ボルドーのネゴシアンとブルゴーニュのネゴシアンの違い

ワイン

ワインを勉強していると出てくる「ネゴシアン」という単語。

今回はこの「ネゴシアン」についてお届けしようと思います。

 

 

直訳

フランス語で「Négociant」と書きます。

辞書には、

卸売業者、卸売商;(卸売りと小売りの間の)仲介業者、ブローカー;商人

と書いてあります。

よく言われるのが「仲介業者」ではないでしょうか。

では、簡単にボルドーとブルゴーニュの違いをお伝えしようと思います。

ボルドーのネゴシアン

ボルドーでは、ネゴシアンがたくさんいます。

プリムールでワインを購入できるのもネゴシアン。

プリムールについては、こちらをどうぞ;2017年、ボルドープリムールについて

要は「瓶詰めされたワインを買って、販売する」人がネゴシアンです。

まさに仲介業者の役割を果たしています。

 

ブルゴーニュのネゴシアン

ブルゴーニュのネゴシアンはまたちょっと違う。

ブルゴーニュではワインの醸造も行います。

収穫されたブドウ、若しくは果汁を買ってきて醸造・熟成から瓶詰までを行います

Louis Jadot(ルイ・ジャド)はブルゴーニュでも有名なネゴシアンなので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

まとめ

ボルドーのネゴシアンは「瓶詰めされたものを購入し、販売する」

ブルゴーニュのネゴシアンは「醸造も行う」

という違いがあります。

外の地域では、ブルゴーニュ型のネゴシアンの方が多いのではないでしょうか。

 


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました