ブスケ)がVieux Château Certan(ヴュー・シャトー・セルタン)を購入しました。

現在の建物ができたのもこの頃です。

1924年

ネゴシアンのGeorges Thienpont(ジョルジュ・ティエンポン)氏がこの土地を購入しました。

現在Thienpont(ティエンポン)家の所有です。

生産ワイン

Vieux Château Certan(ヴュー・シャトー・セルタン)La Gravette de Certan(ラ・グラヴェット・ド・セルタン)を生産しています。

Vieux Château Certan(ヴュー・シャトー・セルタン)がファーストワイン。

生産者曰く、10~15年経ってから飲んで欲しいワインとのこと。

La Gravette de Certan(ラ・グラヴェット・ド・セルタン)はセカンドワイン。

ブドウ畑

14haを所有していて、ポムロールではかなり大きなワイナリーです。

この14haの畑はぎゅっと固まってあります。

(少しの畑は道の向こう側ですが、それでも畑は散らばっていない)

そして23区画に分かれていて、この区画は土壌やブドウ品種、樹齢によって分けられています。

ブドウ品種は

  • 70%メルロー
  • 25%カベルネ・フラン
  • 5%カベルネ・ソーヴィニョン

の3品種植えられています。

基本的にはメルローは粘土の多い土壌に、カベルネ・フランは粘土砂礫土壌に、カベルネ・ソーヴィニョンは砂礫土壌植えられています。
そして平均樹齢は50年!

ポムロールはボルドーの中でも平均樹齢が高いなぁと思っているのですが(体感)、50年は中々ですね。

収穫はもちろん手摘みです。

大体9月末から2週間程度かけて行われています。

醸造施設

タンクは1972年から木製タンクを使っています。

木製タンクは40、60、90ヘクトリットルの3種類。

そして現在はステンレスタンク使用しています。

畑は23区画に分かれていると言いましたが、これらを16のタンクで醸造します。

この時に品種は混ぜず、特徴の似ている区画を一緒にして醸造しているとのこと。

ちなみに木製タンクが8基、ステンレスタンクが8基です。

アルコール発酵は28度で。

ボルドーの伝統的な方法で醸造を行われます。

熟成

熟成セラーが美しい…!

2月~3月くらいにブレンドを行うので、それまでは16種類ばらばらに。

その後はブレンドされたワインを熟成します。

新樽使用は3分の2程度。残りの3分の1は一度ワインを熟成した樽を使用しています。

まとめ

ブドウ品種

70%メルロー

25%カベルネ・フラン

5%カベルネ・ソーヴィニョン

タンク 木製、ステンレス
新樽使用率 3分の1

テイスティング

訪問できたのも友人のおかげで、基本的には訪問のできないワイナリーです。

しかもテイスティングは現当主と次期当主と共に…!

あぁ、贅沢。

Vieux Château Certan(ヴュー・シャトー・セルタン)はとっても久しぶりに頂きました。

ファーストワインのVieux Château Certan(ヴュー・シャトー・セルタン)は2014年、セカンドワインのLa Gravette de Certan(ラ・グラヴェット・ド・セルタン)は2017年を試飲しました。

2014年も2017年もあまり目立たないビンテージですが、私はこの目立たないビンテージが好き。

ポムロールらしさはどちらも持っている。

その中でもセカンドワイン、ラ・グラヴェット・ド・セルタンはかわいさ、チャーミングさを持ってた。

ポムロールワインっておいしいでしょ?って教えてくれるワイン。

赤や黒のフルーツが、踊ってるかの様。

 

そしてファーストワイン、ヴュー・シャトー・セルタンは気高い。

美しい。一本の芯がすーっと通ってる。

そして、この芯は誰に何を言われようが変わらない不変なもの。

どのビンテージを飲んでも感じる気高さ、芯の強さ。

ピアノソロのクラシック音楽を聴いているかの様。

情景が浮かぶワインっていいよね。好き。

ワイナリー情報

Vieux Château Certan(ヴュー・シャトー・セルタン)

住所;1 Route de Lussac, 33500 Pomerol

電話;+33 5 57 51 94 97

参考記事

ポムロール全ワイナリーSNSまとめ

AOCポムロールについて

ワイン醸造:アルコール発酵について。

AOCボルドーで認められている品種(赤/白/ロゼ)

ボルドーワイン=ブレンドワイン

最近のボルドーワインについて

ファーストワインとセカンドワイン…って何?

材質別タンクのメリット・デメリット

最後に

お久しぶりにポムロールの記事でした。

ポムロール、私の好きな地域の一つです!

Vieux Château Certan(ヴュー・シャトー・セルタン)はずっと行きたかった場所なので行けて嬉しかった!

幸せな見学&試飲でした。


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
InstagramTwitter
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました