メドック格付け3級、Châtaeu Kirwan

メドックはマルゴー地方にある、シャトー・キルヴァンについて今回はお話します!

1855年の格付けでは3級に選ばれています。

 

歴史

ここは少し変わった歴史を持っています。

19世紀中旬にボルドー市長だったCamille Godardの所有でした。

Camille Godardの後、相続する人がいなかったのでボルドー市の所有になっていました。

今現在はSchÿllerというドイツの一族が所有しています。

製造しているワイン

ファーストワインとセカンドワインを製造しています。

ファーストワインはもちろん、Château Kirwan(シャトー・キルヴァン)

セカンドワインはCharmes de Kirwan(シャルム・ド・キルヴァン)です

畑は37ha

赤ワインのみの生産なので、もちろん品種も赤ワイン用のものだけ。

ブドウ品種

5種のブドウが植えられています。

  • 47%カベルネ・ソーヴィニョン
  • 10%カベルネ・フラン
  • 35%メルロ
  • 8%プティ・ヴェルド
  • そして0.5haだけカルメネール

 

土壌

石と砂が多く、粘土も少し含まれています。

具体的には…

  • ファーストワイン用の土壌は石と砂
  • セカンドワインは石と粘土、そして石灰

という感じ。

 

醸造室

醸造タンク

2015年に新しい醸造室を造りました。

今はコンクリートタンクのみ

37タンクを持っていて、区画ごとに醸造を行っています。

醸造

選果は3回行います。

収穫時、全房で、除梗をして実だけでの3回です。

そしてポンプを使わずにタンクにブドウを入れていきます。

ここの特徴は、アルコール発酵とマロラクティック発酵を同時に行うこと。

熟成

95%はフランス産、残り5%はオーストリア産のオーク樽を使っています。

澱引きは3か月に1回行われています。

樽の使用率は…

  • ファーストワインは新樽50%、18か月熟成
  • セカンドワインは新樽使用はなく、12か月熟成

です!

ブレンド

熟成が始まって3か月経ったとき、ブレンドを行います。

3か月熟成→ブレンド→さらに熟成

という感じです。

最後に

マルゴー地方のワイナリーで、もちろん見学も可能です☻

ランチやディナー、結婚式もできるワイナリー!

気になる方は訪問してみてください☺


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
HomepageBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ

「メドック格付け3級、Châtaeu Kirwan」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.