アンジェルスオーナーの所有ワイナリー、Château la Fleur Boüard

その他右岸

今回は、格付けワイナリーではなく…ラランド・ド・ポムロールにあるChâteau la Fleur Boüard(シャトー・ラ・フルール・ド・ブアール)についてお届けします。

 

歴史

1998年、シャトー・アンジェルスのHubert de Boüard(ユベール・ド・ブアール)がワイナリーを購入することで始まりました。

彼はアンジェルス以外で、さらにあまり知られていないAOCでワインを造ってみたいと思い、ラランド・ド・ポムロールにワイナリーを購入。

彼の購入以降、除草剤を使わない、手入れに時間とお金をかけ、ブドウ畑の再編成を行いました。

そして2012年に新しい醸造室を完成させました。

(後に写真を載せていますが、かなり珍しいスタイルです)

以前はステンレスタンク+ルモンタージュでしたが、現在はステンレスタンク+グラヴィティ+デレスタージュを行います。

ブドウ畑

30ヘクタールとかなり大きな畑を持つワイナリー。

ネアック土壌と呼ばれる、粘土質/粘土砂礫質の場所にはメルロー

ラランド・ド・ポムロールの中心に位置し、地表20センチメートルに石がたくさんあり、その下に粘土石灰土壌や粘土砂礫土壌が広がる場所にはカベルネ・フランやカベルネ・ソーヴィニョンを植えています。

醸造施設

先ほども書きましたが、グラヴィティでの醸造を可能にする醸造施設を2012年に完成させました。

28基のステンレスタンクでワイン醸造を行っています。

以前、シャトー・ペデスクローの記事でも触れましたが、エレベータータンクでデレスタージュを行います。

(参考記事;エレベータータンクについて。

(参考記事;最新の技術?メドック格付け、シャトー・ペデスクロー

(参考記事;ワイン醸造:アルコール発酵について。

醸造

アルコール発酵はタンクと樽で行います。

樽での醸造は全体の10~15%。

熟成施設

フランスオーク樽を12~13社から購入しています。

100%新樽で、焼き加減はミディアム。

まとめ

ブドウ品種

メルロ

カベルネ・ソーヴィニョン

カベルネ・ソーヴィニョン

タンク

ステンレスタンク

10~15%樽醸造

新樽使用率

100%新樽

参考記事

エレベータータンクについて。

最新の技術?メドック格付け、シャトー・ペデスクロー

ワイン醸造:アルコール発酵について。


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました