シャトー・ラトゥールがビオ認定を!

2018年10月に流れて来たニュースです。

もっと早く記事にしたかったのですが、遅くなってすいません…。

長らくオーガニックとしてのブドウ栽培を行っていた、メドック格付け1級のシャトー・ラトゥールがついに認証を得ました!

メドック格付けについて簡単に

メドックは1855年に格付けが制定されました。

その時、メドック地方のワイナリーが1級から5級まで選ばれました。

いくつか変更は有りましたが、1級ワイナリーが5シャトー2級ワイナリーが14シャトー3級ワイナリーが14シャトー4級ワイナリーが10シャトー5級ワイナリーが18シャトー選ばれています。

発表されたのは1855年の4月18日なのですが、私の誕生日なので皆さん祝ってくださいね♡笑

 

格付け1級で初めてのオーガニック認定

メドックの格付け1級で初めてオーガニック認定されたのが、シャトー・ラトゥールです!

シャトーとしてオーガニック認定を受けるためには、持っている畑全てをオーガニックとして栽培しなければいけません。

シャトー・ラトゥールは90ヘクタールを持っているので…かなり労力がかかる事がわかります。

ちなみにですが、今は馬もいて馬が畑を耕している部分もあります。

 

どうやって公表された?

公表のされ方が今どきです。

最高経営責任者のFrédéric Engererがツイートしたのがきっかけ。

 

他のワイナリーは?

メドックではもともとオーガニック栽培が出来ないと言われていたんですよね。

今現在いくつかのワイナリー、ポイヤックのシャトー・ポンテ・カネマルゴーのシャトー・パルメ、同じくマルゴーのシャトー・デュフォー・ヴィヴァンマルゴーのシャトー・フェリエールが認定を受けています。

そしてシャトー・オー・バージュ・リベラルとシャトー・モンローズが認証を受けようとしている途中です。

そしてその後に追随しているのがシャトー・ペデスクロー、シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテスドラランド、シャトー・マルキ・ド・テルム。

今後どんどん変わりゆくボルドーワイン。

今後の変化も注目です!

 

感想やこんな内容書いて欲しい!などあればお気軽に連絡ください。
sachiwines@gmail.com

その他色々やってるので、良かったら見てください☆ 
Instagramsachiko0418 
FacebookBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
HomepageBordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット 
旧ブログ・Bordeaux-Japon.net ボルドージャポンネット レストランブログ
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください