コニャックメゾン訪問記;ABK6

コニャック

コニャック在住なので、友人や家族、時々お仕事でコニャックメゾンの見学をしています!

今回のレポートは「ABK6」。

 

ドメーヌについて

ここは「Domaines Francis Abécassis」という会社で以下4つのマークを所持しています。

  • Leyrat
  • Reviseur
  • ABK6
  • Grands Domaines

この4つのマークで所有している畑は370ha。

100%Ugni Blanc(ユニ・ブラン)で、100%自社ブドウを使って生産しているメゾンです。

今回は、この4つのマークのうちABK6の見学をしてきました。

醸造と蒸留

タンクは26所有。

アルコール発酵は1週間から10日ほど。

他のメゾンと同じく、アルコール度数は7~8%と低く、酸が高いワインです。

そして蒸留は2月末までには終わらせます。

ここ30年くらいはガスを使った蒸留器を使用しています。

蒸留の後…

普通はすぐに樽(350~400リットル)の中にオー・ド・ヴィを入れます。

ここでは2012年からひと手間加えました。

それは、2週間から6か月の間大樽に入れること。

大樽にオー・ド・ヴィが入っている間に、どの熟成室に入れるかを決めます。

熟成年数

VSは4年以上の熟成(法律は2年以上)

VSOPは6年から8年以上の熟成(法律は4年以上)

XOは15年以上(法律は10年以上)

の熟成を経たものだけブレンドしています。

試飲+購入

見学の最後は試飲です。

好きなお酒を飲ませてくれました。

そして、私はコニャックではなくジンを購入して帰宅。

樽熟成されているものと、されていないものの2本頂きました。

飲みたい方は是非家へどうぞ。笑


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
HomepageBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました