マコウ村の霜被害について

以前ボルドー2018年の雹被害についてブログに書きました。

前回の記事:ワインニュース:ボルドー雹被害

今回は雑誌や新聞から一歩離れて、実際に体感したことについて書こうと思います。

いつもと比べてかなり短い記事なので、是非どうぞ。

 

色んなところで言われている、アペラシオン・マルゴーに入るすこし手前、コミューン・マコウの霜被害について。

今年はマコウとブライの畑が被害にあったと言われていたので、とりあえずマコウに行ってみました。

普通の元気なブドウ畑はこんな姿。

反対に、マコウのブドウ畑はこんな姿。

さらに近づくとこんな感じです。

見ているだけで哀しくなってしまう様相です。

 

実はこれ、今年のブドウの生産がなくなっただけではなく、来年のブドウも生産できなくなっている状態です。

そして昨年霜被害があったワイナリーは合計3年間ワインを生産できなくなってしまいました…。

 

昨年から厳しい気候に悩まされるボルドーですが、今年はこれ以上の被害がないように願うばかりです。


何かご意見やご要望、質問がある方は気軽にコメント・メールください^^
sachi.guide@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
HomepageBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.