コニャックといえば、Hennessy

コニャックメゾン

コニャックメゾン、訪問レポートを続けてお届けしているここ最近。

5回目の今回は、コニャックといえば!のヘネシーについてお届けします。

そして、これをもって一旦コニャックメゾン訪問記はお休みして、ワイナリー訪問記へ戻ります。

今後は、定期的にコニャックについてもお届けする予定にしています!

 

 

歴史

 

メゾン・ヘネシーの原点は男性的目線です。

フランスの王に使えるアイルランド人の士官であるRichard Hennessy(リシャール・ヘネシー)は、コニャックの国際的に並外れた商業的可能性を見抜いていました。

1765年

Richard Hennessy(リシャール・ヘネシー)は自身のネゴシアンとメゾンを創立します。

 

彼の成功は、素晴らしいコニャックの製造に対する継続的な研究と、市場を魅了したいとう、野心的な戦略の結果です。

18世紀末

ヘネシーはアメリカを始めとする、遠い国で発展を始めます。

19世紀初め

ヘネシーはオーストラリア、インドで発展します。

その後、南米、日本そして中国へ。

1860年

海外輸出されるコニャックの4分の1がヘネシーに。

20世紀

創設者であるRichard Hennessy(リシャール・ヘネシー)の功績が残る。

1967年

100万ケースが出荷。

1987年

200万ケースが出荷。

2019年

800万ケースが出荷。

現在

世界160ヵ国に出荷される。

 

使用ブドウ

ヘネシーでは、自社畑を200ヘクタール所有しています。

そこに加え、1600ものブドウ農家と契約をしているので、かなりの量のブドウを使用しているメゾンです。

(出荷量からみれば、それも至極当然)

使用しているブドウはウニ・ブランのみ!

そして、クリュはグランド・シャンパーニュ、プティット・シャンパーニュ、ボルドリー、ファン・ボワの4つです。

蒸留

もちろん蒸留を行っていますが、見学場所では見ることができません。

離れた場所に蒸留器をもっており…いつか見学させてもらいたい…!

8社の樽会社と契約をしています。

サイズは350リットル。

1つの樽を40年ほど使うのですが、そのあとは焼いてしまうそうです。

なので、ヘネシーフィニッシュのウイスキーなどは存在しません。

もし見つけたら、確実に偽物なのでお気を付けを。

ブレンド

コニャックにとって大切なブレンド。

1万5千程度の異なるコニャックを所有しているヘネシー。

毎日、テイスターたちは60種類ものコニャックを試飲しているそうです。

…それにしてもすごい数。

ワイナリー情報

Hennessy(ヘネシー)

住所(見学受付場所);Quai Richard Hennessy, 16100 Cognac

電話;+33 5 45 35 06 44

 

最後に

この間、久しぶりに見学してきました。

ヘネシーの見学は、何回したやろう…。

数年前に見学コースも変わり、かなり現代的です。

見学については、以前このブログでお伝えしているので、興味のある方はこちらをご覧ください。

大手メゾンの見学は、最初に行くのがおすすめ!

コニャック全体のことをわかりやすく教えてくれますー!


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

  1. […] コニャックといえば、Hennessy […]

タイトルとURLをコピーしました