コニャック

スポンサーリンク
コニャック

コニャックメゾン訪問記;ABK6

コニャック在住なので、友人や家族、時々お仕事でコニャックメゾンの見学をしています! 今回のレポートは「ABK6」。 ドメーヌについて ここは「Domaines Francis Abécassis」という会社で以下4つのマークを所持...
コニャック

若手コニャックメーカー;Bourgoin

引き続き見学のレポート記事です。 今年はコニャックの記事も増やしていきます! 2度見学させてもらったBourgoin Cognacについてです。 現オーナー(フレデリック)は驚くほど博学。 元々歴史やったかな、地学やったかな、の勉強...
コニャック

大好きなテスロン一族のコニャック、Tesseron

引き続き訪問レポート記事です。 私が無類のシャトー・ポンテカネ好きと知ってくれている方もいるかと思います。 ポンテ・カネについては「【長文】大好きなワイナリー、シャトー・ポンテ・カネについて」をどうぞ。 今回は同じテスロン一族の造るコ...
コニャック

日本で有名なコニャックメゾン、ポールジロー

小さな生産者さんにも関わらず、日本でかなり有名なポールジロー。 コニャックについて詳しく知らない人でも、ポールジローは知っている人が多いのではないでしょうか。 この間訪問してきたので、そのレポート記事です。
お酒としてのコニャック

コニャックの秘密。どうしてミレジメ/ヴィンテージものが少ないのか。

タイトル通りですが、何故コニャックではビンテージものが少ないのか、そしてビンテージコニャックはどうして値段が高いのか。 ビンテージでないものより質が良いから高い? いいえ、違います。 結論はとても単純なんですが、あまり語られない話を今...
お酒としてのコニャック

コニャックを飲もう!

色んな場所でボルドー在住といってますが、実はコニャックにも住んでいます。 家はコニャックにあって、ボルドーには仕事場?仮の宿?がある感じです。 この間Twitterにあげた内容。
コニャック

コニャックについて。

「コニャック」という名前を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 日本にも輸入されている、ブランデーの一種です。 私はコニャックの旧市街に住んでいます。 折角なので、コニャックについてもこのブログで書いていこうと思います&#x...
コニャック

コニャック、熟成年数についてまとめ。VS/VSOP/XO

コニャックの蒸留の話を書きたいんですが、絵を書かずして表現する方法が思いつかず、絵を書いてもスキャンがないので、どうしたものかと思っています。 今回は蒸留と同じくらい大切な熟成年数について! 熟成しないコニャックは存在する?...
コニャック

日本未入荷コニャックのご紹介:Marancheville

今回もコニャックのメゾン紹介をします。 ただ、以前に更新したヘネシーやレミーマルタンと違い、とても小さな生産者にスポットを当てたいと思います。 今回特集するのは「Marancheville」! 日本語で発音しにくいのが難点ですが、...
コニャック

コニャック、レミーマルタン見学について

コニャック見学についてヘネシー見学に続きレミーマルタンの見学について。 この日の見学はちょっとしたツテで見学させてもらったので、もしかしたら通常見学とは流れが違うかもしれません。 ちょっとだけ歴史 1724年 コニャッ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました