海外生活

その他のお酒

ボルドー産アペリティフ、Lillet

ボルドー産のアペリティフ、Lillet(リレ)について。 あまり日本では知られていませんが、サントリーが輸入しています! 歴史 1680年 ジロンド県のSaint-Morillon(サンモリヨン)出身のJea...
コニャック

大好きなテスロン一族のコニャック、Tesseron

引き続き訪問レポート記事です。 私が無類のシャトー・ポンテカネ好きと知ってくれている方もいるかと思います。 ポンテ・カネについては「【長文】大好きなワイナリー、シャトー・ポンテ・カネについて」をどうぞ。 今回は同じテスロン一族の造るコ...
その他のお酒

ボルドー初!ウイスキーMoon Harbour

少し前ですが、ボルドー初のウイスキーを造ろうとしているMoon Harbourにお邪魔してきたので、その時のレポートです。 ボルドーといえばワインですが、そのワインの町ボルドーでウイスキーを造ってしまおうというプロジェクト。 初めてのこ...
コニャック

日本で有名なコニャックメゾン、ポールジロー

小さな生産者さんにも関わらず、日本でかなり有名なポールジロー。 コニャックについて詳しく知らない人でも、ポールジローは知っている人が多いのではないでしょうか。 この間訪問してきたので、そのレポート記事です。
コニャック

コニャックの秘密。どうしてミレジメ/ヴィンテージものが少ないのか。

タイトル通りですが、何故コニャックではビンテージものが少ないのか、そしてビンテージコニャックはどうして値段が高いのか。 ビンテージでないものより質が良いから高い? いいえ、違います。 結論はとても単純なんですが、あまり語られない話を今...
ワイン

2018年のボルドーワイン

2019年も中盤になったので、2018年ボルドーワインについて完全なる独断と偏見で書こうとおもいます! 「個人的意見」がものっすごい入ってる記事なので、御理解の上読んでください。
ワイン

樽熟成について

質問があったので、今回は樽について色々書いていこうとおもいます! 新樽100%使用というのは良いサインなのか、はたまた新樽0%が良いサインなのか。 そもそも新樽って何? 字で見ると分かりやすいですが、言葉で聞くとわかりにく...
自己紹介

自己紹介:お酒に関する経営学校へ行く

ダークシーズンも終わり、次は学校の入学です。 ワインのマーケティング学校に行きたく、試験を受けに行きました。 ソムリエ学校は面接だけで終わったのですが、次の学校は入学試験がしっかりありました! 入学試験の内容について 筆...
ワイナリー

インスタ映えするボルドーワイナリー4選

ワイナリー巡りを沢山しているので、ちょっとテーマ毎にワイナリーをお届けしようかなぁと思います。 本日のテーマは、ずばり「インスタ映え」! そもそもワインにインスタ映えを求める人がいるのかが疑問ですが、写真映えするワイナリーをご紹...
コニャック

コニャック、熟成年数についてまとめ。VS/VSOP/XO

コニャックの蒸留の話を書きたいんですが、絵を書かずして表現する方法が思いつかず、絵を書いてもスキャンがないので、どうしたものかと思っています。 今回は蒸留と同じくらい大切な熟成年数について! 熟成しないコニャックは存在する?...
タイトルとURLをコピーしました