文房具で有名なBIQオーナー所有シャトー、Château de Ferrand

サンテミリオン

以前、レストランブログにここでのランチについて書きました(#^^#)

今回はワイナリーについての記事です。

レストランについてはワイナリーで軽食を、Château de Ferrandをご覧ください。

 

 

歴史

17世紀からワイナリーの歴史がはじまります。

Ferrand(フェラン)の特徴は、300年の歴史の中でElie de Bétoulaud(エリー・ド・ベトウロ)とその相続人たち、そしてMarquis de Mons(マルキ・ド・モン)とその相続人たちという、2家族のみがオーナーになっていることです。

その後、Bic(ビック)(文房具とかライターとかで有名な会社)のオーナーであるBaron Bich(バロン・ビック)家族がオーナーになりました。

今現在のオーナーはPauline Bich Chandon-Moët(ポリーヌ・ビック・シャンドン・モエ)、そして夫であるPhilippe Chandon-Moët(フィリップ・シャンドン・モエ)が補佐しています。

Château de Ferrand(シャトー・ド・フェラン)は2012年にグラン・クリュ・クラッセに選ばれました。

そして、このワイナリーはドルドーニュの渓谷を眺めることができ、素晴らしいお城と、洞窟を持ちます。

お城

1702年に建てらたこのお城は、ヴェルサイユ宮殿の様にしたかったそうです。

左右対称(フランスらしい)で、塔をたて、コの字型の建物に。

ブドウ畑

畑は32ヘクタール所有しています。

この32ヘクタールはひとつの大きなブロックに!

シャトーや森などを入れて42ヘクタールを所有しています。

ブドウ品種

  • メルロ
  • カベルネ・フラン

2つのブドウ品種を栽培しています。

平均樹齢は30年程度で、一番古い樹は60年程。

栽培方法

減薬農法での栽培を実現しています。

2020年、8ヘクタールの畑をオーガニック栽培にしました。

今後も面積を増やしていく予定だそうです。

醸造施設

全てコンクリートタンクで醸造しています。

地下にもコンクリートタンクがあり、アルコール発酵後、樽熟成が始まる前に一度ワインをタンクに入れる時に使います。

ステンレスタンクも少量持っていますが、こちらはストック用。

発酵

アルコール発酵中はルモンタージュを行います。

(参考記事;ワイン醸造:アルコール発酵について。

そしてマロラクティック発酵は樽内で。

つまり、

地上のコンクリートタンクでアルコール発酵→一時的に地下のコンクリートタンクへ→樽に入れられマロラクティック発酵→熟成

という感じ。

熟成

18か月熟成を行います。

3分の1が新樽、3分の1が一度ワインを熟成した樽、残りの3分の1が二度ワインを熟成した樽です。

まとめ

ブドウ品種

80%メルロ

20%カベルネ・フラン

1~2haプティ・ヴェルド

タンク

コンクリートタンク

マロラクティック発酵

樽内

熟成期間

18か月

新樽使用率

3分の1

 

参考記事

ワイナリーで軽食を、Château de Ferrand

サンテミリオン、最新格付け

ワイナリーSNSまとめ、サンテミリオン編

本には載っていないサンテミリオンの格付けについて

サンテミリオンのAOCをひも解く。

ワイン醸造:アルコール発酵について。

ボルドーワイン=ブレンドワイン

最近のボルドーワインについて

 

最後に、の代わりに

2020年より見学の種類を色々用意しています。

今年から始まったのがワイナリーの見学後、地図をもらって敷地内を散策、その後ワインとタパスを頂けるというもの。

食事についてはワイナリーで軽食を、Château de Ferrandで書いたのでご覧いただければと思います。

散歩…めっちゃ楽しかった!

ぐるーっと大きく回るコースと、ショートカットコースがあって、時間や体力、はたまた天気や気分によって回り方を変えられます。

お子さんがいても自由に歩けるし飽きないと思う(#^^#)

家族旅行でボルドー来た方に全力でオススメします!


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

  1. […] Château de Ferrand […]

タイトルとURLをコピーしました