長期熟成向きの偉大なるソーテルヌ、シャトー・クーテ

左岸

バルサックに位置する格付けワイナリーとして有名なChâteau Coutetシャトー・クーテのご紹介です。

しっかりした甘味が特徴で、個人的には長期熟成すればするほど本領を発揮してくれるワイナリーだと思っている!

この間1日ソーテルヌのワイナリー巡りをしてきたんやけど、Château Coutetシャトー・クーテに初めて行ってきたので、情報を共有します。

created by Rinker
¥9,240 (2023/02/06 22:54:38時点 楽天市場調べ-詳細)

歴史

13世紀 要塞として検察された現在のChâteau Coutetシャトー・クーテは当時の軍事施設に見られる四角い塔など、中世の建造物の面影を現代に残しています。
14世紀 敷地内にLa Salaceラ・サラスと呼ばれる要塞が建設され、建築物の進化を見ることが出来ます。
1643年

Château Coutetシャトー・クーテのワイン醸造としての歴史が始まります。

Coutetクーテの領主として知られるCharles Le Guérinシャルル・ル・ゲランは現在のAOCソーテルヌで初めてブドウ栽培を行った一人です。

18世紀 ワイナリー内に2つの塔と礼拝堂が建てられました。
1785年~1789年

長い間フランスに滞在していた、アメリカ合衆国第三代大統領Thomas Jeffersonトーマス・ジェファーソンが在仏大使をつとめました。

美食家であり、クルティエとして活躍した彼は、フランスの偉大なワイン産地の旅行記を書いていました。

その中で彼が「バルサックで最高のソーテルヌ」と称えたのがこのChâteau Coutetシャトー・クーテでした。

1788年 Charles Le Guérinシャルル・ル・ゲランの子孫がワイナリーを管理していました。
1789年 フランス革命の前夜、Gabriel-Barthélemy Romain de Filhotガブリエル=バルテルミー・ロマン・ド・フィヨChâteau Coutetシャトー・クーテのオーナーになりました。
 

その後、Gabriel-Barthélemy Romain de Filhotガブリエル=バルテルミー・ロマン・ド・フィヨの孫のRomain-Bertrand de Lur-Salucesロマン=ベルトラン・ド・ルュール=サルス伯爵の手に渡りました。

Romain-Bertrand de Lur-Salucesロマン=ベルトラン・ド・ルュール=サルス伯爵はChâteaux d’Yquemシャトー・ディケムChâteau de Fargueシャトー・ド・ファルグChâteau Filhotシャトー・フィロChâteau de Malleシャトー・ド・マルを所有していました。

1855年

ソーテルヌの格付けでプルミエ・グラン・クリュに選ばれました。

1926年

Romain-Bertrand de Lur-Salucesロマン=ベルトラン・ド・ルュール=サルス伯爵の所有が終わり、リヨンの実業家Henry-Louis GUYエンリ=ルイ・ギーが新しいオーナーになりました。

彼はワイナリーの最高の果汁を抽出するためにGuy & Mitalの圧搾機を導入しました。

 

Henry-Louis GUYエンリ=ルイ・ギーの娘はEdmond Rollandエドモン・ローランと再婚し、1977年までワイナリーを所有しました。

彼女の名誉のために、Cuvée Madameキュヴェ・マダムの名で特別なワインを造っています。

1977年

Marcel Balyマルセル・バリーと二人の息子、PhilippeフィリップDominiqueドミニクChâteau Coutetシャトー・クーテの新しいオーナーになりました。

アルザス出身の一族で、フランスとアメリカに分かれていました。

オーナーが変わり、ブドウ畑と建物の改良する時代に入りました。

1994年 Château Coutetシャトー・クーテはより多くの専門知識を求めており、Baron Philippe de Rothschildバロン・フィリップ・ド・ロスチルド社と技術、商業面で提携しました。
2010年 辛口白ワインOpalieオパリーのファーストビンテージです。
  Aline Balyアリーヌ・バリー氏が3代目としてワイナリーを管理しています。

生産ワイン

甘口白ワイン、辛口白ワイン共に生産しています。

上から3つが甘口ワイン、最後が辛口です。

それぞれとても簡単にですが紹介します。

Château Coutetシャトー・クーテ

1855年の格付けに選ばれているワインで、バルサックを代表するワインです。

La Chartreuse de Coutetラ・シャルトリューズ・ド・クーテ

1977年に作られたセカンドワイン。

ファーストワインと比べると繊細ですが、バランスのとてもいいワインです。

Cuvée Madameキュヴェ・マダム

1943年に登場したワイン。

特別な年にしか造られない、特別なワインです。

3年もの長い期間熟成されてつくられるのも、このワインの特徴。

Opalieオパリー

今までの3種とは違う、辛口の白ワインです。

平均樹齢45年の樹から採れたブドウを使っており、醸造と熟成を樽内で行います。

created by Rinker
¥8,635 (2023/02/07 14:13:59時点 楽天市場調べ-詳細)

ブドウ畑

Château Coutetシャトー・クーテを含むバルサックは粘土石灰土壌が多い場所として有名です。

ソーテルヌと比べるとバルサックは土壌が冷たいのも特徴の一つです。

42ヘクタールの敷地の内、38.5ヘクタールがブドウ畑です。

品種はソーテルヌとバルサックにおいて基本となるセミヨンとソーヴィニョン・ブラン、ムスカデルを栽培しています。

  • 75%セミヨン
  • 23%ソーヴィニョン・ブラン
  • 2%ムスカデル

という割合で栽培されています。

歴史部分でも触れた特別キュヴェCuvée Madameキュヴェ・マダムは樹齢80年程度のセミヨンのみ使用されています。

また畑はHVE3に認定されています。

収穫と選果

収穫は9月から11月まで、30~40日間かけて行われます。

収穫されたブドウはすぐに圧搾機にかけられ、果汁を抽出します。

それぞれへ並行圧搾機を使った後、垂直圧搾機を利用します。

Cuvée Madameキュヴェ・マダムに関しては2時間30分かけてゆっくりプレスを行ったものか、Cuvée Madameキュヴェ・マダムに見合った品質のものを使用するとのこと。

醸造施設

アルコール発酵は樽内で行われます。

それぞれ8~10日間のみアルコール発酵が終わります。

熟成

発酵が終わると18か月の熟成期間に入ります。

ちなみに辛口白ワインは8か月、Cuvée Madameキュヴェ・マダムは3年熟成と製品によって異なります。

110メートルもある長ーい熟成セラーが特徴的。

まとめ

ブドウ品種

75%セミヨン

23%ソーヴィニョン・ブラン

2%ムスカデル

熟成期間

辛口白ワイン8か月

ソーテルヌ18か月

Cuvée Madameキュヴェ・マダム36か月

ワイナリー情報

Château Coutetシャトー・クーテ

住所;Coutet, 33330 Saint-Émilion

電話;+33 5 57 74 43 21

参考記事

ソーテルヌと言えば、シャトー・ディケム

環境配慮から見るボルドーワイン

AOCソーテルヌについて

貴腐ワイン、ソーテルヌの造り方

ソーテルヌ/バルサック全ワイナリーSNSまとめ

グラーヴ、ソーテルヌ・バルサックの格付けまとめ

最後に

シャトー・クーテ、偉大なワイナリーです。

凝縮感のしっかりある甘味が特徴的で、個人的には若いときに飲むよりもしっかり熟成してから飲む方がシャトー・クーテらしさが感じられて良いかと。

圧倒的なポテンシャルを持つワイナリーの一つです!


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください
Instagram
Twitter
レストランブログ
Facebook|Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage|SachiWines 
旧ブログ|レストランブログ
広告

コメント

error: 申し訳ないですが右クリック禁止にしました。データが欲しい方は直接連絡ください。
タイトルとURLをコピーしました