ポイヤックの2級シャトー、シャトー・ピション・バロン

左岸

スーパーセカンドとしても有名なChâteau Pichon Baron(シャトー・ピション・バロン)についてお届けします。

このワイナリー、Château Pichon Longueville du Baron de Pichon-Lonbueville(シャトー・ピション・ロングヴィル・デュ・バロン・ド・ピション・ロングヴィル)という長い名前がフルネームですが、ここ数年ワイナリーがChâteau Pichon Baron(シャトー・ピション・バロン)としているので、このブログではピション・バロンとしてお届けします。

今回も加筆なので、歴史部分含め前より詳しくお届けしたいと思います。

歴史

1689年

偉大なネゴシアンであり、ラトゥールとマルゴーを管理していたPierre Desmezures de Rauzan(ピエール・デスメズール・ド・ローザン)がラトゥールのすぐそばのブドウ畑を購入したことでワイナリーの歴史が始まります。

その購入したブドウ畑に囲いを造り、Enclos Rauzan(オンクロ・ローザン)を造りました。

1649年

Jacques Pichon de Longueville(ジャック・ピション・ド・ロングヴィル)男爵と結婚した時、ブドウ畑は娘のThérèse(テレーズ)の持参金でした。

これにより、Pichon Longueville(ピション・ロングヴィル)が誕生しました。

 

この後、数世代にわたり家族間でワイナリーが相続されます。

1850年

ワイナリーが二つに分断されます。

Raoul Pichon de Longueville(ラウル・ピション・ド・ロングヴィル)の所有部分がPichon Baron(ピション・バロン)となります。

もう1部分は3姉妹の所有となり、Pichon Comtesse(ピション・コンテス)となります。

Pichon Comtesse(ピション・コンテス)ついても特集記事があるので、もしよろしければご覧ください。

1851年

Raoul(ラウル)男爵はルネサンス様式に触発され、今日私たちが知るお城を建てることにしました。

二つの象徴的な小塔を持つこの城は、ブドウ畑の中心に位置しています。

1855年

格付けで2級に選ばれました。

以下参考記事です。よろしければどうぞ。

1933年

Pichon de Longueville(ピション・ド・ロングヴィル)一族は、50年以上にわたって管理してきたワイナリーをBouteiller(ボテイエ)一族に売却します。

1987年

AXA Millésimes(アクサ・ミレジム)によってワイナリーが買収されます。

1988年

輝かしい歴史を持ち、ブドウ畑にしっかりポテンシャルがあるこのワイナリーのワインよよくするために、新しい醸造施設を建設します。

それ以来、19世紀に建てられた城の手前に水の鏡が設置されました。

 

生産しているワイン

殆どのボルドーのワイナリーでは、ファーストワイン、セカンドワイン(、サードワイン)の生産を木の樹齢で分けています。

ですが、シャトー・ピション・バロンは3種類のワインがそれぞれの畑を持つのが特徴!

三種類のワインは以下の名前で販売されています。

  • Château Pichon Baron(シャトー・ピション・バロン)
  • Les Tourelles de Longueville(レ・トゥレル・ドゥ・ロングヴィル)
  • Les Griffons de Pichon Baron(レ・グリフォン・ド・ピション・バロン)

Château Pichon Baron(シャトー・ピション・バロン)

言わずと知れた、メドック・ポイヤックの格付けワイン。

1855年に2級に選ばれ、現在はスーパーセカンド(質のいい2級ワイン)とも呼ばれているワインです。

昔から持っている畑から採れたブドウのみを使って作られるのが、このワインの特徴です。

Les Tourelles de Longueville(レ・トゥレル・ドゥ・ロングヴィル)

1988年から販売されているセカンドワイン

栽培されているブドウ品種全てを使うのもここの特徴。

(ブドウ品種については先に書いています)

トゥレルは小さな塔という意味で、お城の両端にある塔のことを指します。

Les Griffons de Pichon Baron(レ・グリフォン・ド・ピション・バロン)

2012年から販売されている、もう一つのセカンドワイン

このワイナリーは珍しく、セカンドワインを2種類製造しています。

レ・トゥレル・ドゥ・ロングヴィルとはスタイルの違うセカンドワインで、シャトー・ピション・バロンの弟分と呼ばれる。

ブドウ畑

畑の総面積は73ha

その中で先ほどの3種類のワインを生産しております。

常に畑の2~3%は植え替えを行っているので、73haすべてでブドウを生産しているわけではありません。

1haに9000本のブドウの木が植えられていて、35hlのワインが採れます。

(ちなみにポイヤックの法律では56hlが最小量)

ビオやビオディナミではなく、減薬農法でのブドウ栽培

昔の伝統的な造り方をしていますが、可能な限り肥料は少なく、化学薬品は全く使っておりません

ブドウ品種

ボルドーで認められている品種の内、4種類を植えています。

割合は以下。

  • 65%カベルネ・ソーヴィニョン
  • 30%メルロ
  • 3%カベルネ・フラン
  • 2%プティ・ヴェルド

石や砂の多い場所にカベルネ・ソーヴィニョンを、粘土の多い場所にメルロを基本的には植えているそうです。

 

Château Pichon Baron(シャトー・ピション・バロン)

先ほども少し言いましたが、40haある伝統的に持っている畑から生産されているワイン。

ジロンド川とも近く、一番近いところは川から500メートルの場所にあります!

