コニャックメゾン

コニャック生産地のおいしいワイン、ドメーヌ・ル・プティ・マラン

コニャック生産地域のワインってそんなにおいしくないの。 あぁ、こんなこと書かない方が良いのはわかっている。 ボルドーだったりロワールだったりのワインを飲みたくなってしまうの。 でもね、でもね、ここのワインはひと味もふた味も違うかった!...
コニャックメゾン

古いコニャックを所有しているメゾン、A.E. ドール

ここずっと訪問したくて、確か去年かな、連続で2回訪問させてもらいました。 今回は、コニャックの近くジャルナックという町にあるMaison Aédor(メゾン・アウドール)のご紹介です。 ...
コニャックメゾン

三ッ星レストランでも取り扱われるコニャック、ピエール・ド・スゴンザック

小規模生産者ですが、実力派であるPierre de Segonzac(ピエール・ド・スゴンザック)に行ってきました。 訪問時は蒸留が終わって、それでも忙しいタイミングでした。 美しいブドウの涙も見れたので、そんな写真も載せていきます。 ...
コニャックメゾン

エレガントで美しいコニャック、フランソワ・ヴォワイエ

気になってたメゾンにやっと行ってきました! François Voyer(フランソワ・ヴォワイエ)はご存知の方もいるのではないでしょうか。 エレガントでバランスの良いコニャックを造るメゾンです。 歴史 1870年代 ...
コニャック(酒)

コニャックメゾンの全貌!

今回はコニャックメゾンについて。 2018年3月に書いていたものをリニューアルしました! この記事、古いのに常に見てくれている人がいたのです。 ありがとうございます。 日本には知られていない生産者が盛りだくさんです! 今回は日本語...
コニャックメゾン

長い歴史を持つコニャックメゾン、フラドン

最近行きたいメゾンの片っ端から行ってる。 とはいえ、今現在は自由に動かれへんんねんけどね。 コニャックの町から1時間くらい、気になってたメゾンFradon(フラドン)へ行ってきました。 歴史   数世代前からブドウ...
コニャックメゾン

繊細でフルーティーなコニャック、ドルーエ

コニャックメゾンのご紹介です。 今回は日本にも入っているDrouet(ドルーエ)。 タイトルにもしましたが、繊細でエレガントなコニャックを造るメゾンです。 歴史 1848年 このメゾンはJean L'HOMME...
左岸

ラトゥールの隣、シャトー・オー・バージュ・リベラル

以前特集したChâteau Durfort-Vivens(シャトー・デュフォール・ヴィヴァン)。 参考;ビオディナミック栽培のワイナリー、Château Durfort-Vivens そのオーナーであるゴンザック・ルリュトンの...
コニャックメゾン

日本で有名なコニャックメゾン、ポールジロー

小さな生産者さんにも関わらず、日本でかなり有名なPaul Giraud(ポールジロー)。 コニャックについて詳しく知らない人でも、ポールジローは知っている人が多いのではないでしょうか。 2019年に書いてから、さらに訪問もしたので追記で...
ニュース

シャトー・ヴィルモーリーヌ売却

ここ数日、いくつかのワイナリーの売却ニュースが流れています。 サンテミリオンの町にあるワイナリーChâteau Villemaurine(シャトー・ヴィルモーリーヌ)です。 ここは石切場跡も美しく、訪問したことある方もいるのではないでし...
error: 申し訳ないですが右クリック禁止にしました。データが欲しい方は直接連絡ください。
タイトルとURLをコピーしました