ワイン醸造:エクラージュとプレスワイン

先週で発酵のお話が終わったので、今日はワインを樽から出そうと思います。

以前、アルコール発酵の時にお伝えしましたが、ワイン醸造中はタンクの中で固体分(皮や種)と液体分(ワイン)に分かれています。

ワインを樽に入れる

タンクから樽に移動させるとき、Ecoulage(エクラージュ)という作業を行います。

これは単純にワインをタンクから流しだす作業の事です。

昨年作業中に写真を撮ったので、共有。

粗い目の網の様なものを通して、大きな桶の様なものに一旦入れます。

そこからこのシャトーは別の空のタンクにワインを入れ、そこから樽へ移す、という作業を取っていました。

 

残った固体分は?

タンクからワインを抽出した後、固体分がタンクの中に残ります。

この固体分については、人がタンクの中に入り、スコップでタンクの外に出していきます。

もちろん捨てません!

ということで次の作業。

 

圧搾

固体分はこの圧搾機を使うことで、プレスワインを造ります。

フランス語ではVin de Presse。

このプレスワインについてもシャトー毎に色々決まりがあります。

最初は圧力を少なくプレスし、その後徐々に圧力を上げることで、いろんな種類のプレスワインを造ります。

これらはそれぞれ熟成され、ブレンドの時にワインに足されます。

 

プレスワイン

プレスワインは絞っている、ということからわかるように、苦みやタンニン、色、えぐみも多いです。

なので、ブレンド時に隠し味の様な感じで、ワインに深みを持たせるために入れられることが多いです。

 

プレス後の皮や種は?

これは企業秘密らしく、どのシャトーがどこに販売している等、最後の流通まで教えてくれないのですが、ほとんどが蒸留所へ販売されます。

ボルドーではマールを造っていないので、蒸留されたものは薬や化粧品になったりします。

化粧品は元々ボルドーに本社を持っていた(現在はパリ)Caudalie(コダリー)が有名。

一時期日本にも入っていたようですが、現在は撤退してしまったようですね。

ここはブドウ由来の化粧品を提供しているお店です。

ボルドー市内にも店舗があるので、お土産にどうぞ!

 

ちなみに、Les Sources de Caudalieではエステも受けれるそうです☆

その内体験してみたいものNo1です!

 

と、ちょっと寄り道してしまいましたが、次週は熟成についてお話しようと思います。

ワインは捨てるものが何もない、というのが素晴らしい!


何かご意見やご要望、質問がある方は気軽にコメント・メールください^^
sachi.guide@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
HomepageBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ

「ワイン醸造:エクラージュとプレスワイン」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.