左岸

実はランチも食べられる、シャトー・フェラン・セギュール

あまり有名ではありませんが、実力派のワイナリーChâteau Phelan Ségur(シャトー・フェラン・セギュール)。 ここ、レストランは併設されてないけど事前に予約するとランチも食べることが出来ます! めっちゃ広い庭で食べるご飯は...
左岸

醸造学校を持つワイナリー、シャトー・ラ・トゥール・ブランシュ

書いてなかったワイナリーシリーズ、ソーテルヌはChâteau la Tour Blanche(シャトー・ラ・トゥール・ブランシュ)です。 高校を持っていて、高校生はワインの造りの研修ができたりとかなりいい学生生活がおくれそう! ワイナリ...
左岸

実業家ベルナール・マグレ氏の所有ワイナリー、シャトー・パプ・クレマン

ボルドーから車で10分強、公共交通機関でも行けるワイナリーChâteau Pape Clément(シャトー・パプ・クレマン)のご紹介です。 レストランはないですが、ホテルはあるので宿泊可能! 歴...
サンテミリオン

2021年工事が完了した、シャトー・フィジャック

書いてないことに気づいてなかったワイナリー、Château Figeac(シャトー・フィジャック)。 今年工事を終えて再オープンしましたが、まだ訪問できていないので…写真は工事前のものです。 今年中に訪問するつもりでいるので、また訪問し...
サンテミリオン

赤い建物が目印、シャトー・ラ・ドミニク

サンテミリオン格付けに選ばれているワイナリー、Château La Dominique(シャトー・ラ・ドミニク)のご紹介です。 ポムロールのすぐ隣に位置しているので土壌はどちらかと言えばポムロールより。 レストランもあるので、ここで食事...
左岸

ペサック・レオニャンの実力派、シャトー・ラリヴェ・オー=ブリオン

私がボルドーに来たとき、最初に好きになったワイナリーで、今でも思い出深いワイナリーの一つ。 ペサック・レオニャンのChâteau Larrivet Haut-Brion(シャトー・ラリヴェ・オー=ブリオン)です。 ボルドーからも近いし、...
マルゴー

ワイナリー内にレストラン開店、シャトー・マルキ・ド・テルム

2021年の秋、レストランをオープンさせたChâteau Marquis de Terme(シャトー・マルキ・ド・テルム)です。 ワイナリー内も工事を終えて、美しい。 レストランも行きたいと思っているので、また行ったらレポートしますね!...
左岸

オーガニックの甘口ワイン生産者、シャトー・ギロー

日本でも有名なソーテルヌの生産者、Château Guiraud(シャトー・ギロー)です。 敷地内にレストランもありますし、私も良くお邪魔しているワイナリーの一つ。 オーガニックでつくっていたり、ソーテルヌで辛口白ワインをつくっていたり...
商品レビュー

ヘネシーの限定品テイスティング

ヘネシーで毎年リリースされる限定品があります。 その名もHENNESSY MASTER BLENDER’S SELECTION(ヘネシー・マスター・ブレンダーズ・セレクション)。 今年リリースされたN°4(ヌメロ・キャトル)と去年リリー...
コニャックメゾン

オーガニックコニャックの生産者、パスケ

このメゾン、Cognac Pasquet(コニャック・パスケ)って言ったりJean-Luc Pasquet(ジャン=ルック・パスケ)って言ったりしますが、オーナーの名前が関わっているからです。 息子さんの名前Jean Pasquet(ジャ...
error: 申し訳ないですが右クリック禁止にしました。データが欲しい方は直接連絡ください。
タイトルとURLをコピーしました