参考;メドック地方の土地柄を詳しく!

基本的にはカベルネ・ソーヴィニョンとメルロのブレンド

平均樹齢は30年から35年で、カベルネ・ソーヴィニョンが少し多いです。

 

Les Tourelles de Longueville(レ・トゥレル・ドゥ・ロングヴィル)

少し内陸にある畑、14haから生産されるワイン

鉄分が多い土壌に植えられているのも特徴。

そして、植えられている4種類すべてを使うのは、このトゥレルだけです。

 

Les Griffons de Pichon Baron(レ・グリフォン・ド・ピション・バロン)

弟分のこちらは19haの畑を持ちます。

石や砂が多い場所で造られる、カベルネ・ソーヴィニョンやメルロのブレンド

 

収穫

収穫はもちろん手摘み。

大体100人くらいの季節労働者が2週間かけて収穫を行います。

収穫の順番は

若いメルロ→古いメルロ→カベルネ・フラン→プティ・ヴェルド→若いカベルネ・ソーヴィニョン→古いカベルネ・ソーヴィニョン

選果

最初の選果は3台の選果台を使って。

その後除梗されて、レーザーを使った選果機を使います。

※除梗することによって、梗が除かれ、房の状態から実だけの状態になります。

この機械化された選果機は1時間で6トンものブドウを選果することができる優れもの!

醸造室での作業

シャトー・ピション・バロンが醸造で使うタンクは、ステンレスと木。

  • 40のステンレスタンク
  • 6の木のタンク

を持っており、地下にコンクリートタンクも持っています。

コンクリートタンクは、ブレンドや作業で少し使いますが、基本的な醸造はステンレスと木。

アルコール発酵

タンクに入れられたワインはアルコール発酵が行われます。

この間、行われるのがルモンタージュ、デレスタージュ、ピジャージュ

(それぞれの作業については、前に書いた記事 ワイン醸造:アルコール発酵について。をご覧ください)

基本的にはルモンタージュを行いますが、醸造の最初はデレスタージュを、木のタンクにはピジャージュを行います。

それぞれの作業を決めるのは人の舌。

毎日、最低2回試飲することによって、それぞれのタンクにどの作業を行うかを決めます。

そしてその後のマロラクティック発酵はタンク内で行われます。

熟成室での作業

ボルドーの多くのワイナリーと同じ様に、1年目の熟成室と2年目の熟成室を持ちます。

1年目の熟成室では最初の6か月を、残り1年は2年目の熟成室で熟成を行います。

樽について

このワイナリーはそれぞれのワインで熟成期間と新樽使用率を変えています。

  • シャトー・ピション・バロンは計18か月熟成、80%の新樽使用。
  • レ・トゥレル・ドゥ・ロングヴィルは計12か月熟成、30%の新樽使用。
  • レ・グリフォン・ド・ピション・バロンは計18か月熟成、40%の新樽使用。

樽会社は大体8社。

 

そして焼き加減は軽めから強めまで様々です。

そうすることで、同じワインを入れたとしても、樽によって個性の異なるワインができ、最終的なワインに複雑さを与えることができます

澱引き

澱引きは3か月に1回と、ボルドーのベーシックなスパンで行っています。

ただ、澱引き後に樽を洗った後はUV(紫外線)を使って、樽を守っているのが、ここの大きな特徴!

まとめ

ブドウ品種

65%カベルネ・ソーヴィニョン

30%メルロ

3%カベルネ・フラン

2%プティ・ヴェルド

タンク

ステンレスタンク

コンクリートタンク

木製タンク

熟成期間

18か月

新樽使用率

80%

 

ワイナリー情報

Château Pichon Longueville Baron

住所;D2, 33250 Pauillac

電話;+33 5 56 73 17 17

 

参考記事

格付け2級!Château Pichon Lonvueville Comtesse de Lalande

1855年メドック格付けまとめ

ワイナリーSNSまとめ、メドック編

メドック格付けワイナリー、セカンドワインリスト

2018年野田祥子的メドック格付け

メドック地方の土地柄を詳しく!

ワイン醸造:アルコール発酵について。

AOCボルドーで認められている品種(赤/白/ロゼ)

ボルドーワイン=ブレンドワイン

最近のボルドーワインについて

ファーストワインとセカンドワイン…って何?

材質別タンクのメリット・デメリット

ボルドーでのステンレスタンク

ボルドーでのコンクリートタンク。

最後に

スーパーセカンドのワイナリー、シャトーピションバロンでした。

ここは観光業にも力を入れていて、グループ見学であれば気軽に訪問できます。

試飲できるワインは、基本的に同じビンテージのファーストワイン、セカンド×2かな。

並行試飲なので、土壌の違い/品種の違いをかなり実感できます!


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

  1. […] ブログ記事:ポイヤックの2級シャトー、シャトー・ピション・バロン […]

  2. […] シャトー・ピション・バロン […]

  3. […] Château Pichon-Longueville Baron […]

  4. […] シャトー・ピション・バロンについてはポイヤックの2級シャトー、シャトー・ピション・バロンをご覧ください。) […]

  5. […] 、興味のある方はポイヤックの2級シャトー、シャトー・ピション・バロンをご覧ください。 […]

  6. […] 集記事を書いたので、もしよろしければポイヤックの2級シャトー、シャトー・ピション・バロンをご覧ください。 […]

タイトルとURLをコピーしました