19世紀の城と現代アート、シャトー・ヨン・フィジャック

サンテミリオン

今回はChâteau Yon-Figeac(シャトー・ヨン・フィジャック)についてお届けします。

ここは同業の友達とお互い行ったことないところに行こうってことでお邪魔したんよなぁ。

懐かしい。

玄関にある現代アートが目を引くし、凄い印象に残ったワイナリーです。

歴史

色々調べたのですが、あまり情報がなく…今回は短い歴史説明です。

1886年

現存する建物が建築されました。

2005年

Château Yon Figeac(シャトー・ヨン・フィジャック)はロワール地方に3つのワイナリーを所有するVignobles Alain Château(ヴィニョーブル・アラン・シャトー)が造りました。

2011年

環境配慮をしたうえでワインを造るために、減薬農法でのブドウ栽培を開始します。

2013年

環境マネジメントシステムに関する国際規格であるISO 14001の承認を得る。

2016年

高い基準で環境配慮しているという証明HVE 3の認証を得る。

 

生産ワイン

CHATEAU YON-FIGEAC

Château Yon-Figeac(シャトー・ヨン・フィジャック)はファーストワイン。

この記事でお伝えしているのは基本的にこのワインです。

LES ROCHES DE YON-FIGEAC

Les Roches de Yon-Figeac(レ・ロッシュ・ド・ヨン・フィジャック)はセカンドワイン。

熟成は大樽か樽で行われ、ファーストワインよりフルーツのフレッシュ感が強いワインです。

ブドウ畑

24ヘクタールの畑を所有しています。

何度かお伝えしていますが、サンテミリオンの畑平均面積は7ヘクタール程度なので、大きなワイナリーの一つです。

栽培方法は減薬農法

ですがHVE3(Haute Valeur Environnementale)と呼ばれる高い環境配慮しているという証明を得ています。

土壌

サンテミリオンのワイナリーですが、石灰土壌は所有しておりません。

代わりに粘土と砂土壌を所有しています。

それにより、ブドウ品種は

  • 80%メルロー
  • 13%カベルネ・フラン
  • 7%プティ・ヴェルド

を栽培しています。

醸造施設

ステンレスタンクと、内部を樹脂加工されているコンクリートタンクを所有しています。

アルコール発酵中はルモンタージュを。

そしてマロラクティック発酵もタンク内で行います。

熟成

2018年4月に新しい熟成室が完成しました。

熟成はフレンチオークのみ

60%が新樽、残りの40%が1回か2回ワインを熟成した樽です。

澱引きは少な目で、熟成期間中に1回か2回しか行いません。

最後の清澄作業は白身で。

まとめ

ブドウ品種

80%メルロー

13%カベルネ・フラン

7%プティ・ヴェルド

タンク

ステンレスタンク、コンクリートタンク

マロラクティック発酵

タンク内

新樽使用

60%

熟成期間

12か月

 

ワイナリー情報

Château Yon-Figeac(シャトー・ヨン・フィジャック)

住所;À Yon, 33330 Saint-Émilion

電話;+33 5 57 84 82 98

メール;info@vignobles-alainchateau.com

 

参考記事

サンテミリオン、最新格付け

サンテミリオン格付けワイナリー、セカンドワインリスト

ワイナリーSNSまとめ、サンテミリオン編

本には載っていないサンテミリオンの格付けについて

サンテミリオンのAOCをひも解く。

ワイン醸造:アルコール発酵について。

AOCボルドーで認められている品種(赤/白/ロゼ)

ボルドーワイン=ブレンドワイン

最近のボルドーワインについて

ファーストワインとセカンドワイン…って何?

材質別タンクのメリット・デメリット

ボルドーでのステンレスタンク

ボルドーでのコンクリートタンク。

 

最後に

去年から見学可能になったワイナリーですが、あんまり見学できないワイナリーの一つ。

最近はアートにも力を入れていて、ワイナリー内にモダンアートがちりばめられています。

今後、まだまだ変わっていくのかなぁ。楽しみなワイナリーの一つです。


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました