ペサックレオニオンの格付け、Château Haut-Bailly

グラーヴ

ボルドーから15キロくらいの場所で、車で30分で行けるワイナリー。

Chateau Haut-Bailly(シャトー・オー・バイィ)です。

今現在は工事中ですが、完成した醸造施設ももうすぐ見学できます!

 

 

歴史

1530年代、Goyanèche(ゴヤネッシュ)一族とDaitze(ダイツ)一族がブドウ畑を購入しました。

1630年までDaitze(ダイツ)一族がワイナリーのオーナーを続けます。

その後、Firmin Le Bailly(フィルマン・ル・バイィ)とNicolas de Leuvarde(ニコラ・ド・ルヴァルド)がオーナーに。

1736年までBailly(バイィ)一族がオーナーで居続け、Thomas Barton(トーマ・バルトン)がその後に続きます。

彼のおかげで”French claret”(フレンチ・クレレ)としてシャトー・オー・バイィが有名になります。

1872年、Alcide Bellot des Minières(アルシド・ベロ・デ・ミニステール)がオーナーとなり、今現在ある石の建物(シャトー)を立てました。

そしてシャトー・オー・バイィはシャトー・ラフィットやラトゥール、マルゴーやオーブリオンと同じ様な価格で取引されるようになりました。

ベロ・デ・ミニステールの死後、1955年まで頻繁にオーナーが変わり、オー・バイィの転換期を迎えます。

1953年、グラーヴの格付けには、順当に選ばれました。

1955年、ベルギー出身のネゴシアンDaniel Sanders(ダニエル・サンダース)がオーナーとなり、シャトー・オー・バイィは新たな時代を迎えます。

Daniel Sanders(ダニエル・サンダース)とその息子Jean(ジャン)は新たな醸造室を建築したり、ブドウ畑の再建を行います。

その後、オー・バイィは新たに素晴らしいワインを生産し、世界にワインを販売始めます。

1998年7月、Robert G. Wilmers(ロバート・G・ウィルマール)がオーナーとなります。

彼は、昔からボルドーの偉大なワインのファンで、シャトー・オー・バイィの歴史を守りながらワインの質を上げていきます。

1998年、Robert G. Wilmers(ロバート・G・ウィルマール)はジャン・サンダースの孫娘であるVéronique Sanders(ヴェロニック・サンダース)と共に仕事をすることにしました。

Bob(ボブ)とその妻であるElisabeth(エリザべス)はワイナリーの経営を向上させました。

2017年12月、惜しまれながらボブが無くなりましたが、そのまま家族がボブの精神を引き継いでワイナリーを経営しています。

ブドウ畑

普通は、区画ごとにブドウ品種を変えますが、ここはひとつの区画に色々な品種が植えられています。

平均樹齢は40年くらいで、古い樹は100年から120年前のもの!

ブドウ品種

なんと6種類!

カベルネ・ソーヴィニョン、メルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド、カルメネール、マルベックが植えられています。

収穫

一つの区画を4回収穫します。

同じブドウが植えられている訳ではないので、何度も収穫します。

醸造施設

先にも言いましたが、2020年に新しい醸造施設が完成します。

ここで、シャトー・オー・バイィの30ヘクタールと、シャト・ル・ピュイ9ヘクタールを醸造予定。

醸造

コンクリートタンクで醸造をします。

アルコール発酵(10~15日)をして、醸し(10~15日)をします。

熟成

3つ熟成室を持ちます。

1年で700樽ほど、保持しています。

7社から樽を購入しています。

ボルドーや、ブルゴーニュ、コニャックで造られたフランス産の樽を使用しています。

焼き加減はミディアム。

マロラクティック発酵

マロラクティック発酵は樽で行います。

長いものだと数か月に及びます。

熟成期間

15~18か月熟成です。

新樽使用率は

  • ファーストワインが50%
  • セカンドワインが3分の1

ブレンド

4月にブレンドをして、さらに熟成します。

そして、最後に澱引きをして、瓶詰めです。

参考記事

ワイナリーSNSまとめ、グラーヴ編

グラーヴ、ソーテルヌ・バルサックの格付けまとめ

 


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました