フランスワイン生産地域と生産量

AOC(原産地呼称)

気になって調べてみました。

最初は、それぞれの地域ごとのまとめを作ろうかなぁと思ったのに、脱線してしまった。笑

それぞれの地域のまとめも作りますので、少々お待ちくださいませ。

今回の記事は、2017年のものを参考にしています。

もっと新しいちゃんとした数字見つけたら、それも載せますね。

フランス地図

久しぶりに地図書いてみました。

地域、アペラシオンによって色を変えてみました。

色には特に意味はないので、地域ごとに分かれてるなーと思って頂ければと。

そしてきっちりした地図ではないので、大目にに見てくださいませ。

栽培面積;県

66の県にまたがって、750000haのブドウ畑があります。

これは県による畑面積のパーセンテージ表示です。

一番畑の多い県はGironde(ジロンド)県で114 554 ha。

フランスのブドウ畑の15%を占めています。

2番目が南仏のHérault(エロー)県で80 840 ha、11 %を占めます。

このHérault(エロー)県はIGPのブドウ畑として61 072 ha、IGP全体の31 %を占めています。

3番目はAude(オード)県。

64 535 ha、フランスのブドウ畑の9%を占めています。

栽培面積;AOP

AOPに認められているブドウ畑は446 016 haで、フランスのブドウ畑全体の60%です。

こちらもグラフを作りました。

一番大きいAOPはBordeaux rouge、つまりボルドーの赤ワインが36 768 ha。

そしてIGPに認められている畑は194 624 ha。

Vin de France(フランスワイン)に認められているのは28 126 haです。

生産量

フランスワインは3678万ヘクトリットルを生産しました。

その内、AOPワインは1756万ヘクトリットル、IGPが1026万ヘクトリットルです。

参考記事

【ワインニュース】2019年フランスのワイン消費量

フランス経済・財務省公開資料翻訳:ワインのエチケット

最後に

久しぶりのグラフ系まとめでした。

最初にも書きましたが、それぞれの地域ごとのまとめも書きたい。

気になること少しずつ調べているので、もし気になることがある方はお気軽に連絡頂けると嬉しいです!


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
InstagramTwitter
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました