【ニュース】2020年コニャックの売り上げは減少?増加?

コニャック(酒)

個人的にコニャックのニュースは注目してみています。

最近clubhouseでも、コロナ以降コニャックの売り上げってどうだったんですか?みたいな質問も頂いていました。

私は体感で答えていたのですが、ある程度正しいことは言えてたんじゃないかなぁって思う。

もっと詳しい数字を見つけたら表にでもしようかなと。

コニャック全体

コニャックの売り上げは量ベースで11.3%、金額ベースで22.3%減少しました。

近年、売り上げは回復していましたが、コロナウイルスの影響を受けた結果です。

2019年の売り上げ36億ユーロに対し、1年間で1億9200本、28億ユーロの製品が出荷されました。

この売り上げの減少は、低価格コニャックをインターネットベースでの販売の影響が大きかったとのことです。

コニャックは、バーやレストランなどに向けて長期熟成を経た品質の高いものより、インターネットや商店での販売の方が多いそう。

アジア諸国

9月から12月の間、同時期の2019年と比較すると、中国やシンガポール、香港への発送は量ベースで11.4%増加しました。

つまり、1220万本の出荷です。

ヨーロッパ市場では、1130万本が出荷され、2019年同時期に比べると数ベースでは4%増加しました。

製品の97%を輸出しているコニャックですが、コロナウイルスの影響で輸出量が減少したにも関わらず、このような結果になったのは、主要な国において国内消費が急上昇したことに起因します。

アメリカ

アメリカは、コニャック最大の輸入国です。

量ベースでは、12か月で1%の増加を記録しました。

2020年、1億350万本のコニャックが輸出され、昨年より110万本多いです。

まだ増税による影響について話すには時期尚早とのこと。

この増税ですが、全てのコニャックが対象ではないそう。

ただ、対象のコニャックは今後も変化していく可能性があるそう。

参考記事

Terre de Vins

【ニュース】アメリカでコニャック増税

コニャックのAOCとクリュ、それぞれの特徴

コニャック、熟成年数についてまとめ。VS/VSOP/XO

コニャックの秘密。どうしてミレジメ/ヴィンテージものが少ないのか。

最後に

記事中にも書きましたが、アメリカではコニャックに対して増税が行われました。

といっても「一部」とのこと。

熟成年数が短かったり、安かったりすると今までと変化がないそうです。

コニャック在住民としては、注目していきたいニュースです。

ちなみに親戚のコニャック生産者は、コロナ以降売り上げが上がったと言っていました。

悪い影響ばかりではないんだなぁと、ポジティブなお知らせを聞いて嬉しくなった!


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
InstagramTwitter
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました