コロナウイルスによる体験談【その2】

日常

前回【その1】を公開しましたが、それの続きの記事です。

思った以上に長くなってしまっています…。

前回はフライトの変更が終わったところまで。

今回は、夫の移動から私の移動、そしてボルドー到着まで!

 

 

土曜日の朝(夫の出国)

実家が大阪なので、関西国際空港から出発。

日本人が海外に出ないこともあり、閑散としてました。

夫は無事に出国し、その日のうちのフランスへ到着。

何事もなくて一安心。

夫が乗った飛行機には、日本人の方もそこそこいらっしゃったみたいです。

帰国前日の買い物

ある程度の期間、家から出られないというのがわかっていたので、保存食を買いに行きました。

ま、これはコロナ騒動がなくてもいつもしているルーティーン。

普段より少しお味噌汁を多く買ったくらいかな。

後は、麺類。

 

準備万端!

翌日のフライトの準備が万端になり、よし、今日は早く寝ようと思ってベッドでくつろいでたら…!

またエールフランスから連絡。

翌日のパリ→ボルドー便が欠航になりましたよ。って。

早速エールフランスに電話!

 

エールフランスの対応

前回の反省を受け、直接フランスに連絡。

(日本のエールフランスの電話対応時間ではなかったこともある。)

連絡きて、速攻電話したから、まだ電話対応者の元にフライト欠航の情報が来ていなかったらしい。

話していると、その日(21日)のパリ→ボルドー便はすべて欠航になったとのこと。

つまり、翌日の便を取るしかない。

でも、エールフランスの手持ちのホテルの部屋がなくなってるから、ホテルは自力で取ってくださいって。

…いやいや、なんでやねん。

 

翌日のフライト

結局、翌日の朝の便に変更に。

電話している間に、便の変更を伝えるメールも来ました。

ホテルは自力で取れと言われたので、空港近くのホテルを予約。

こちらも予約後にサイトを見たら満室になってた!

いやー、運がいい。

 

ふと思ったんやけど、もし電話してなかったら、ホテル取れてないことに気づかず、当日焦ってたんちゃうかなぁって。

空港泊はさすがにキツイ。

あんまり電話した意味なかったけど、電話してよかったと思うことにします!

 

関西国際空港へ

空港へは車で送ってもらいました。

到着したら…やっぱり人がいない。

なんか、人がいない空港って恐怖を感じるのは私だけ…?

搭乗

いつも通り、チェックインを済ませ、搭乗。

何も変わらない流れです。

マスクをしている乗客の方が多かったなぁ程度の印象。

席について、まぁまぁいつも通り。

CAさんがみんなマスクしていたので、声が通りづらいですが、それは仕方がないですよね。

違いはマスクくらいかなぁ。

そして、CAさんと話していたら衝撃の事実を告げられました。

 

衝撃の事実

まさか飛行機に乗っている日本人乗客は私だけ。

いやいや、びっくり。

外にも日本人の方がいたので、その方たちは?って聞いたら、エールフランスの社員だよって。

大阪発のフライトが最後だからみんなギリギリで乗ってるの。

とのこと。

 

…え、最後の大阪発のフライト??

私めっちゃ運良くない?

この先数週間、長ければ数か月フライトがないかもしれないらしい。

(後に知った事実ですが、エールフランスは90%減だそうです。なので、東京発の便はあるかもしれません。)

 

制服を着た方もいて、その人たちは到着してすぐ乗客としてフランスに戻る方々の様でした。

そして、日本に1泊して乗客としてフランスに戻る方も。

私の周りはエールフランスの職員の方がめっちゃ多かったです。

 

機内食

機内食が通常と違いました。

コロナ対策のためにお皿の上に蓋がされてました。

でも、それくらいかなぁ。

機内はそれほどコロナウイルスの影響を感じませんでした。

 

パリ到着

パリに到着してびっくり。

空港に本当に人がいない。

長居できないので、早速予約したホテルへ。

ホテル到着

シャルルドゴール空港近くで初めて泊まったホテル。

ですが、パリ市内に系列のホテルがあり、そこに泊まったことがあったのでスムーズでした。

チェックインを担当してくれた人はマスクと手袋をしていました。

残念ながらコロナウイルスの影響で夕食を食べたければルームサービスしかできないとのこと。

 

ホテルでの食事

気が付いたらずーっと寝てしまったので、夕食は食べずに終わりました。

そして朝食。

普段はブッフェスタイルなんですが、こんな感じで紙袋に入れてくれました。

これも対策だそう。

ということで、朝ごはんもさらっと食べて空港へ行きました。

空港へ

昨日ホテルへ行った道を逆行して空港へ。

一旦空港から出たので、手荷物検査を。

そもそも人があんまり居なかったんやけど、前の人に近づくと、職員の人に

1メートル以上離れて

って言われた。

そして1レーン1人しか検査してくれない。

これも距離を保つためですね。

(奥にいる黒服の人は職員の方)

いろんなところで徹底してるなぁって。

 

そしてステイタスがあるので、ラウンジで朝ごはんを。

…最初っからここに来ればよかった…。笑

 

ラウンジ内での変化

ラウンジでは、こんな立て看板が。

普段は自分たちで自由に取れるブッフェですが、お願いをして取ってもらうシステムでした。

そもそも人が少ないのでできるシステムだなぁと。

サービスの方も、マスクと手袋してました。

そして、私たちは近くに寄れないようになっていました。

 

搭乗、そしてボルドー到着

機内では同様にCAさんがマスクをしていましたが、それ以外特に変化はなく。

そして、ボルドーに到着しました。

いつもはHall Bに到着しますが、完全閉鎖されているとのことでHall Aに到着。

そして、いつもは到着口にお迎えの人がたくさんいますが、いない。

お迎えの人たちは、外で待たなければいけないらしい。

空港のトイレも全部閉鎖されてて、ちょっと焦った。笑

 

もう少し続きます。

最初の予定より、長くなってます。すいません。

普段との違いを書こうと思ってて、これだけの長さなので、色々違いはあったんだろうなぁと。

次回はボルドー到着から家に帰るまで。

警察に停められます。


感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
レストランブログ
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
Homepage・SachiWines 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメント

  1. […] 第二弾はこちらからどうぞ;コロナウイルスによる体験談【その2】 […]

タイトルとURLをコピーしました