マルゴーでルリュトン一族のワイナリー、Château Brane-Cantenac

マルゴー

今回はマルゴー地方へ!

Château Brane-Cantenac(シャトー・ブラーヌ・カントナック)のご紹介です。

 

 

歴史

17世紀はブドウ畑だけが存在しました。

18世紀にオランダ人のGorce(ゴルス)家によってワイナリーの歴史が始まります。

1833年Baron Hectour Brane(ヘクトゥール・ブラーヌ男爵)がワイナリーを購入。

ワイナリー名も現在のChâteau Brane-Cantenac(シャトー・ブラーヌ・カントナック)となります。

1855年2級に選ばれましたが、それは男爵のおかげだと言われています。

その後、1866年にRoy(ロワ)家がオーナーに。

さらに1925年にFrancois Lurton(フランソワ・リュルトン)が当主となります。

1656年にLucian Lurton(ルシアン・ルリュトン)、1992年Henri Lurton(アンリ・ルリュトン)に相続されます。

ルリュトン一族については、このブログでも何度かお届けしています。

興味のある方は、アンドレ・ルリュトン氏の死去をご覧ください。

ブドウ畑

75ヘクタール所有しています。

11ヘクタールをビオで、2015年より4ヘクタールをビオディナミックで栽培しています。

土壌はメドックの典型的な粘土と石を持ちます。

ブドウ品種

なんと5品種栽培しています。

  • 55%カベルネ・ソーヴィニョン
  • 40%メルロ
  • 4%カベルネ・フラン
  • 0.5%プティ・ヴェルド
  • 0.5%カルメネール

収穫

収穫者100名と共に手摘みで行います。

2度手で選果を行い、さらに光学選果機で選果を行います。

醸造施設

タンクはコンクリート、木、ステンレスの三種類を使用しています。

ファーストワインになるものを木のタンクで、セカンドワイン/サードワインになるものをステンレスタンクで若木から採れたブドウはコンクリートタンクで醸造しています。

醸造

ブドウにタンクを入れたら、48時間タンクを15度に保ち、発酵前の醸しを行います。

その後アルコール発酵を。

アルコール発酵中に、ルモンタージュとピジャージュを行います。

マロラクティック発酵もタンク内で。

(参考;ワイン醸造:アルコール発酵について。

熟成施設

7社の樽を購入していて、新樽は全体の25%ほど。

熟成

熟成を2か月行い、1月~2月にブレンド、その後さらに熟成を行います。

ファーストワインは18か月熟成、70%新樽使用

セカンドワインは12か月熟成、30%新樽利用です。

 

まとめ

ブドウ品種

55%カベルネ・ソーヴィニョン

40%メルロ

4%カベルネ・フラン

0.5%プティ・ヴェルド

0.5%カルメネール

タンク

木製、コンクリート、ステンレス

マロラクティック発酵

タンク内

熟成期間

ファーストワイン;18か月熟成

セカンドワイン;12か月熟成

新樽使用率

ファーストワイン;70%新樽

セカンドワイン;30%新樽

参考記事

1855年メドック格付けまとめ

ワイナリーSNSまとめ、メドック編

メドック格付けワイナリー、セカンドワインリスト

2018年野田祥子的メドック格付け

メドック地方の土地柄を詳しく!

ワイン醸造:アルコール発酵について。


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

  1. […] Château Brane-Cantenac […]

タイトルとURLをコピーしました