グラーヴ

またまたルリュトン一族のワイナリー、Château Bouscaut

ルリュトン一族所有のワイナリーを沢山ご紹介しているこちらのブログ。 今回はペッサク・レオニャンのワイナリー、Château Bouscaut(シャトー・ブスコー)をご紹介します。 その他、ルリュトン一族のワイナリーの記事は以下リンクから...
ソムリエ協会

フランスのソムリエ協会について

私はフランスのソムリエ協会に所属しています。 確か…2016年からかな。 あぁ、もう4年前になるのか。 時が経つのって早いよね。 始めに 始まりはこのツイート。 ソムリエ協会について新たに書こうと思ったんやけど、...
ポイヤック

格付け2級!Château Pichon Lonvueville Comtesse de Lalande

名前が長いワイナリー、Château Pichon Lonvueville Comtesse de Lalande(シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド)についてお届けします。 前回、元兄妹ワイナリーであるピションバロ...
コニャック

コニャックのAOCとクリュ、それぞれの特徴

いきなりですが質問です。 答えは…1つ。 くわしく言うと「Cognac」「Eau-de-vie de Cognac」「Eau-de-vie des Charentes」が認められていますが、内容は全く同じなので1つです。 では...
ワイナリー

2009年ボルドー左岸格付け by Liv-ex

皆さんご存知ですか? メドックの格付けといえば1855年が有名です。 (参考;1855年メドック格付けまとめ) ロンドンのLiv-exというワインの貿易会社が2009年に格付けを出しました。 これはボルドー左岸赤ワインのみの格付けで...
ポイヤック

メドック1級シャトー、Château Lafite Rothschild

いつもふと頭に浮かんだワイナリーの特集記事を書いているのですが、ポイヤックのワイナリー記事が少ないですね…💦 1級シャトーの一つ、Château Lafite Rothschild(シャトー・ラフィット・ロートシルト)をお...
グラーヴ

カトリックと強い繋がりを持つワイナリー、Château la Mission Haut-Brion

グラーヴ地方にあり、Château Haut-Brion(シャトー・オーブリオン)と同じオーナーのChâteau La Mission Haut-Brion(シャトー・ラ・ミッション・オーブリオン)についてお届けします。 オーブリオンにつ...
サンテミリオン

特徴しかないワイナリー、Château Cheval Blanc

サンテミリオンの格付けの一番上であるGrand Cru Classé Aに選ばれているChâteau Cheval Blanc(シャトー・シュヴァル・ブラン)の特集記事です。 至るところに特徴があるので、書いてて面白かったです! ...
サンジュリアン

タルボット将軍の名を冠したワイナリー、Château Talbot

前回もお伝えしましたが、一旦コニャックメゾンのレポートはお休み。 ワイナリー記事に戻りたいと思います。 月に何回かはコニャックメゾンについて書く予定にしていますし、今後も見学を続けていく予定です! ということで、今回ご紹介するのはCh...
コニャック

コニャックといえば、Hennessy

コニャックメゾン、訪問レポートを続けてお届けしているここ最近。 5回目の今回は、コニャックといえば!のヘネシーについてお届けします。 そして、これをもって一旦コニャックメゾン訪問記はお休みして、ワイナリー訪問記へ戻ります。 今後は、定...
タイトルとURLをコピーしました