古いコニャックを所有しているメゾン、A.E. ドール

コニャックメゾン

ここずっと訪問したくて、確か去年かな、連続で2回訪問させてもらいました。

今回は、コニャックの近くジャルナックという町にあるMaison Aédor(メゾン・アウドール)のご紹介です。

歴史

1858年

Amédée Edouard DOR(アメデ・エドワード・ドール)によって創設されました。

彼は独創的で緻密なコニャックに生涯をかけました。

彼は最高のコニャックやオー・ド・ヴィを探し、選び、集めました。

一切ブレンドや添加物を加えずに、数十年に渡って(70年以上)オーク樽で熟成された後、蝋で封されたDames-Jeannes(ダム・ジャン/ガラスの容器)に入れられ香りと共に保存されています。

これらのガラス瓶はParadis(パラディ)と呼ばれるセラーに入れられています。

 

この創設者Amédée Edouard DOR(アメデ・エドワード・ドール)からメゾンの名前がA.E. Dor(A.E. ドール/アウドール)となりました。

彼は公証人で、当時所有していたコニャックの証明書類をつくっていました。

それもあり、このA.E. Dor(A.E. ドール/アウドール)は自然にアルコール度数が40度以下まで下がったコニャックも販売することが出来ます。

とはいえ、貴重なコニャックなので今のところ販売予定はないらしい。

生産コニャック

沢山のコニャックを生産しています。

商品名の後の(数字)°はアルコール度数を指しています。

Tradition

一番クラシックなラインがこれです。

  • Cognac Sélection 40°
  • Cognac Rare fine Champagne 40°
  • Cognac Embleme
  • Cognac Napoleon 40°
  • Cognac vieille fine Champagne XO 40°
  • Cognac Cigar 42°
  • Cognac Albane

Hors d’Âge

熟成系コニャックがこれ。

  • Cognac Réserve n°6 40°
  • Cognac Réserve n°7 42°
  • Cognac Réserve n°8 47°
  • Cognac Réserve n°9 40°
  • Cognac Réserve n°10 41,5°
  • Cognac Réserve n°11 43°

DECANTER

デカンタに入れられた贈答用コニャック。

  • Extra Decanter 40°
  • A.E. Dor For Week End
  • 150ème Anniversaire
  • Coffret Crus Collection
  • Coffret Dégustation
  • Coffret A.E. Dor’ Seasons
  • Grand Cru 40° Crystal Carafe

Albert Jarraud

同じ生産者が持つ別の名前のコニャック。

  • Cognac VSOP
  • Cognac XO
  • Cognac XO Extra fine champagne
  • Cognac Vintage

ブドウ畑

40ヘクタール前後の畑から採れたブドウを使用しています。

クリュは、グランド・シャンパーニュプティット・シャンパーニュボルドリーファン・ボワの4か所に渡っています。

自社畑(23ヘクタール)もありますが、契約している農家さんからブドウを買ったり、ワインを買ったり、蒸留酒を買ったりもしています。

そしてブドウ品種も3種。

  • 97%ユニ・ブラン
  • 2%コロンバール
  • 1%フォール・ブランシュ

を栽培しています。

※この畑はアウドールのものではありません

蒸留

このメゾン、蒸留にいくつか特徴があります!

VSやVSOPになるものの蒸留はガスで、それ以上のものは25ヘクトリットルの蒸留器で未だにをくべています。

蒸留は澱を除いて行います。

ワインのアルコール度数が7%、1度蒸留が終わった後が34~36%、2度蒸留が終わった後、他のメゾンは70%強になります。

が、A.E. Dor(A.E. ドール/アウドール)では68%程度にしています。

これによって、最終的なワインがよりフローラルになるそう。

熟成

60~80年くらいまでは550ℓの樽での熟成を行います。

品質の高いものは大樽で熟成をすることで、木の香りをつけず、ブドウ本来の華やかさを残すようにしています。

希釈

コニャックはアルコール度数40度で販売するお酒です。

そのためには蒸留水を使うメゾンがほとんどです。

が、ここではミネラルを抜いた水で希釈します。

ミネラル分を抜いているので、コニャックの味や香りを変えないとのこと。

蒸留水よりは高いですが、この方法を採用しています。

そして、キャラメルを足したり等はしていません。

テイスティング

このメゾンも沢山のコニャックを試飲させてくれました!

コニャックについてはもちろん、ラベルの歴史も教えてくれるのでとても興味深かった。

熟成コニャックのボリュームが凄い!

これはガス蒸留じゃないからかなぁ。

製品によって、エレガントなものから深みがあって男性的なものまで。

まとめ

ブドウ品種

97%ユニ・ブラン

2%コロンバール

1%フォール・ブランシュ

クリュ

グランド・シャンパーニュ

プティット・シャンパーニュ

ボルドリー

ファン・ボワ

ワイナリー情報

Maison Aédor

住所;1 Allée des Trois Jeannettes, 16200 Jarnac

電話;+33 5 45 36 88 68

参考記事

コニャックメゾンの全貌!

コニャックのAOCとクリュ、それぞれの特徴

コニャックの原料は?品種は?

コニャックの蒸留について

コニャック、熟成年数についてまとめ。VS/VSOP/XO

コニャックの秘密。どうしてミレジメ/ヴィンテージものが少ないのか。

最後に

歴史を色々伺いながらの訪問、試飲は楽しかった!

見学する場所と、実際に醸造/蒸留しているところが違うので、蒸留器等々は見られへんかったけど十二分に楽しい!

思わず連続で2回訪問をお願いしてしまった。

また訪問させていただきたい、素敵なメゾンでした。


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください
Instagram
Twitter
レストランブログ
Facebook|Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage|SachiWines 
旧ブログ|レストランブログ
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました