家族経営のワイナリー、クロ・デュ・クロッシェ

ポムロール

ボルドーのワイナリーは大企業が買っていますが、家族経営のワイナリーも多いです。

その中でもメドックは企業がおおいですが、ポムロールは家族経営のワイナリーもまだまだ残っています。

Clos du Clocher(クロ・デュ・クロシェ)は通常訪問できませんが、ちょっと無理を言って入れてもらった。

ポムロールのワイナリーって、見学するの難しいところも多いよねぇ…。

歴史

1924年

Jean Baptiste Audy(ジャン・バティスト・オーディ)はこのブドウ畑に愛着を持ち、教会の傍にある区画を購入しました。

ボルドーの有名な一族と同様に、一族はCorrèze(コレーズ)出身です。

(と書いてあるけど、これはMoeiux(ムエックス)家のことですね)

そして彼がClos du Clocher(クロ・デュ・クロッシェ)と名付けました。

 

ボルドーの建築家Fabre de Marien(ファブル・ド・マリエン)はブドウ畑の真ん中にワイナリーを建築しました。

醸造室を大きくし、重力によって作業ができるように熟成セラーを建設しました。

生産ワイン

同じオーナーが所有しているワイナリーはこんな感じ。

  • Clos du Clocher(クロ・デュ・クロッシェ)
  • Château Bonalgue(シャトー・ボナルグ)
  • Château Monregard La Croix(シャトー・モンルガール・ラ・クロワ)
  • Château Les Hauts-Conseillant(シャトー・レ・オー・コンセイアント)
  • Château du Courlat(シャトー・デュ・クルーラ)

の5ワイナリーを所有しています。

それぞれ簡単に説明しようかな。

Clos du Clocher(クロ・デュ・クロッシェ)

今回お届けするのがこのワイナリー。

写真等々お楽しみ頂けると嬉しいです!

Château Bonalgue(シャトー・ボナルグ)

こちらもポムロールのワイナリー。

ブドウ畑は9.41haで、メルロー90%、カベルネ・フラン10%栽培されています。

土壌は砂利粘土質が主、鉄や腐食の集積層と河川砂礫がその下に広がります。

Château Monregard La Croix(シャトー・モンルガール・ラ・クロワ)

1.3haのみの小さなワイナリー。

こちらもポムロールに位置していて、Clos du Clocher(クロ・デュ・クロッシェ)の区画の一部です。

といいつつセカンドワインではなく、この区画だけで醸造等々を行い販売しているとのこと。

Château Les Hauts-Conseillant(シャトー・レ・オー・コンセイアント)

ラランド・ド・ポムロールに位置しているワイナリーです。

こちらは少し大きくなって5ha

石が多い土壌がほとんどとのこと。

Château du Courlat(シャトー・デュ・クルーラ)

こちらは、ルサック・サンテミリオンにあるワイナリー。

17haと所有しているワイナリーの中で一番大きいのもここです。

ブドウ畑

敷地は6ha弱で、ブドウ畑は4.3ha所有しています。

内、1haはオーガニック栽培、残りは減薬農法です。

いずれにせよ、環境に配慮した栽培を行っています。

土壌は青粘土土壌にはカベルネ・フランとメルロを、石が多い土壌にはカベルネ・フランを栽培しています。

  • 75%メルロ
  • 25%カベルネ・フラン

1haに6~7000株植えられていて、1株には6~8房のブドウを残します。

ちなみにですが、1959年に石灰の多い土壌にカベルネ・フランが、石が多い土壌にメルロが栽培されていたので、2012年から石灰の多い土壌にメルロを、石が多い土壌にカベルネ・フランを植え替えを行っています。

そして収穫は手摘みで行われています。

選果テーブルで選果をし、その後ブドウの密度(重さ)で選果を。

醸造施設

選果されたブドウはタンクの中に入れられます。

まずは10日間くらい低温での醸しを行ってその後アルコール発酵を。

アルコール発酵はステンレスタンクコンクリートタンクと3つの容器を使って行います。

樽内での発酵は収穫量の20%くらいだそう。

そして、マロラクティック発酵は半分タンク内、半分新樽内で行います。

熟成

5社からフレンチオーク樽を購入しています。

焼き加減はミディアムロースト

さらに熟成期間は16~18か月

その間3か月に1回澱引きを行います。

新樽使用は60%、残りは1度ワインを熟成した樽を使用しています。

まとめ

ブドウ品種

75%メルロ

25%カベルネ・フラン

タンク

ステンレスタンク、コンクリートタンク

マロラクティック発酵

タンク内、樽内

熟成期間

16~18か月

新樽使用率

60%

テイスティング

最初にも書きましたが、中々訪問できないワイナリーです。

この日は2012年をカラフェで出してくれました。

テイスティングコメントをまとめノートにほとんど何も書いてないので、具体的には何も書けないのが申し訳ない…。

(いつも訪問時に書いたメモを家に帰ってまとめてます)

ポムロールらしいワインで、バランスも良かった。

こういうテロワールの良さをしっかり伝えているワインは好き。

ワイナリー情報

Clos du Clocher(クロ・デュ・クロシェ)

住所;57 Rue de Catusseau, 33500 Pomerol

電話;+33 5 57 51 62 17

参考記事

ポムロール全ワイナリーSNSまとめ

AOCポムロールについて

ワイン醸造:アルコール発酵について。

AOCボルドーで認められている品種(赤/白/ロゼ)

ボルドーワイン=ブレンドワイン

最近のボルドーワインについて

ファーストワインとセカンドワイン…って何?

材質別タンクのメリット・デメリット

ボルドーでのステンレスタンク

最後に

お久しぶり、ポムロールのワイナリーでした。

ポムロールって小さなワイナリーが多いのもあって、中々訪問でき辛いのよねー。

この日はわがまま言って入れてもらいました。

収穫が終わって、発酵も終わり、プレスしてる時やった。

またお邪魔したいけど、いつか行けるかなぁ…。


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
InstagramTwitter
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました